東大阪市で子育て中の親御さん必見!東大阪の学童についてご紹介します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行なっている城戸産業です。

みなさんの中には、東大阪に学童はあるのか、あるとしたらどこで利用できるのか疑問に思っている方もいますよね。


そこで今回は、東大阪の学童の実態について解説します。

□学童の種類

東大阪の学童には市営と民営の2種類があります。
ここでは、その2つの違いについてご紹介します。

*市が営む学童

対象は小学生で、主に安全確保、遊び、おやつなどを提供します。
開設時間は通常は放課後から18:30まで、土曜日は8:30から〜17:00までです。
長期休業日は、8:30から18:30までです。
児童の退室は原則17:00までとなり、それ以降の延長には保護者のお迎えが必要です。
学童は日曜日と祝日、年末年始、災害時またはその恐れがある場合は休みです。
次に、お金に関してみなさん気になりますよね。
学童は、児童1人につき月額6,500円必要です。
また、土曜日を希望する方は別途1,000円かかります。

*民間の学童

民間の学童は、事業者によって制度もさまざまです。
対象は主に小学校低学年ですが、事業者によっては乳児や高学年も受け付けています。
活動内容は市営と同じです、しかし事業者によってオプションがあります。
活動時間は主に、18:00まで、日曜日、祝日、年末年始、お盆が休みとなります。
気になるお値段ですが、約10,000円〜となります。
ここでご紹介したのは、あくまで目安のため、詳しい内容は事業者にご相談ください。

□どちらが良いのか

民間の学童のメリットは、保護者の要望によってさまざまなオプションをつけられるところです。
また、市が運営する学童よりも、預かり時間が長いことも特徴です。
しかし、その分民間の方が市に比べて、費用がかかります。
そのため、それぞれの家庭が自身の生活スタイルにあった学童を探すことが重要です。

□まとめ

今回は東大阪の学童についてご紹介しました。
市営と民営の違いやそれぞれのメリットについてご理解いただけましたか。
東大阪市に住もうとお考えの方は、当社までお気軽にご相談ください。

東大阪で子育て!児童手当制度や給付金について解説!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。
新しい場所で暮らしを始める際、小さいお子様をお持ちの方なら、その地域での子育てのしやすさが気になると思います。


そこで今回は、東大阪の児童手当制度や給付金について解説します!
子育てのしやすさをしっかりと確認し、安心して新しい住まいに移りましょう。

□東大阪の児童手当制度

子育て環境について調べていると、児童手当制度という言葉をよく目にするかもしれません。
児童手当制度とは、次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援することを目的とし、児童を養育している父母その他の保護者に手当を支給する制度のことです。
東大阪でも児童手当制度は導入されており、東大阪市に居住し、中学校修了前の児童を養育されている方を対象に支援がなされています。
児童一人当たりの支給月額が定められていますが、児童の年齢によって、支給額が変わるので注意しましょう。
3歳未満では15000円、3歳以上小学校修了前(第1子、第2子)では10000円、3歳以上小学校修了前(第3子以降)では15000円、中学生では10000円です。
また、所得が十分にあり、市が定めている所得制限限度額以上の収入があると、一律5000円の支給になります。

□東大阪における子育ての給付金

東大阪では、主に児童の医療費について助成が設けられています。
中学生までの児童が対象で、医療機関ごとに1日500円、月2回までの自己負担あり、1カ月の合計限度額は2500円、超えた分は申請により償還するとう内容です。
これを上手く活用すれば、医療費を安く抑えられるでしょう。
お子様が幼い頃は、小さなことでも病院で診てもらいたくなるので、嬉しい助成ですね。

□まとめ

今回は、東大阪の児童手当制度や給付金について解説しました。
使える制度や受けられる支援を十分に活用することで、東大阪で安心して子育てをして頂けると思います。
ぜひ、この記事を参考に、東大阪の児童手当制度や給付金を活用してみてください。

雨の日でも遊べる!東大阪でおすすめの室内遊び場をご紹介!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


「雨の日でも、子どもが楽しんで遊べる場所を探している。」
「子どもと室外だけはなく室内でも楽しんで遊びたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
雨の日に室外で遊びに行けない時であっても、室内施設であれば子どもを連れて行けるので便利ですよね。
今回は、そのような方に向けて東大阪で子どもが楽しんで遊べる室内施設をご紹介します。


□東大阪市立児童文化スポーツセンター・ドリーム21

「東大阪市立児童文化スポーツセンター・ドリーム21」は平成3年に開館しました。
館内に入るとすぐに展示されているアロサウルスの骨格は迫力満点です。
室内は、「のびのびひろば」、「うちゅうひろば」、「たんけんひろば」、「ほしっこひろば」の4つの広場に分けられています。
雨の日でも、子どもに元気よく体を動かしてほしいなら、スポーツホールの「のびのびひろば」がおすすめです。
「うちゅうひろば」ではプラネタリウムに映った綺麗な星空の解説をしてくれます。
科学展示室の「たんけんひろば」は、宇宙や自然のふしぎを楽しく学べます。
「ほしっこひろば」は多目的ホールとなっており、子どもの発表会に利用できます。
室内遊具と科学館を合わせたような、遊んで学べる施設となっているのでおすすめです。

・住所
東大阪市松原南2丁目7−21


□こどもの国・あそびぃおん

「こどもの国・あそびぃおん」はイオンタウン東大阪店2階にできた室内遊園地です。
イオンの中なので、買い物に行くついでに遊びに行けます。
また、手に光るハンコを押してもらえれば出入りが自由になるので、イオン内でご飯を食べてからまた遊びに戻れます。
体を動かすボールプールや滑り台から、座って遊ぶおままごとやプラレールまであります。
そのため、どのような子どもであっても満足できる環境です。
小学生向けの大型遊具の他に、乳幼児向けの知育おもちゃもあります。
それぞれコーナーごとに分けられているので、子どもが小さくても安心です。

・住所
東大阪市東鴻池町1丁目6−30 イオンタウン東大阪店

□まとめ

今回は、東大阪で子どもが楽しんで遊べる室内施設をご紹介しました。
この他にも、東大阪には子どもがいつでも遊べる室内施設がたくさんあります。
休日だけど雨が降っていて、室外で遊べそうにないという日もありますよね。
そのような日には、子どもを室内の遊び場に連れて行ってあげてはいかがでしょうか。

【ブログ更新】東大阪市の子育てに関する取り組みについて

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。
これから住む街が子育てに優しい街だとありがたいですし、どのような子育て制度があるのか気になるという方は多いですよね。


そこで今回は、東大阪市の子育てに関する取り組みについてご紹介します。

□子育て支援センター

東大阪市内には6つの子育て支援センターがあります。
赤ちゃんから未就学児までの子どもとお母さんが、無料で自由に交流できる施設です。
たくさんのおもちゃで子どもが自由に遊べるだけでなく、職員が子育ての相談に乗ってくれたり、親同士で子育てに関する情報交換ができたりもします。

□出産に関する助成制度が充実

*妊婦健康診査費用の援助

妊婦健康診査費用については、14回12万円分を援助しています。
これは大阪府における最高額です。
また、多胎妊娠中の方には16回13万円分の援助を行っています。

*無料で妊婦の歯科検査

妊娠中は、ホルモンバランスの変化などによってむし歯や妊娠性歯肉炎が起こりやすいです。
そのためしっかりとケアを行い、口の中の健康に気をつけられるように妊娠中に1回、保健センターや市内の歯科医療機関において無料で妊婦歯科健康診査を受けられます。

*中学校卒業時までの医療費の援助

生まれたときから中学生までを対象に、医療機関などで受診したときに支払う保険診療の自己負担金の一部を援助するシステムがあります。
所得制限などはありませんのでどのご家庭でも適応されます。

□産後の無料相談

出産後、保健センターの保健師等がご家庭を訪問するだけでなく、妊娠中の時期からご家庭にうかがい様々な相談に応じます。
専門の方が見守ってくれていると思うと安心できますね。

□まとめ

今回は、東大阪市の子育てに関する取り組みについてご紹介しました。
これから東大阪市に住んで子育てをするという方は、ぜひこのような施設や制度を利用してみてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

東大阪市の子供の遊び場を一挙紹介します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。
東大阪市への引越しをお考えの方はいらっしゃいませんか?
引越しするなら子供の遊び場が充実しているところがいいですよね。
東大阪市には子供が楽しく遊べる場所がたくさんあります。


そこで今回は、東大阪市への引越しを検討している方に向けて、東大阪市の遊び場をご紹介します。

□ニコニコガーデン

0歳から8歳までの子供を対象にした遊具がたくさんある遊園地です。
屋内のため、天候に左右されることなく遊べるでしょう。
休憩スペースにはフリードリンクがあり、お茶やコーヒーが飲み放題です。
飲食持ち込み可能なので、お母さんやお父さんもゆっくり過ごせるでしょう。

住所:大阪府東大阪市西岩田3-2-3 山陽マルナカ東大阪店2階

□自由の森なるかわ

お子様がいらっしゃる方は、屋内だけでなく屋外でも体を動かせるところがあると嬉しいですよね。
そこでご紹介したい施設が、自由の森なるかわです。
生駒山にある大きなキャンプ場です。
家族や友人とキャンプやバーベキューができ、楽しい時間を過ごせるでしょう。
色とりどりの紅葉や雪景色も見られ、四季折々の自然が感じられる場所です。

住所:大阪府東大阪市六万寺町1-1668

□東大阪アリーナ

年間を通して利用できる屋内プールがあります。
個人や家族、友人とも利用でき、水泳教室も開催されています。
トレーニングルームは、筋力トレーニング用マシンの他に、ランニングマシンやエアロバイクといった有酸素マシンも揃っています。
初心者から上級者、それぞれの目的に応じて利用できます。
また、バスケットボールやバレーボールができるアリーナや柔道場もあります。
お子様と一緒にスポーツや地域のイベントも楽しめる施設でしょう。

住所:大阪府東大阪市中小阪4-7-60

□まとめ

今回は、東大阪市にある子供の遊び場についてご紹介しました。
魅力ある施設なので、お子様も夢中で楽しめるでしょう。
ぜひ、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

東大阪市はなぜ子育てがしやすい?詳しく解説します。

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。
東大阪市に移住を考えている方はいらっしゃいませんか?
定住する場所を決める際に気になるのが子育て支援ですよね。


「児童手当がしっかりとした街がいいな」
「子育てしやすい街がいいな」
今回は、このようなお悩みを解決します。
子育てのしやすい街の特徴と東大阪市の子育て環境について解説します。

□子育てしやすい街の特徴は?

*子育てや医療の支援制度の充実

子育て支援制度は地域によって大きく異なるでしょう。
医療助成金といった家計の負担を減らす制度があると助かりますよね。
移住を考えている地域の子育て支援や助成制度はしっかりと確認しましょう。

*図書館の充実

子供が小さい頃からたくさんのものに触れ合うことは、心の成長に必要なことでしょう。
図書館では、本を読んだり借りたりできるだけではありません。
赤ちゃん向けや小さい子供向けといった年齢に合わせて、歌を歌うイベントや絵本を読み聞かせが行われている場合もあります。

□東大阪市の子育て環境

*子供医療費助成制度

子供が医療機関で受診する時に支払う料金の一部を公費で助成してもらえます。
対象は、東大阪市内に居住地を持っており、健康保険に加入している15歳到達後の最初の3月末日までの子供です。
つまり、中学校卒業までの子供が対象になります。
所得制限はありません。

*図書館

東大阪市には6館の図書館があります。
読み聞かせイベントやキッズスペースが充実している図書館も増えています。
子供連れの方にとって過ごしやすい図書館でしょう。
多様なニーズに応じて、カフェが併設している図書館もあります。
自習室やWi-Fiが使用できる図書館もあり、レポートや仕事にも集中できるでしょう。

□まとめ

今回は、子育てしやすい街の特徴と東大阪市の子育て環境について解説しました。
東大阪市は他にも子育て支援が多く、子育てしやすい街です。
行政支援や街にある施設を実際に確認してからお引越しすることをおすすめします。

東大阪市って教育しやすいの?東大阪市の子育て支援&塾事情

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「引越しを考えているけど、近くに塾はあるのかな?」
このように、引越し先の地域の教育環境について知りたい方は多いのではないでしょうか。


しのみさんによるイラストACからのイラスト

引越しをしてからの失敗は、避けたいですよね。
そこで今回は、東大阪市の教育についてご紹介します。

□東大阪市の子育て支援

東大阪市には、市内6カ所に子育て支援センターが設置されています。
子育て支援センターとは、就学前の赤ちゃんや子供、お母さんが交流できる場所です。
子育てに関する相談や親子の交流を深めるイベントも定期的に開催されています。
4ヶ月の検診の時には、市内に住んでいるボランティアの方々による絵本の読み聞かせが行われています。
絵本を通じて親子の温もりを感じられるでしょう。

□東大阪市の塾

学校だけでなく塾も利用して、お子様に勉強を頑張ってほしいと思っている方もいらっしゃるでしょう。
小学生・中学生・高校生におすすめの塾をご紹介します。

*個別指導塾Alpha

個別指導塾Alphaは個別指導と集団指導を行っている学習塾で、2011年にスタートしました。
苦手分野やテストの点数が良くても理解していない科目は、人によって異なるため、一人ひとりに合わせた学習指導を行っています。
各授業の終盤には授業の復習テストを行い、週の初めには前回の授業の復習テストも行っています。
学習したことがしっかり定着するでしょう。

*個別指導キャンパス

個別指導キャンパスでは、志望校合格・成績アップ・低価格を保証しています。
一人ひとりの学習状況に合わせた指導システムや振替授業システムがあるので、ご家庭のご要望に対応しています。
豪華な校舎や広告費といった、教育の本質に関係ないことのお金を抑えることで、低価格を実現しています。

□まとめ

今回は、東大阪市の教育についてご紹介しました。
東大阪市は、教育環境も整っており教育しやすい街です。
定住する場所をお探しの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

東大阪市に住んでみませか?東大阪市の公園をご紹介します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「子供が小学校に入学する前に定住したいが、子供か遊べる公園があるか知りたい」
「新しく住宅を購入したいけど、子供の遊び場があるところがいい」
このように、子供が遊べる公園について知りたい方もいらっしゃると思います。


そこで今回は、東大阪市の公園についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□東大阪市のおすすめの公園

*花園中央公園

緑豊かな公園内には花園中央公園野球場や市民美術センター、室内遊具があります。
花園図書館や花園ラグビー場にも近く、東大阪市の文化やスポーツ活動の拠点となる各種の施設が整備されています。
公園内の東側には、桜の広場や花菖蒲池があります。
開花時期には多くの人が訪れ、家族連れにはぴったりでしょう。
南側には石のモニュメントと噴水があり、大人から子供まで楽しめる公園でしょう。

*三ノ瀬公園

東大阪市の三ノ瀬小学校に隣接して整備されている公園です。
比較的大きな公園で、四季折々の自然を感じられます。
春には桜が咲き、桜の名所としても知られています。
子供が遊べる遊具も充実しているでしょう。
さらに、小さな幼児向けの遊具には柵が設置されているので、子供が外に飛び出したりする心配もなく安心できます。

□まとめ

今回は東大阪市の公園について紹介しました。
緑豊かな公園が多く、子供達がのびのびと遊べます。
小学校に近い公園もあり、家族連れにはぴったりです。
ぜひ、この記事を参考に選びを定住する場所選びをしてみてください。

東大阪市の小中一貫教育とはどのようなものなのか解説します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「東大阪に住んでみたいな」
「小中一貫教育ってどんなものなのだろう」
東大阪に移住したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
東大阪では、2019年度から全ての中学校区で小中一貫教育が開始されました。
小中一貫教育とはいったいどのようなものなのでしょうか。
この記事では、小中一貫教育について解説します。


□小中一貫教育とは?

東大阪では、これまで小学校と中学校がそれぞれ異なる組織として運営され、教育が行われていました。
小中一貫教育では、小学校と中学校の義務教育9年間を一貫したものと考え、一貫生のある教育を行います。
小学校と中学校の隔たりをなくし、学校文化の違いによる「とまどい」や「つまづき」をやわらげる目的があります。
また、9年間連続性のある教育を行うことで、より高い能力の育成を目指します。

2019年度から池島小学校と池島中学校が「池島学園」、縄手南小学校と縄手南中学校が「くすは縄手南校」という義務教育学校として、1年生から9年生までの9年間、1つの学校として一貫した教育を行います。また、2校以外の23中学校区では、「小中一貫教育実施校」としてこれまでの小学校・中学校の枠組みを残し、一貫した教育を行います。

□主な取り組み
具体的には以下のような取り組みが実施されています。

*6年生の中学校登校
6年生になると中学校に登校し、授業や休み時間、部活動などの学校生活を体験します。
中学校の雰囲気を感じることで、不安を軽減しなじみやすくなります。

*5・6年生の定期テスト
5・6年生の定期テストは、中学校形式で行われます。
テストの形式にあらかじめ慣れておくことで、中学校でのテストでつまずくことがないようにします。

*6年生の教科担任制
小学校では基本的にクラス担任の先生が全ての教科を担当します。
しかし、6年生では一部の教科を中学校のように教科担任制にすることで、中学校での授業のやり方に慣れておけます。
このように小学校から中学校にスムーズに移行できるような取り組みが数多く実施されています。

□まとめ
以上、小中一貫教育について解説しました。
小中一貫教育はとても理にかなった教育システムであるように思います。
東大阪では教育に力を入れていることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
東大阪はとても魅力的なところです。
一度住んでみてはいかがでしょうか。

東大阪市で育児はしやすい?子育て情報を徹底解説!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「東大阪市の子育て環境ってどんな感じなんだろう」

と、東大阪市が子育てをしやすい環境なのかどうか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そこで今回は、東大阪市での育児のしやすさについてご紹介します!



□6ヶ所の子育て支援センター

赤ちゃんから就学前の子供とお母さんが気軽に利用できる子育て支援センターが市内に6ヶ所あります。
無料で入ることができ、たくさんのおもちゃで遊ぶ子どもたちでにぎわっています。

□豊富な公園

東大阪市は、大きな公園がいくつもあり、子供の遊び場には困りません。

また、大きな学校や塾、習い事も充実しているため、安心して教育ができます。

□産後すぐのサポート

お母さんの産後健康診査費用の助成を行っているほか、育児に不安がある方を対象に、母子で施設をショートステイして産後ケアを受けられる制度もあります。

心身のケアや授乳指導、育児相談、指導などを受けることができ、育児の不安を解消できます。

□子供の医療費助成

通院、入院ともに医療機関ごとに、1日500円、月2日まで自己負担ではありますが、一部を助成しています。
また、入院時の食事医療費の標準負担額を助成しています。

□お母さんも助かる商業施設

近くにコンビニやスーパー、商店街があり、生活面でとても便利です。
そのため、急に買い物が必要になっても、お子さんに安心してお使いを頼めます。

□妊娠教室や講習会が豊富

妊娠している家族を対象にした講習会や、離乳食講習会など、育児を楽しみながら学んでいく環境づくりをしています。

男性を対象にした育児参加のサポートもしています。

□まとめ

今回は、東大阪市の育児のしやすさについてご紹介しました。

東大阪市は、学校や医療機関、公園など育児をする環境が整っています。
また、育児をしているお母さんも多いため、お母さん同士の交流がしやすいのも魅力ですね。

今回の記事が、東大阪市へ移住する際のお役に立てたら幸いです。