長期優良住宅のメリットとデメリットを解説します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。
「そろそろ自分の家を持ちたいな」
「どんな住宅なら安心できるのだろう」
近頃、自分の家を持ちたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
住宅の中には、長期優良住宅に認定されているものがあります。
では、認定を受けた住宅にはどのような特徴があるのでしょうか。


この記事では、長期優良住宅のメリットとデメリットを紹介します。

□メリット
長期優良住宅とは、平成21年度に開始された「長期優良住宅認定制度」の基準を満たした住宅のことを指します。
長期間にわたり、安心かつ快適に過ごせる住宅が認定されます。
そして、以下のようなメリットが存在します。

*所得税の控除
住宅を購入したときに組んだ住宅ローンの年末残高の1%が所得税から控除されます。
一般の住宅では、控除の上限は4000万円です。
しかし、認定を受けている住宅では上限が5000万円となっています。
10年間控除を受けられるため、最大で100万円ほどの差が生まれることもあります。
また、長期優良住宅にかかった費用(上限500万円)の10%が所得税から控除されます。

*登録免許税の減額
住宅を購入すると、登記をしなければなりません。
そのときにかかる登録免許税が減額されます。

*固定資産税の減額
新築住宅の場合は一定期間固定資産税が2分の1に減額されますが、認定を受けている住宅ではその期間が延長されます。
マンションであれば5年から7年へ、一戸建てなら3年から5年へ期間が延長されます。

□デメリット
一方、以下のようなデメリットが存在します。

*建築に時間がかかる
一般の住宅より数週間から1ヶ月ほど建築期間が長くなります。
実績のある業者であれば素早く進めてくれることもあるようです。

*建築に費用がかかる
様々な基準を満たす必要があるため、その分費用がかかってしまいます。

□まとめ
認定を受けている住宅であれば、長い間安心して暮らせますね。
それに加えて税金の面でも優遇されます。
当社では、お客様に満足していただける住宅をご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

家の中がどこでも快適!全館空調システムの特徴を解説します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「そろそろ自分の家を建てたいな」
「快適に過ごせる家にしたいな」
近頃、自分の家を持ちたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


せっかく自分の家を購入するなら、快適に過ごせる家にしたいですよね。
家の中の温度を快適にする設備として、全館空調システムというものがあります。
この記事では、全館空調システムの特徴を紹介します。

□全館空調システムとは?
多くの家で一般的な個別空調では、それぞれの部屋にエアコンなどの暖房器具を設置して室温を調整します。
一方、全館空調では1台の空調設備で家中の室温を調整します。
リビングや寝室、居室だけでなく、一般的に冷暖房をすることが少ない廊下や洗面所なども快適な温度にできます。
室内での温度変化が小さいため、高齢者のヒートショックによる死亡事故の防止にもつながります。

□メリット
全館空調には以下のようなメリットがあります。

*家中どこにいても快適
夏場は家中涼しく、冬は家中暖かくできます。
夏に2階に上がるときに不快な暑さを感じたり、冬にお風呂に入るときに凍るような思いをしたりしなくて済むので、とても快適ですよね。
冷え性の女性などにもぴったりのシステムです。

*吹き抜けに最適
吹き抜けのように開放的な間取りになっている場合、暖かい空気が吹き抜けを通じて上に逃げてしまうため、暖房効率が下がってしまいます。
しかし、全館空調では床から天井まで一定の温度に保てます。
そのため、開放的な間取りを検討中の方にはとてもおすすめです。

□デメリット
一方、以下のようなデメリットがあります。

*光熱費がかかる
24時間家中を冷暖房するため、個別空調より光熱費がかかってしまいます。
しかし、最近は家の断熱性能を極めて高くするなどの対策で個別空調と大きな差はなくなりつつあります。

□まとめ
以上、全館空調システムの特徴について紹介しました。
家中どこにいても快適なので、寒さや暑さに不快な思いをせず過ごせます。
快適な家にしたいとお考えの方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。
当社では、お客様に満足していただける住宅をご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

東大阪に住んでみませんか?東大阪の雰囲気を紹介します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「東大阪に引っ越してもいいかな」
「東大阪ってどんなところなのだろう」
東大阪に住んでみたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも東大阪ってどんな雰囲気の街なのでしょう。


この記事では、東大阪の雰囲気についてお話しします(写真は東大阪ICの上空写真)。

□東大阪の雰囲気
東大阪は大阪平野の東部にあり、市内のほとんどは平坦な低地となっています。
市の東側には、生駒山系の山々がそびえており豊かな自然も感じられます。
大阪府内では、大阪市と堺市の政令指定都市に次ぐ第3位の人口を有しています。
また、中小企業が数多くあり、ものづくりの町として全国的に有名です。
高度な技術を持った工場が多く存在し、人工衛星「まいど1号」はとても有名ですよね。
以下では、東大阪の特徴を紹介していきます。

*ラーメン
また、東大阪はラーメンが美味しい町です。
特に高井田地区で誕生した「高井田ラーメン」は、極太ストレート麺と鶏ガラと昆布で出汁をとった濃厚な醤油スープが特徴です。
その他にも多くのラーメン店が集中する、ラーメン激戦区となっています。

*買い物
東大阪は昔ながらの商店街もまだまだ残っており、とても楽しく買い物ができる町です。
商店街だけでなく大型商業施設も数多く存在し、買い物に困ることはありません。

*生駒山
奈良県との境にある生駒山は、自然や歴史的文化財に恵まれています。
自然を気楽に楽しめるハイキングコースも整備されており、展望台から絶景を眺められます。
ぜひ一度家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

□まとめ
以上、東大阪の雰囲気について紹介しました。
東大阪は、ものづくり、自然、食の集まるとても魅力的な町です。
東大阪に興味を持たれた方は一度移住を考えてみてはいかがでしょうか。
当社では、お客様に満足していただける住宅をご提案しています。
東大阪に興味を持った方は、ぜひ一度ご相談ください。

気になるzeh住宅!補助金申請の流れを紹介します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

突然ですが、「zeh(ゼッチ)」という言葉を聞いたことはありますか?


zehとはNet Zero・Energy・Houseの略で、住宅の高断熱・冷暖房効率化での省エネ、太陽光発電などの創エネで、年間でのエネルギー消費量をゼロ以下にしよう!という住宅のことです。
危険な状態のエネルギー事情に対して、現在政府は補助金を出すことで普及を推進しています。

今回は、このzeh住宅の補助金を申請する流れについてご紹介します。

□補助金の制度について

zeh住宅自体がまだまだ知られておらず、また導入費も高価なため、国による補助金制度が発足しています。
ですが、この制度そのものが新しい制度であるため、認知度が低いという現状があります。

□補助金申請の流れ

申請の流れは大まかに、

・近くのzeh認定ビルダーを探す(複数を推奨)
・見つけた認定ビルダーに相談に行く
・プランと見積を受け取る
・相見積を比較し、自分のプランにあっている会社を選ぶ
・補助金を申請してもらってから、zeh仕様の家を建てる
・補助金を受け取る

このような6ステップになります。

zeh住宅の認定を受けるためには、zeh認定ビルダーを通した申請が不可欠です。
まずはzeh認定ビルダーを探してください。
また、会社によって家を建てる際のオプションや料金は様々です。
同じ条件で比べるため、詳細な条件を決め、複数のビルダーに相見積を取ることをおすすめします。
zeh補助の交付決定日前に着工し、新築建売住宅購入で事前引き渡しをしたものは要件不適合となり、補助が受けられないので注意しましょう。
補助金は公募制なので、公募数よりも申請数が多い場合は抽選になります。
事業によって公募のスケジュールも変わってくるので、各事業のホームページを見ると良いでしょう。

□まとめ

今回は、zeh補助金を申請するときの流れについて紹介しました。
東大阪で新築一戸建てを購入・建築する際にはぜひ、当社にご相談ください。

大人の男を虜にする?!書斎の魅力ご紹介!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「書斎」という響き、憧れますよね。
ただ「仕事用の部屋」というだけでなく、どこか大人の秘密基地や隠れ家といった趣が漂います。


今回は、書斎の魅力についてたっぷりご紹介します!

□書斎の魅力

*本好きのための部屋

そもそも書斎とは、読書や書き物をする部屋のことを指します。
大きな本棚を置いて、気に入った本に囲まれた部屋は、本好きにとってはたまりませんよね。
ソファに座って時間を気にせず、ゆっくりお気に入りの本を読む、といった休日に憧れる読書家も多いのではないでしょうか。

*自分一人で好きなことができる

書斎は自分一人の空間です。
家族から少し離れて、趣味のことに没頭するという時間はなかなか持てません。
そのような時に書斎があると、家の中でも一人の時間を持つことができます。
プライベートな空間で、自分だけの自由な時間を楽しみたいという人にはうってつけです。

*レイアウトで非日常感を味わう

例えば、気に入っているアンティークの家具を置き、照明をダウンライトにすると、そこはもう大人の隠れ家です。
趣味のものを置くと、さらに非日常感が出ます。
日常から少し離れたいという方にはぴったりですね。

*書斎をあきらめたくない!DENを活用!

書斎の魅力を紹介しましたが、スペース的に難しい場合もあります
そんな時にはDENを活用しましょう!
DENとは、法律上居室として認可されない小さな空間のことです。
机や椅子を持ち込んで、書斎にすることも可能です。
書斎ほど広くはありませんが、その狭さが隠れ家的で落ち着くという見方もできます。
ただ、DENは部屋として認められないため、エアコンなどを設けない場合があります。
空調はヒーターを置くなど、自分で調節することが必要です。

□まとめ

今回は、書斎の魅力について紹介しました。

大人の雰囲気漂う書斎は、様々なレイアウトの仕方があるので調べてみると楽しいですよ。
東大阪で新築一戸建てをお探しの方は、ぜひ当社にご相談ください。

空間を活かせるスキップフロアって何?ポイント紹介!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「せっかくのマイホーム、広々とした間取りにしたい!」
「家族が目の届くところにいると嬉しい」
など、戸建住宅を建てる時には様々な要望があると思います。

ですが、都市部などではどうしても敷地に余裕のない狭小住宅になってしまう場合が多いです。


今回はそういったお悩みを解決できる「スキップフロア」のポイントをご紹介します!

□スキップフロアとは?

スキップフロアとは、1.5階やBM階などの、「中二階」や「半地下」を設ける作りです。
床の一部に高低差をつけ、数段ほどの短い階段で繋ぐことが特徴です。
スキップフロアは床の高さが半分ずれるので、目線に高低差が生まれ、実際の床面積よりも広く感じます。
また、廊下や階段などをできるだけ作らず、壁も使用しないので大きなワンルームといった開放的な空間になります。
室内のデザインも個性的になるので、オリジナリティを出したい方にも好まれます。

*メリット

もともとは狭小住宅向けの建築手法なので、「廊下を作らない」というポイントがあります。
それにより、デッドスペースが減り、その分、部屋や収納に空間を多く割り振れます。
高低差のある家は、スキップフロアに向いており、おすすめです。

*デメリット

スキップフロアのデメリットは、建築コストが高いことです。
壁の少ない大きなワンルームは、耐震性確保のために強固な家である必要があります。
また、階段や床板の一つ一つにも工夫が必要なので、同じサイズの家を建てることと比較すると建築費用が上がってしまいます。
他にも、建築方法が特殊なので、イメージ通りの設計・施工には経験が必要になるという点があります。
設計や施工に慣れた建築会社を選ぶことをおすすめします。

□まとめ

今回は、スキップフロアのポイントについて紹介しました。
東大阪での新築一戸建てをお探しの方は、ぜひ50年の老舗である当社にご相談ください。

長期優良住宅って何?長期優良住宅の基準を解説します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


「そろそろ自分の家を持ちたいな」
「どんな住宅なら安心できるのだろう」
近頃、自分の家を持ちたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
住宅の中には、長期優良住宅に認定されているものがあります。
では、どのような住宅が認定を受けられるのでしょうか。
この記事では、長期優良住宅の基準を紹介します。

□長期優良住宅とは?
長期優良住宅とは、平成21年度に開始された「長期優良住宅認定制度」の基準を満たした住宅のことを指します。
長期間にわたり、安心かつ快適に過ごせる住宅が認定されます。
具体的な基準は以下のようになっています。

・将来、バリアフリーのためのリフォームが可能であること
・生活スタイルの変化に応じて間取りの変更などが可能であること
・極めてまれに発生する地震に対し、継続して住み続けるための改修を容易にするため、損傷の低減を図ること
・次世代の省エネルギー基準に適応するための断熱性能などを有していること
・良好な景観の形成や、地域における居住環境の維持向上に配慮されていること
・定期的な点検や補修等に関する計画が策定されていること
・躯体と比べ耐久性の低い内装や設備に関して、維持管理を簡単に行うための対策がなされていること
・数世代にわたって住宅の躯体が使用できること
・一戸建ては75平方メートル以上、少なくとも1つのフロアの床面積が40平方メートル以上あること

このように認定を受けるためには、多くの基準を満たさなければなりません。
その分、認定を受けている住宅は、安心して長い間快適に過ごせるようになっているといえます。

□まとめ
認定を受けている住宅であれば、長い間安心して暮らせますね。
これから自分の住宅を持ちたいとお考えの方は、認定を受けている住宅を選んでみてはいかがでしょうか。
当社では、お客様に満足していただける住宅をご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

ユーティリティースペースって?その特徴は?紹介します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

現在の住居で、脱衣所に洗濯機を置き、リビングにアイロン台を置き、洗濯物はベランダに置くなど、動線がバラバラになってはいませんか?
日々の家事はただでさえ大変ですから、もっと効率的に進めたいですよね。

今回は、そのようなお悩みに答える「ユーティリティースペース」の特徴について、ご紹介します!


□ユーティリティースペースって?

ユーティリティースペースは、近年に日本の住宅にも取り入れられるようになった部屋のことです。
英語を直すと有用、実用性などの意味がありますが、特に住宅では洗濯やアイロンなど家事を行う部屋のことで「家事室」とも呼ばれます。
基本的には専用の部屋を意味しますが、部屋の一角に家事コーナー(写真奥のカウンターのように)として設ける場合もあります。
忙しいので家事を効率的にしたい方の味方になってくれるスペースです。

□何よりも優先すべきは家事同線

一日の家事動線をなぞることが、住宅のプランニングには重要です。
料理をしながら洗濯をする場合はキッチンと洗濯機を近くしたり、子どもの様子を見ながら片付けものをする場合はリビングからも子どもの様子が見えるようにしたりなど、自分たちの家事スタイルを考えると良いでしょう。
ユーティリティースペースは家事の効率を上げるための部屋ですから、何をどうしたら効率的になるかを念頭に置きましょう。
おすすめは家事の大半が行われるキッチンとユーティリティースペースをできるだけ短い動線で繋ぐことです。

□専用の空間が作れない場合

日本の都市部の場合は、ユーティリティースペースを「部屋」として作ることは難しいかもしれません。
その場合は家事室の機能を住まいの中で分散させて、空間の使い勝手を高めると良いでしょう。
たとえば、「家計簿はテーブルでつける」という人は近くにファイルを置ける場所を作ってみると効率的に作業ができます。
住まいの中で効率を求めることもユーティリティーと言えます。

□まとめ

今回は、ユーティリティースペースの特徴について、ご紹介しました。
東大阪で新築一戸建てをお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

耐震等級があがる場合のメリットとデメリットとは?

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


みなさんは、「耐震等級」という言葉をご存知ですか?
耐震等級があがると、どのようなことが起きるのでしょうか。
今回は、耐震等級があがる場合の、メリットとデメリットをご紹介します!

□耐震等級とは

耐震等級とは、文字通り住宅の耐震性能をランク付けしたものです。
地震の多い日本では、住宅を選ぶ際に、この耐震等級が重要視されます。
耐震等級は3つのランクに分けられています。

*耐震等級1

建築基準法の耐震性能を満たす住宅のことを指します。
耐震等級1の建物は、震度5の地震ではほぼ壊れません。
しかし、震度6強~7になると、全壊はしませんが、建て直しが必要なレベルになってしまいます。

*耐震等級2

耐震等級1で想定される1.25倍の地震が来ても耐えられる住宅です。

*耐震等級3

耐震等級1で想定される1.5倍の地震が来ても耐えられる住宅です。

基準としてはあいまいですが、等級が上がれば上がるほど地震に耐えられる住宅とみなされます。

□耐震等級が上がるメリット

*地震保険料が安くなる

耐震等級3の住宅は、保険料が半額になります。
地震保険には、「耐震等級割引」というものがあるのです。
3等級では50%、また2等級では30%、1等級では10%割引になります。

*住宅ローンが大幅に控除される

耐震等級3の物件は、住宅ローン控除の額が、最大で4,000万円の1%のものが、5000万円の1%まで拡大されます。

□耐震等級が上がるデメリット

*検討がむずかしくなる

耐震等級1にするためには、法律で定められた簡易な方法で検討できます。
しかし、耐震等級2、3になると、「構造計算」もしくは、簡易ではない検討方法となります。

*日当たりが悪くなる

1階の間取りの制限が厳しいため、窓を多くつけられず日当たりが悪くなってしまうことが多いです。

□まとめ

今回は、耐震等級があがる場合の、メリットとデメリットをご紹介しました。
東大阪市で新築一戸建てをお探しの方は、ぜひ当社にお任せください。

長期優良住宅のメリットとデメリットは?

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


みなさんは、長期優良住宅という名前を聞いたことがありますか?
今回は、長期優良住宅とはなにか、またそのメリットとデメリットをご紹介します。

□長期優良住宅とは

長期優良住宅とは何でしょうか。

簡単に言うと、長期にわたり、住宅を優良な状態に保つことができる住宅のことを指します。
長く安心し、快適に暮らすことができます。
新築一戸建ての場合、以下の9つが一定基準に満たされます。

・バリアフリー性
・可変性
・耐震性
・省エネルギー性
・居住環境
・維持保全計画
・維持管理、更新の容易性
・劣化対策
・住戸面積

以上のことから、長く家に暮らすなら、長期優良住宅が安心して住みやすいことが言えます。

□長期優良住宅のメリット

次に、長期優良住宅のメリットをご紹介します。

*住宅ローンが排除される

借り入れした住宅ローンの年末の残高の1%が所得税から削られます。
また、一般の住宅だと、削ることのできる値段は4000万円の1%までですが、長期優良住宅の場合、5000万円の1%まで削ることができます。

*登録免許税が軽減する

不動産を取得すると、登記の申請が必要になりますが、長期優良住宅だとそれが軽減します。

*家を引き継ぐことができる

自分たちの家を長期優良住宅にすることで、子供の世帯や孫の世帯にもその家を使ってもらうことができます。
これからもずっと残る家として、購入することができるのです。

□長期優良住宅のデメリット

*申請するのにコストがかかる

長期優良住宅を申請するのには、相場で5~6万円ほどかかります。

*建てるのに時間がかかる

長期優良住宅は建築にもこだわりがあるため、建てるのに時間がかかります。
一般の住宅よりも長くて1か月、またはそれ以上の時間がかかります。

□まとめ

今回は、長期優良住宅の説明、また長期優良住宅にすることによるメリットとデメリットをご紹介しました!
東大阪市で新築一戸建てをお探しの方は、ぜひ当社にお任せください。