☆おいしそうな実がなるシンボルツリー☆

お久しぶりです

インテリアコーディネーターの堀内ですヾ(^∇^)♪

 

先日、若江本町の現場に行くと「シンボルツリー」

“ジューンベリー”おいしそうな“実”をたくさんつけていました♪♪

ジューンベリー実

 

「シンボルツリー」というのは

新築のタイミングやお子さまの誕生などを記念してお家の庭に植える

家族とともに成長し、“お家のシンボルとなる樹木”のことです(^-^*)/

 

樹木には、一年中緑の葉を楽しむことができる「常緑樹」

冬になると葉を落とす「落葉樹」があります!

 

ジューンベリーはバラ科の「落葉樹」で

純白の花・果実・紅葉が美しく、観賞価値の高い人気の木

今は果実が紅色ですが、紅紫色になる6月頃収穫するので

“ジューンベリー”と呼ばれるそうです!

果実は生食ができ、ジャムや果実酒にして食すことができます♪

おいしい実がなるシンボルツリーなんて、なんだか素敵ですね(*^o^*)

 

シンボルツリー花

ジューンベリー木

 

 

また、「常緑樹」のシンボルツリーで人気なのが

小さくツヤのある美しい葉と風になびく軽やかな樹姿が魅力の

モクセイ科の“シマトネリコ” (≧▽≦)

シマトネリコ木

 

どんなテイストのお家やお庭とも相性が良く

黄緑の葉を年中楽しめて、丈夫でよく育つ樹木です♪

5月には離れて見ると“煙”のようにも見える小さな白い花が咲きます!

シマトネリコ花

 

城戸産業の玄関にも、昨年

元気がなく葉っぱもないシマトネリコがやってきました゚・(×_×)・゚

 

常緑樹なのに冬の間ずーっと枯れ木のようだったのですが…

今年の4月から5月にかけてどんどん新緑が増え

今ではすっかり元気にo(*^▽^*)o~♪

シマトネリコ会社

シマトネリコの生命力を間近で感じました!!

 

これからも城戸産業のシンボルツリーとして元気に育って欲しいです\(^▽^)/

ご来社の際はぜひ、“元気に復活したシマトネリコ”をみてあげてくさいね♪

 

第38回東大阪市民ふれあい祭り

いつもありがとうございます、
広報・販促課の藤田です。

Poster
さて、昨日、東大阪市民ふれあい祭り行ってきました☆

東大阪ふれあい祭りとは、
毎年5月の第2日曜日(母の日)行われる、
東大阪市をあげて行われる市民祭りで、
布施から八戸ノ里間の道路を歩行者天国にした「ふれあい通り会場」と、
花園ラグビー場に隣接する「花園中央公園会場」の2会場で行われます。
※花園中央公園会場では前夜祭も行われ、花火も打ち上げられます

毎年「ふれあい祭りの日は雨」というジンクスがあるそうですが、
(確かに、去年&おととしは雨だったような・・・)

IMG_2400
今年は好天で、私自身1度も行ったことがなかったので、
花園中央公園会場へ観に行きました。

IMG_2385
会場ではステージでバンド演奏や
バトントワリング等のパフォーマンス

IMG_2386
フリーマーケットや金魚すくいなどの出店もいっぱい☆

特に飲食系に関しては、焼きそばフランクフルトなどの
定番ものだけでなく、

IMG_2402
ブラジル
メキシコ
メキシコ
IMG_2401
インド等の各国料理や
※出店していたタンドリ屋さんは当ブログで以前取り上げさせていただきました!
カレーパン
東大阪と言えばカレーパン。
若江岩田のパセオさんとトレントさんが出店していました。

IMG_2410
ラグビー場ではちびっこラグビー教室も行われていました。

しかしこの日一番びっくりしたのは

IMG_2377
この長蛇の列

何を待っている列だと思いますか?

IMG_2374
実はこの日はバファローズvsタイガースの
ファームの試合があったのです。

IMG_2411
ファームとはいえ地元・東大阪でプロ野球が生で
見れるのはめったにないことなので、
好天&お祭りからのお客さんの流れも相まってか
スタンドはお客さんいっぱいでした。

来年は布施~八戸ノ里エリアに行ってみたいと思います☆

沖縄住宅・不動産事情

いつもありがとうございます、

広報・販促課の藤田です。

今年のGWは5連休という方も多かったと思いますが、
皆様はどう過ごされましたか?

私は6~8日で少し遅いGW休みをとって

IMG_2348[1]
IMG_2337[1]
沖縄

まで行ってきました☆

IMG_2189[1]
そうそう、最近LCCが流行りですね。
私も今回、Peachを使ったのですが

・関空
第1ターミナルではなく、LCC専用の第2ターミナルで発着します。
だいぶ離れているので、
(第1ターミナルエアロプラザ~第2ターミナル間のシャトルバスはあり:所要時間5分程度)
電車で降りて第1ターミナルでくつろいだり、
第1ターミナルに車を止めると大変なのでご注意です。
※車は第2ターミナル前にかなり広い駐車場があります

IMG_2361[1]
・那覇
那覇のLCCターミナルは利用者・関係者以外の方が入ることはできません、
というのも、那覇のLCC専用ターミナルは

IMG_2365[1]
貨物ターミナル

の中にあるためです。

国内線ターミナルとLCCターミナルの間はこれまたシャトルバスで5分くらいですが、
10分間隔の運行なので、到着後なかなか外に出れないこともありますので
ご注意下さいませ。

さて、そんな話はさておき、

沖縄の住宅・不動産事情について、
ちょうどホテルでTVをつけたらニュースでやっていたので、
お伝えしたいと思います。

・沖縄には木造住宅がほとんどない!
沖縄はコンクリート造りの家が多いのですが、
その比率はなんと95%!
2位が東京で68%なので、大差をつけております。

沖縄は台風も多く、また海に近いところがほとんどということもあり、
その塩害対策などもあってコンクリート造りが多いそうです。

・沖縄はあまりリフォームしない。
沖縄では家が建ってから取り壊すまでが平均で22年だそうです。
全国平均が27年だそうなので、
丈夫なコンクリート造りなのに短いというデータが出ています。

これは沖縄では「リフォーム」の考え方が
あまり根づいてないからだということでした。

・○○地、買い取ります!?
東大阪というか関西ではまず見られない看板なのでですが、
新築分譲中の看板がない中、

「軍用地、買い取ります(秘密厳守)」

という看板を数多く見かけました。
さすが米軍基地が多いだけあります・・・。

所違えば不動産事情も変わる。
同じ日本でもやはり沖縄は特徴があるんだなと
思った2泊3日でした。

瓢箪山駅周辺分譲地、続々建築中!

いつもありがとうございます、
広報・販促課の藤田です。

世間はGWですね~。
悔しいので私はGW最終日から金曜日まで南の島に行ってきます(笑)

さて、弊社のおひざ元・瓢箪山では3つの分譲地で只今建築中です☆

IMG_2118[1]
エンジェルコートPlus昭和町
1号地&2号地建築中、写真奥の2号地はコンセプトハウス(モデルハウス)です☆

IMG_2120[1]
エンジェルコート客坊町
1~4号地一気に建築中!
写真奥は4号地コンセプトハウス、間もなくオープンです!

IMG_2121[1]
エンジェルコート御幸町Ⅶ
3号地基礎工事スタート!

昭和町、客坊町、御幸町Ⅶともに残り1区画!
御幸町Ⅶは自由設計可能!

気になる分譲地がありましたら、ぜひいくかも予約を(^^)/

Web住まいづくりの学校「資金計画の巻」目次

第1回:「資金計画と住宅ローン~ローンは単なる融資ではない~」

第2回:「諸費用ってどれくらいかかる?」

第3回:「住宅ローン、一体いくら借りられるの?」

第4回:「元利均等返済と元金均等返済の違いについて」

第5回:「固定金利と変動金利の違いについて」

第6回:「金利、少しの違いでこれだけ違う!」

第7回:「ネット銀行のローンはやっぱりお手軽でお得なの?」

第8回:「住宅ローンの賢い返済方法」

第9回:「火災保険」

第10回:「まとめ・資金計画で大事なこと」

 

 

 

【Web住まいづくりの学校】資金計画の巻・最終回

busi_01
いつもありがとうございます、

「Web住まいづくりの学校」資金計画の巻、担当の藤田です。

さて、資金計画の巻も今回で最終回、


今回のテーマは「まとめ・資金計画で大事なこと」です

ここで1つ問題です。

 

次のうち、住宅ローンで払えないものはどれでしょうか?

・オプション工事費
・諸費用(登記費用、火災保険費用料など)

 

まずはオプション費用ですが・・・。

 

答え:条件付きで○です。

条件付きとは「ローン可能額の上限範囲内であれば○です」
例えば、契約時に土地・建物合計3,000万円で、ローン上限が3,300万円の場合、
300万円までのオプション追加は問題ありませんが、それ以上になる場合は、再度審査を
行うか、3,300万円を越えた分は現金にて支払う必要があります

 

次に諸費用ですが・・・。

 

答え:これも条件付きで○です

 

これは諸費用込みで融資してもらえるローンもあれば、
諸費用も別途諸費用ローンを組める場合もあります。
詳しくは弊社営業および融資してもらう各金融機関にお問い合わせ下さい。

 

つまり、自己資金がなくても、住宅購入することは可能です。

 

とはいえ・・・

 

おさらいですが、新築3,000万円の家を全てローンで買おうと思うと、
35年ローン変動金利0.875%でも8万強が月々の支払額となります。

また、別途諸費用(登記、ローン、固定資産税)で約120万円、
さらに火災保険に一括で入ろうと思えば
標準的なパッケージでも約35~40万円かかります。

つまり3,000万円の家を全額住宅ローンで買おうと思えば
150~160万円前後の別途経費が掛かります。

また、自己資金は多ければ多いほどローン総額を減らこともできるだけで、
新たな家具などもより多くそろえることができます。

そして35年の住宅ローンということは毎月1回、
つまり年12回×35年=420回払わなければなりません。

 

新築の家が欲しい!と思えば

・自分たちで自己資金=貯金がどれくらいあるか
・会社の住宅購入関係の福利厚生の有無(資金貸付や利子補助など)
・ライフプランの作成(いつ子供を作りたいか、幼稚園入園・小学校入学時にいくらかかるか)

 

そんな将来設計やマネープランをしっかり考えてはじめて
家の購入に月々払える費用を算出することができるのです。

言うまでもなく、家を建てた後もお金はいろいろな面で発生します。

・食費、光熱費、通信費などの生活必需費
・生命保険料
・自動車保険料
・税金
・衣服代…

もちろんたまにはお友達と遊びに行ったり、趣味に使うお金も欲しいですよね。

 新築の家を買ったから徹底節制するといっても限界があります。

 

つまり

「購入後の支払い計画をいかに無理なく組むか」

当たり前かもしれませんが、これが資金計画で一番大切なことだと思います。

これで「Web住まいづくりの学校」の第2章・資金計画の巻は終了です。

6月からは第3章「建築・設計の巻」を開始する予定です。

お楽しみに!