今年最後のブログです。

40-1 40-2

寒い日が続いていますが、お元気ですか、建築部のヤナセです。
今年もあとわずかとなりました。

前回は、「車両の長さの関係で準急が停まれない」が理由の一つではないかと言いました。
もう一つの理由は、以下の理由ではないかと考えています。
東大阪市は、旧枚岡市、旧河内市、旧布施市の三市が合併して生まれたのは、ご存じだと思います。
旧枚岡市は、外環状線より東側、近鉄奈良線では、石切駅~瓢箪山駅です。
旧河内市は、外環状線より西側、中央環状線より東側、近鉄奈良線では、
東花園駅~若江岩田駅です。
旧布施市は、中央環状線より西側、近鉄奈良線では、八戸ノ里駅~布施駅です。

東花園駅に準急が停車する前、準急の停車駅は、旧布施市では、布施駅が、旧枚岡市では、石切駅がありました。旧河内市では、準急の停車駅がありませんでした。
そのため、東大阪市は、旧河内市内の駅で準急が停車する駅の実現を望んでいました。

51-3
近鉄側は、花園ラグビー場の表玄関駅であるため、近鉄側も常時停車を望んでいたようです。真偽は定かではありませんが、両者の利害関係が一致したため、東大阪市と近鉄が長い時間をかけて、実現にむけて何回も話し合ったようです。

51-4
その結果、東花園駅に準急の停車が実現しました。
瓢箪山駅に準急が停まらない理由は、前回と今回、2回に分けて述べました。
自分なりの考えを述べさせて頂きました。理由は、もっとあると思いますが・・・。
今年も、いろいろとありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。