リビング階段とは?メリットとデメリットをご紹介します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

みなさんは、「リビング階段」というものをご存知ですか?

最近、二階建てで多く利用される階段の種類です。
今回は、リビング階段のメリットとデメリットをご紹介します。


□リビング階段とは

リビング階段とは、リビングに取り付けられている階段のことです。
通常は玄関から階段が伸びているのですが、家族が集まるリビングから子供部屋などがある2階へ階段が伸びているというのが特徴です。

□メリット

*家族との会話が増える

リビングを通って自分の部屋に行くので、家族との会話が増えます。
また、子供が帰ってきたときに必ず顔を合わせることができるので、「今日はどうだった?」などと会話をすることができます。
リビングに階段を作ることによって、家族との会話が増え、悩みを共有しやすい環境になるかもしれません。

*リビング下に収納スペースができる

階段を設置するには広いスペースが必要ですが、その階段を収納スペースに使ってしまいましょう。
家族が最も集まりやすいリビングに、収納スペースがあるととても便利です。

*2階の声がリビングに届きやすい

リビングに階段を作ることで、子供部屋などの音がリビングに届きやすいというメリットもあります。
また奥さんの「ごはんできたよ」の声が2階まで聞こえるのも嬉しいですよね。
子供が部屋で何をしているか気になるという方には、リビング階段がおすすめです。

□デメリット

*キッチンの匂いが届きやすい

リビングに階段があると、キッチンと2階の距離も近くなります。
そのため、キッチンの匂いが2階に届きやすくなってしまいます。
キッチンを壁付けにするなどの対策が必要です。

□まとめ

今回は、リビング階段のメリットとデメリットをご紹介しました。
リビング階段があることによって、家族の会話が増えるのは嬉しいですよね。

東大阪市で新築一戸建てをお探しの方は、ぜひ当社にお任せください。

家にタタミスペースがあった方が良い理由とは?

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「タタミを家に入れるかどうか迷うな」
「少しだけでもタタミを家に取り入れた方がいいのかな」


家にタタミスペースを入れた方がいいかどうか迷っている方はいらっしゃいますか?
今回は、たとえ2畳でも家にタタミスペースがある方が良い理由を説明します!

□タタミスペース

では、まずタタミスペースの種類をご紹介します。


*和室

床全体がタタミでできている部屋です。
壁や電球、家具なども和風になります。


*タタミコーナー

部屋の一部にタタミのコーナーを作ることです。
和室としてではなく、気軽に和風の雰囲気を楽しめます。


*小上がりタタミコーナー

部屋の一部に、段差をつけてタタミコーナーを作ることです。
座るスペースになったり収納スペースが増えたりしますが、段差があるためお子様や高齢者は注意が必要です。

□理由

*情緒がある

和室の障子から漏れる日の光、夜の光はとても情緒があります。
やはり日本人の特性上、タタミの部屋が最も落ち着きを感じられることができるのです。
そして、和室ではなくタタミスペースの場合も、部屋に日本らしさを取り入れることができます。

*ごろ寝できる

家にタタミスペースがあると、その場でごろ寝できるのも良い点です。
タタミの上で寝たら気持ちがいいですよね。
夏は特に、タタミが体を涼しくしてくれます。

*家事スペースになる

タタミスペースは、洗濯物を畳んだり、アイロンをかけたり、家事スペースとして活躍します。
地べたで行う作業なので、フローリングよりもより家事がしやすくなります。

*来客スペースになる

お客さんが来た時の、寝室スペースになります。
また、来客用に布団を置いておくことができます。

□まとめ

今回は、たとえ2畳でもタタミスペースがある方が良い理由をご説明しました。

メリットがたくさんありますので、ぜひタタミスペースがあるお家を選んでみてください。
東大阪市で、新築一戸建てをお探しの方は、当社にお任せください。

スリット階段のメリットとデメリットをご紹介!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

平屋でない限り、家に必ずあるものとして、「階段」があげられます。

そのなかで、スリット階段というものをご存知ですか?
今回は、スリット階段にすることのメリットとデメリットをご紹介します。


□スリット階段とは

蹴込み板がなく、骨組みが丸見えになっている階段です。
「ストリップ階段」「スケルトン階段」「オープン階段」「シースルー階段」などの別名があります。
木製、スチール、アルミなどを使うことが多いです。

□メリット

*開放的

階段に隙間があいていることで、視界が広がります。
そのため、家を開放的なデザインにすることができます。
奥行感も演出でき、吹き抜けのある家でも使われることが多いです。

*風を通しやすい

スリット階段にすることで、隙間から風が通りやすくなります。
そのため、空気を循環させ、家の中がよりよい空気になります。

*光を通しやすい

スリット階段は風だけではなく、光も通しやすくします。
そのため、家全体が明るい印象となります。

□デメリット

*危険を伴う

隙間があいていることにより、階段での事故につながりやすいと言えます。
また、物が隙間から落ちてしまうというハプニングも起こります。
携帯を見ながら階段をのぼっていたら、手を滑らせて携帯を落とし、隙間から落ちてしまったということもあり得ます。
また、幼い子供がいる家でしたら、隙間からの転落事故も考えられますので、注意するべきです。

*女性は注意

女性は階段をのぼっている時、スカートの中が見えてしまいます。
そのため、スリット階段をのぼる時は注意しながらのぼらなければなりません。

*値段が高くなりやすい

デザイン性が重視されるため、使える資材が限られています。
そのため、値段も高くなりやすいのです。

□まとめ

今回は、スリット階段のメリットとデメリットをまとめました。
スリット階段は、おしゃれだという印象を与えてくれます。

東大阪市の新築一戸建てをお探しの方は、ぜひ当社にお任せください。

新築一戸建てに必要な費用は物件価格だけじゃない!初期費用をご紹介

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


自分の家を購入しよう!という方に質問です。
支払わなくてはならない額は実は物件価格だけではないということをご存知ですか?
その一つの例として、初期費用がかかることについて、この記事ではお伝えします。

■初期費用は人によりばらつきが?
初期費用として払わなければならないお金はたくさんあります。
人にもよりますが以下のお金がメジャーかと思います。

■申し込み証拠金
申し込み証拠金とはその名前の通り、「この不動産屋さんで新築の家を購入することに決めました。」ということを証明するために払う費用のことです。相場は2万円から10万円程度でしょうか。たまに新築の家の購入でも必要のないことがあります。
なお、これはその不動産屋さんとの取引を途中でやめた場合には返金されます。

■手付金
「この家を買います。」という契約を済ませる時、家を買った人が家を売った人に支払うお金のことです。
これは「やっぱりやめます。」と思っても返金されません。
購入代金の5%から10%が多いですが、家を売った人と買った人との合意で決まるので、交渉次第という感じです。

■不動産取得税
家という不動産を手に入れたときに払う税のことです。
税額はケースバイケースといったところでしょうか。
なお、これは所得税のように何度も払うものではなく、一回だけ払うものになっています。

■印紙税
家を買うときには、家を売る人との間に売買契約を結びます。
その契約書に印紙を貼る形で支払われる税金が印紙税です。
これは契約金額によって金額は様々です。

■仲介手数料
これは時と場合によって発生しないこともあります。
仲介会社を通して家を購入する場合に、その会社に対して払わなければならないお金のことです。
最大でも、家の価格の3.24%+6万4800円なので、万一それより大きいことがないように注意しましょう。

■まとめ
いかがでしたか?
耳慣れない言葉が多いとは思いますが、家の価格についてしっかりマスターしていざというときに困らないようにしてくださいね。

会話不足にならない間取りを設計する際の注意点は?東大阪のプロが解説

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

打合せ制限なしの自由設計
新築の家を建てる際に考えなければいけないのが、間取りについてです。
家の間取りをどうするかによって家の中での暮らし方は変わってきますし、設計の仕方によっては生活に良くない影響が出てしまいます。

特に、お子さんの成長に合わせて、家を建てる場合には成長に悪影響が出ないような家にしておきたいものです。
どうすればお子さんの成長に合わせた家づくりができるのでしょうか。

■会話不足になりやすい間取り?
お子さんの成長過程における家庭での一番の問題は会話不足です。
子どもが成長して自分で何でもできるようになるのは嬉しいことですが、家族と一緒にいる時間が減り、会話がなくなってしまうのは残念ですよね。
そこで家の間取りを少し工夫してお子さんとの会話不足を防ぐようにしましょう。

家の間取りで一番良くないのは、玄関からお子さんの部屋までが一直線につながっていて、一切家族に顔を見せずに部屋に入れてしまうことです。
また部屋が家の間取りの中の一番奥にあり、ご両親も部屋に立ち寄りづらい間取りと言うのは、自然とお子さんとの距離を作ってしまいます。
それではどのような間取りにすれば良いのでしょうか。

家族だんらん
■家族が顔を合わせる間取り

対策の一つ目は、お子さんが部屋に入るまでに家族と顔を合わせる場所を作っておくことです。
具体的には、お子さんの部屋にはリビングを通らないとと入れないようにしたり、階段をリビングの中に設置することで人の行き来を多くしたりすることが挙げられます。
部屋に行く前に少しリビングに立ち寄る用事を作っておくことも、コミュニケーションのためには良いかもしれませんね。

二つ目は、お子さんの部屋を玄関から近いところに設計することです。
これはお子さんの部屋を家の手前に置くことで、奥のリビングに行きたくなるという効果を狙っています。

やはり、自分の部屋がリビングよりも奥にあったり二階にあったりすると、リビングで食事をして部屋に帰るといった感覚になってしまうので、あえて部屋を手前にすることで、部屋で少し荷物を置いてリビングに戻るという感覚を作り、家族が部屋に集まるという習慣ができます。

マイホームでお子さんと暮らす期間は短くて貴重な期間です。
明るく楽しい家庭を築くためにも家づくりを工夫してみましょう。

一戸建てで失敗しない家事動線の考え方は?東大阪のプロが解説!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

家事いろいろ
家の間取りを考える際によく言われるのが家事動線で、家の中での家事の通り道を指します。
一見そこまで重要ではないようで、失敗するととても暮らしが不便になってしまうことから、家づくりの落とし穴になっています。

特にお子さんのいるご家庭では、家事に手を取られるあまりお子さんとの会話が減ってしまうなんてこともあり得ますので、気をつけておく必要があるのです。

■洗面・キッチン・ベランダの動線
家事をする時に最もよく通るのが、洗面、キッチン、ベランダの3か所です。
洗面所は洗濯機を回すときに、キッチンは料理、ベランダは家庭によって多少違いがあるかもしれませんが、洗濯物を干すときに使うとします。
この3か所をつなぐ動線が家事動線で、この利便性を良くしないと生活が不便になってしまうのです。

具体的な例を挙げると、洗面所からベランダに洗濯物を干しに行くときにリビングのテレビの前を通ってしまい、家族と揉めることになる。
他には、ベランダと洗面所は近いがキッチンだけ離れているため、料理中に他の家事ができないなど。

洗面所とキッチンとベランダの位置関係によって、家事の効率が悪くなってしまうという事例が起きるのです。

■家事動線のポイント
それでは実際に家事動線を良くするにはどのような配置にするのが良いのでしょうか。
理想としては、3か所が動線の一直線上にあって距離がそこまで離れていない方が良いので、全て一つのフロアにあることがおすすめです。

ただし、物干し場をキッチンや洗面所と同じフロアに設置するのは難しいこともあるので、物干し場は別フロアになっても構いません。
そして、洗面所から物干し場にかけての動線上にキッチンをおくことで、いつでも料理できるようにしておきます。

若草町1号地
キッチンが物干し場と洗面所の間にあることで、料理を火にかけても放ったらかしてしまうということが起こりにくくなりますし、洗濯と炊事を同時進行で行えるので効率的です。
あとは、洗面所から物干し場までの通路をなるべく通りやすくしておいて、通路を確保しておくとストレスなく洗濯物が干せます。

一戸建てにおける家事動線は、キッチンと洗面所とベランダの配置がポイントになってきます。
キッチンの向きやベランダの出入口を変えることで家事の仕方も変わってくると思うので、一戸建ての家を建てる際には考えてみてください。

東大阪のプロが解説!新築で子育てに役立つ間取りの考え方とは?

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

新築で家を建てようとお考えの皆さん、お子さんの成長に合った家づくりというのは理想的ですよね。
お子さんが生まれるのに合わせて、賃貸をやめて一戸建てに住む方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、お子さんの成長をサポートできるような家づくりをお考えの方に向けて子育てに役立つ間取りの考え方についてお伝えしていきます。

リビングで勉強
出展:karimoku.co.jp

■小さい子どもにはリビングで勉強させるべき?
幼稚園や小学校低学年のまだ小さいお子さんがいる家庭で、子供にはリビングで勉強をさせるというご家庭が増えています。

これは小さいお子さんが両親に「なぜ」「何」という疑問を聞くことで学習していくという考えをもとに、なるべく勉強中のお子さんの近くに親がいてあげるためにしているようです。

確かに子どもは大人に比べて多くのことに疑問を感じそれを他人に聞くということを臆せず行うため、子どもがリビングで勉強していて親がそれを見守ってあげるというのは良い構図です。

それでは、これを間取りで考えるとどのようになるでしょうか。
構図的にはやはり、キッチンがリビングの方を向いていて間に料理を並べる台があり、リビングを望めるようなつくりになっていると良いでしょう。

キッチンからリビングまでが近いと少し圧迫感を感じるお子さんもいるかもしれないので、キッチンから見て手前がダイニング、奥はリビングと言う配置にしておくと、お子さんが勉強する場所も選べて効果的です。

DSC08276
■子供部屋はいる?いらない?
またお子さんが大きくなってきた時のために子供部屋はあった方が良いのか、ない方が良いのかという論争がありますが、これは基本的にはあった方が子供にとっては良いでしょう。

なぜかというと、子どもが勉強する時の親との距離は親の側から始まって段々と遠ざかっていきます。
ですが、分からないことを親に聞くという行為は子どもがある程度の年齢になるまでは変わりません。

そこで無理に親の目の届く距離で勉強をさせようとすると、親の存在をストレスに感じてしまい、質問するという行為をしなくなってしまうかもしれません。
子どもには親との適切な距離があり、それさえ守れば親と子の健全な関係は保たれますので、むやみに子どもを親の目の届くところで勉強させる必要はないと思います。

新築で家を建てる際に子育てに良い間取りを考えることは大切です。
間取りは家を建ててしまうと変更できないという側面もありますので、是非一度お子さんのいる暮らしを、家を建てる前に想像してみましょう。

東大阪で新築を買う時・建てる時に子育てしやすい間取りの考え方

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

家を買う時に今後を考えて間取りを決めたり、家を購入されると思います。

そのときに、よく考えられるのが子育てを考えた間取りです。
子育てを考えた間取りは子どもの成長を予想して考えることが大切です。

この記事では、そんな子育てを考えた間取りについてお話ししたいと思います。

 

9号地

◆子育てを踏まえて間取りを考えるには子どもの成長を考慮しよう

子育てを考えた間取りを考える際には、子どもの成長を考慮した間取りを考えましょう。

子どもたちが今後、どういう風に幼稚園から小学校、中学校、高校、大学と成長していくのか、大まかにでも考えておくと子どもたちが成長していったときにそれに合わせた子育てができます。

例えば、幼稚園や小学校の低学年の時であれば、リビングで遊ぶことやダイニングのテーブルを利用して勉強することはあっても、中学生、高校生にもなれば、自分の部屋を持ち、自分の部屋で自分のやりたいことをするようになります。

こういったように、子どもの成長に合わせて、ある時期はこの部屋は物置だけど、ある時期は子ども部屋といったようにシミュレーションしてみるのがいいかもしれません。

家事

◆子どもたちが成長できるような間取りを考える

子どもたちの成長を考えるのと同時に、子どもたちがいかに成長しやすくなるような間取りを考えるのもいいかもしれません。例えば、キッチンやバルコニーを広くすることで子どもたちにお手伝いを通じて、家事について学んでもらい人としての成長をサポートすることもできます。もちろん、子どもたちが成長して、習慣となってきてくれれば、家事の負担も減り家族としても助かります。こういった間取りの考え方もいいのかもしれません。

 

◆まとめ

子育てを考えた間取りは子供の成長にフォーカスを当てて考えていくことが重要です。

他にも、子どもの成長を考えて収納スペースを広く取っておくというのもいいかもしれません。子育てを考えた間取りを検討の際にはこの記事を参考にしてみてください。

東大阪の不動産会社が教える新築で子育てに考慮した間取りの考え方

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

みなさんは、新築住宅を建てる際に何を重視されますか?

やっと念願のマイホームを持つことになった時に家族で快適に安心に暮らせることを一番大切にしたいと考える方が多いと思います。

やはり、これから何十年もの間毎日過ごす家だからこそ、家族で快適に過ごしたいと思うのは当然だと思います。家族で快適に過ごすために色々なことに配慮して間取りは家を決める重要なものになってきます。

そこで今回は、家族で快適で安全に暮らすための間取りとして子育てを中心とした間取りの考え方について紹介したいと思います。

 

1028649
◆子どもの成長に合わせた間取りを考える必要があります

多くの方が、今のお子さんの状態を考えて間取りを決めてしまう方が多く、将来的にお子さんがどういう風に成長するのかある程度予想して間取りを決めていくことが大切になってきます。例えば、子どもが小さい時は目の届きやすいリビングの横に子供部屋を考えられる方も多いですが、成長して思春期を迎えるとリビングからは遠い一に自分の部屋を持ちたくなります。そういった時に、子供部屋を移動できるように準備しておくこともいいかもしれません。

また、新築を建てる時にはお子さんが小さくても成長することによっておもちゃや服、教科書、習い事の道具といったように、成長する度に物が増えていく時期がやってきます。そんな時に片付けるための収納スペースを用意しておくととても便利です。玄関に収納スペースを広く取っておくと、子どもが赤ちゃんの時には、ベビーカーを収納して子どもが成長して外で遊ぶおもちゃを収納し、子どもがサッカーや野球といったスポーツを始めたらスポーツの道具を収納するといったように、ある程度まで子どもの成長を考えて収納スペースを設けておくといいでしょう。

◆家事が楽になれば、子育てへの負担も減る

子育てとの両立が大変なのがやはり家事ではないでしょうか。

間取りを少し工夫するだけで、家事はある程度楽になります。

基本的に家事の負担を減らす間取りとしては、家事をするときに無駄な移動を少なくすることが大切です。家事をする場所同士の間取りを近くし、家事の道具を収納するスペースを作っておくと、家の中を行き来する回数が減るので家事への負担がかなり削減できます。

4号地
例えば、お風呂や洗濯機といった水回りの設備は一か所にまとめて、且つ洗濯物干し場も近くにしてあると洗濯をしてほとんど移動せずに干すことができます。そうすると洗濯が終わって干すまでの移動距離、重い洗濯物を運ぶ負担が減らすことに繋がるのです。また、バルコニーやキッチンといった家事をする場所を広くすることで効率良く動くことができて日々の家事が便利になります。

◆子どもの成長をしっかりと見守れる間取り

やはり、お子さんが小さい間であれば目を離した隙に「おもちゃを飲み込んでしまいう」、「ドアノブに指を挟んでしまう」といった不安が常につきまとってきます。そのため、子どもを一人にして料理、洗濯といった家事やリラックスするための時間を取ることも大変です。そういった問題を解決する効果的な間取りとしては、他の部屋からも子どもの様子が見えるような間取りにすることが挙げられます。例えば、人気の高い間取りで言うと対面キッチンです。

13号地モデル
多くの方がご存知だと思いますが、対面キッチンはシンクに立った時にリビングやダイニングが見えるようなキッチンになっています。これにより、子どもがリビングで遊んでいる様子やダイニングで勉強している姿を見守りながら家事をすることができます。これでお母さんも子どもを見ながら家事ができて安心できますし、子どももお母さんの顔を見ることができるので安心しながら遊べて、勉強もできるので、双方にとって意味のある間取りだと思いまいす。

◆子どもたちの成長のためになる間取り

子育てをしていく上でも、子どもたちの成長を感じることができたときはこれ以上ない嬉しさを感じると思います。その成長の後押しになるように間取りを工夫することが必要です。

エンジェルコート吉田参考プラン
例えば、お手伝いがしやすいようにキッチンの間取りを少しだけ広くしておくとことが挙げられます。狭いキッチンでは、料理の邪魔となってしまうのでなかなかお手伝いをさせるのは難しいということもありますが、最初からキッチンを広くしておくことで子どもたちにお手伝いをする機会が生まれるのです。そういったお手伝いを通じて子どもたちが成長していくのを実感することができたら、親としてこれ以上ない喜びですよね。

◆まとめ

ここまで、子育てを考えた間取りについてお話ししてきました。

子育ては正解がなく、悩むことも多いと思います。子育てを考えた間取りでは、子どもの成長について考えることや子育てと家事が両立できて負担が軽くなる工夫をしていくことが大切です。

間取りを考える際にこの記事を参考にしていただいて、子育ての負担を少しでも減らしていただけたら幸いです。

子育てしやすい家って?おすすめの間取りをご紹介!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「やっと新しく家を建てることになったけど、まだ子どもも小さいし、子育てしやすい家にしたいなぁ」
このように考えている方も多いのではないでしょうか。

家事
これから毎日を過ごす家だからこそ、親も子どもも快適に安心して暮らせる家がいいですよね。実は、子育てのしやすさは間取りで決まる!といっても過言ではないのです。

本日は子育てしやすい家にするための、3つの間取りに関するポイントをご紹介します!

DSC00572
◆土間ウォークイン
子育てのためには、広い玄関を準備するだけでなく、玄関の横に土間ウォークインを設置することがおすすめです。シューズクロークとは、靴のまま入ることができる収納スペースで、基本的に玄関とドア1枚で通じています。

ブーツ入れておくだけでなく、傘やアウトドア用品など外で使用するものを置いておくことができます。

例えば、子ども用のベビーカーや自転車、キックボード等は玄関においておくと邪魔ですし、収納に困りますよね。

土間ウォークインは「外で使うものを家の中には持ち込みたくないけど、外に置いておくと防犯の面で心配だ」という悩みを解決してくれます。

DSC00529
◆和室(畳スペース)
まず、畳はクッション性があるので、はしゃぐ子どもたちを遊ばせておくスペースとしてベストです。カーペットも、ものによってはクッション性がありますが、ホコリが舞いやすいという問題があります。

また、畳のある部屋は、子どもと添い寝しやすく、家族でリラックスできる空間なので親子の距離を縮めるのに適した場所といえます。さらに和室で子どもの様子を見ながら、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり、家事をこなすことができるので安心です。

DSC00500
◆ダイニング近くの勉強スペース
小さな子どもが自分の部屋にこもって宿題をすることは、なかなか難しいですよね。家族が近くにいる場所で宿題をすることができれば、わからない部分も気軽に聞くことができるので、わからない部分を早めに解決する習慣を身に着けることができます。

ダイニングテーブルを勉強机として使用する場合、大きめのものを購入するのがおすすめです。ダイニングの近くにカウンターデスクを設置するのもいいですね。これなら、お母さんが料理や洗い物をしながら子どもが勉強している様子を確認することができます。

カウンターデスクを作る際に気を付けなければならないことは、用途を考えた上で長さを決めることです。子どもが勉強するためだけに使うのであれば、それほど長さは必要ありませんが、子どもが成長した後も使う場合や、家族複数人で同時に使う場合はある程度の長さが必要になります。

◆まとめ
1. 土間ウォークイン
2. 和室(畳スペース)
3. ダイニング近くの勉強スペース
以上の3点が子育てをするのに注意したい間取りに関するポイントです。新しく家を建てる際は一度検討してみてくださいね。