意外と知らない?東大阪が子育てしやすいまちである3つの理由

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


新しい地域に住むときに気になるのは、そこが子育てしやすい地域かどうかですよね。

「東大阪市って子育てしやすいの?」
「どんなサポートをしてくれるの?」
この記事は、こうした疑問を解決できる内容となっております。
東大阪市が子育てのしやすいまちである3つの理由について解説します。


□理由1:子育て支援センター

東大阪市には、赤ちゃんとお母さんが利用しやすい工夫がなされた子育て支援センターが6つあります。
もちろんすべて無料で利用でき、この子育て支援センターの数は今後も増える予定です。
子育て支援センターでは、たくさんのおもちゃを自由に使える広場が用意されており、赤ちゃん同士楽しく遊ぶことができます。
子供同士でお友達になれることはもちろん、親同士も交流を深めることができます。
また、センターには子育ての知識と経験が豊富な職員が働いており、いつでも子育ての悩みの相談にのってくれます。
子育てで困ったときに、ぜひ利用していただきたい施設です。
※写真は旭町子育て支援センター(あさひっこ)


□理由2:スマートフォンアプリ「すくすくトライ」

東大阪市は、妊娠の方とそのご家族、学校に行く前の児童保護者のために、安心して子育てができる情報を発信するアプリ「すくすくトライ」を運営しています。
妊娠の週数や、子供の食事のアドバイス、東大阪市で行われる子育て支援イベントの情報をこまめに更新しています。
このアプリには非常に役に立つ情報が多く用意されていますので、出産・子育てに不安をもつ方の大きな力になります。


□理由3:大阪府で最高額の妊娠検査費用負担

東大阪市は、大阪で一番妊娠・出産の助成制度が充実しているとご存知でしたか?
妊娠検査費用については、12万円分の費用を負担しており、これは大阪府の中で最高の金額となっています。
他にも、中学校卒業までの医療費の助成や、妊婦の方が無料で受けられる歯科検診の制度のように、子育てをサポートするシステムが整っています。

□まとめ

今回は、東大阪市が子育てがしやすいまちである理由を説明しました。
東大阪市にはさまざまな施設・サービスがあり、安心して子育てのできる環境であることがご理解いただけたかと思います。
東大阪市に興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

おおさか東線が延伸開通!これまでとの違いは?

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

今回は、おおさか東線の新大阪までの延伸開通によって今までと何が変わったのかを徹底解説します!

□おおさか東線

2019年3月16日に、おおさか東線の新大阪~放出間が開業し、新しく「南吹田」「JR淡路」「城北公園通」「JR野江」の4駅が登場しました。
新大阪~放出間の所要時間は約16分と驚きの早さです。今までだと乗り換えで25分以上かかっていたのが、なんと10分近くも短縮になります。

□今までとの違い

これまでも東大阪市は大阪市内中心からの交通の便が良いことが特徴でした。
ただ、新大阪からのアクセスは面倒でした。

朝の通勤ラッシュや夜の帰宅ラッシュで乗り換えが多いとストレスですよね。

しかし、今回、おおさか東線の全線開業によって新大阪から東大阪の放出まで一本で行けるようになりました。
さらに、東大阪を抜けると奈良まで行けるのも魅力の一つですね。

□ダイヤ・料金

大体15分間隔で普通列車を運転するのに加え、ラッシュ時に直通特急を運転します。
この直通特急は、新大阪から放出、高井田中央、JR河内永和の3駅を通り奈良まで約1時間かけて行きます。
平日は通勤客向け、土日はお出かけや観光客を意識し毎日4本ずつ運行です。

運賃は今までと大きく変わることはありません。

□今後は北梅田へ

2023年春には、北梅田駅が開業する予定です。
おおさか東線は新大阪が始発駅ですが、今後は、新大阪から梅田エリアまで直通することも十分可能です。
北梅田駅にはなにわ筋線の建設計画も進められています。
これが実現すれば、関西空港から北梅田、奈良まで行くことが可能となります。

□まとめ

今回は、おおさか東線の全線開通によるこれまでとの違いについてお伝えしました。

おおさか線が開通することで新大阪から東大阪間の行き来が盛んになるのではないでしょうか。
ぜひ参考にしてみてください。

徹底厳選!東大阪で買い物するのに便利な3つの施設とは?

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。
東大阪に住むことを検討されてはいませんか。
そこで気になるのが、東大阪市は買い物するのに便利な地域かどうかですよね。


「東大阪市って買い物しやすいところなの?」
この記事は、こうした疑問を解決できる内容となっております。
東大阪市で買い物をするのに便利な施設を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


□フレスポ長田

まずは、中央大通り長田東交差点角にある「フレスポ長田」を紹介します。
フレスポ長田は、地下鉄中央線長田駅2番出口から歩いて2分の場所にあります。
フレスポ長田のコンセプトは「家族みんなが楽しめる」で、家族連れで1日楽しめるような施設になっています。
主婦の方にうれしいスーパーマーケット「ダイエー」や、ファッション店「しまむら」、ファミリーレストラン「サイゼリヤ」など、幅広い年代に向けたお店があります。
約300台が止めることが可能な駐車場が備わっており、車での利用も便利です。


□イオンタウン東大阪

続いて「イオンタウン東大阪」を紹介します。
イオンタウン東大阪は、大阪府道21号八尾枚方線沿いにあります。
イオンタウン東大阪と他の買い物施設との最大の違いは、2階にある「子供の国 あそびぃおん」があることです。
あそびぃおんは、大型の室内型遊具施設です。
4万球のボールプールや大きなエアスライダーがあるように、子供たちが楽しく遊べる遊具が用意されています。
子供たちが楽しい時間を過ごすことができるので、こちらも買い物するのにおすすめの施設です。



□ニトリモール東大阪

最後に、低価格の家具の販売で有名な「ニトリ」が手掛ける「ニトリモール東大阪」を紹介します。
ニトリモールの売り場は25,000平方メートルの広さがあり、ニトリの他にもファッション店「ユニクロ」やスーツの「AOKI」のように、さまざまな量販店があり、買い物するのに便利です。
電車で行くと少し歩くような立地にありますので、車でのご利用がおすすめです。

□まとめ

今回は、東大阪市にある買い物に便利な施設をご紹介しました。
東大阪市は、家族連れでも快適に買い物するのに便利なまちであることがご理解いただけたかと思います。
非常に暮らしやすいまちですので、ぜひ東大阪市に住むことを前向きに検討してみてください。

東大阪市ってどんなところ?FC大阪の拠点の周辺をご紹介!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


FC大阪のホームタウン、東大阪市。
応援に来た後に観光できる場所があるとうれしいですよね。
今回は、東大阪市をより楽しめるスポットをご紹介します。



□東大阪市花園ラグビー場

*サッカーの後はラグビーも!

近鉄奈良線「東花園駅」徒歩8分。
毎年、全国高等学校ラグビーフットボール大会が行われ、高校生ラガーの聖地と呼ばれています。
今年は、2019年ラグビーワールドカップに向けて改修工事があり、きれいになったところも見どころの一つです。
競技場だけでなく、資料室もあり、ラグビーの歴史や写真パネル、新旧のシューズやボールを展示しています。


□司馬遼太郎記念館

*自然のたたずまいから感じる司馬遼太郎の人生!

近鉄奈良線「八戸ノ里駅」下車徒歩8分。
作家、司馬遼太郎の精神を伝える記念館です。
正門を抜けると大きな庭が広がり、執筆中の雰囲気をそのまま残した書斎を見学できます。大書架には2万冊を超える蔵書が展示されており、訪れる人々を魅了します。
歴史好きにとってはたまらないと評判の声をよく聞きます。


□石切劔箭神社

*「いしきりさん」で親しまれ続けている人気の神社!!

近鉄けいはんな線「新石切駅」徒歩5分。
腫れ物や病気に効能があるとされ、平日でもお百度参りをされている参拝の方でにぎわっています。手前にある絵馬殿には屋根の上に「剣」があり、とても特徴的です。

 


生駒山上遊園地

*自然を楽しみながら思いっきり遊べる遊園地!!

生駒山を挟んで東大阪のお隣にある生駒山上遊園地。
生駒駅からケーブルで約15分。
大阪平野と奈良盆地を見渡すことができる山頂にある遊園地です。
夏はナイター営業で夜景を楽しめるのも人気の理由の一つです。
アトラクションも充実しており、子供から大人まで楽しめます。

□まとめ

今回は、FC大阪がある東大阪市の周辺の観光スポットをお伝えしました。
サッカーも楽しみつつ、東大阪市の良さを味わえるスポットはまだまだたくさんあります。
みなさんもぜひ一度、東大阪市へお越しください!

東大阪市は印象が悪い?治安が悪いのは誤解!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

みなさんは東大阪市にどのようなイメージをお持ちでしょうか。


「東大阪は治安が悪いから良い印象がない」
「とにかくうるさいイメージ」

など、あまり良いイメージをお持ちの方は多くはいないのではないかと思います。

しかし、結論から言って東大阪市=治安が悪いというのは誤解です。

今回は、そんな東大阪市の治安が悪いと言われてしまう原因、実際の様子をお伝えします!

□東大阪市の基本情報

大阪府の中央あたりに位置し、人口は約50万人で大阪市、堺市に次いで府内3位です。
ラグビーの町としても有名で、全国高校ラグビー大会(花園)の地として毎年盛り上がりを見せています。
マスコットキャラクターのトライくんは、2017年のゆるキャラグランプリで「ご当地部門」で3位に入賞し、愛されています。

□東大阪の治安が悪いのは過去の話

東大阪は昔ながらの街並みで治安の悪いイメージを持たれがちですが、最近は治安改善の動きがあり、電灯や道の舗装など、街づくりに積極的に取り組んでいます。
また、今年開催されるラグビーワールドカップの開催に向けて、開催地の花園を中心に道を広くしたり、明るいイメージに変わってきています。

□実際に東大阪に住んでいる人の声

「駅近くは夜も明るくてにぎわうので夜道は一人でも歩ける。」
「夜は警察のパトロールも多くて安心。」
「近鉄額田駅付近は閑静な住宅街ですごしやすい。」
などの声が多くあり、実際には東大阪市で安心して生活を送っている人がほとんどです。

□まとめ

今回は、東大阪市の治安についてお伝えしました。
大阪に住む人は特に東大阪市は昔の治安の悪いイメージが強く残っている方もいるかもしれません。
しかし、今の東大阪市は治安の良さの向上に努めており、以前より住みやすくなったという声も多くあります。
そのため、今後は東大阪市の治安の悪いイメージは徐々になくなると考えられます。

今回の記事が、今後のお住まいの情報の参考になれば幸いです。

東大阪市と言えばサッカー!FC大阪チーム紹介!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

東大阪市と言えば、ラグビーの街の印象が強い方もいますよね。
しかし、実はラグビーだけでなく、サッカーの地としても名があります。


昨年11月、東大阪市はFC大阪のホームタウンとなったことをご存じですか?

今回は、FC大阪のチームについて、そして東大阪市の取り組みについてご紹介します!

□FC大阪って?

FC大阪は1996年にチームが設立されました。大阪から3番目のJリーグ入りを目指して日々奮闘しているチームです。

□FC大阪コンセプト

「クラブ活動を通じ大阪を盛り上げよう」をコンセプトに、地域社会とのコミュニケーションを大切にしています。
また、サッカーを通じて社会課題を解決する取り組みが積極的に行われています。
2015年9月の国連サミットで採択されたSODs(持続可能な開発目標)の推進と目標達成へ協力しています。

□FC大阪実績

2018年には第20回JFLリーグ戦で準優勝を飾り、今後の活躍がますます期待されています。

□ホームタウン東大阪市

2018年11月に東大阪市がホームタウンになることが正式に決まりました。
主な連携事項は、「市民のスポーツへの関心・興味を上げる」「スポーツを通じて地域をにぎやかにする」「市政及び市の魅力やスポーツに関わる情報を発信する」「その他スポーツの振興や市民の健康を増進する」などのことが挙げられます。
東大阪市は以下のようなさまざまな形で支援をしています。

・FC大阪の活動を地域で応援する。
・FC大阪の試合や地域貢献活動において、市民の参加を呼びかけたり、広報活動をする。
・FC大阪が行うイベントの会場や練習場所、試合会場の確保を協力して行う。

このように連携することを通して、東大阪市の知名度、イメージ度のアップにつなげることを目標にしています。

□まとめ

今回は、FC大阪のチームについて、また、東大阪市とチームの取り組みについてご紹介しました。

FC大阪はサッカーを通じた社会の成長と発展の原動力となるようなチームとして、日々応援されています。

ホームタウンが決まり、ますます進化を遂げるFC大阪、今後の活躍に注目ですね。

東大阪市のイメージは?実際治安はどうなの?

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


みなさんは東大阪市に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

「がやがやしていて怖い。」
「犯罪や交通事故が多いのではないか。」
「治安が悪くて夜一人で出歩けない。」

このようにお思いの方も多くいるのではないかと思います。
世間的イメージはあまり良くない東大阪市ですが、実際の東大阪市の様子はどのようなのでしょうか。

今回は東大阪市の治安と住み心地について、お伝えします。

□東大阪市の治安は良い?
東大阪市は決して治安が悪いところではありません。
閑静な住宅が多く、落ち着きがあります。
また、お年寄りの数も多く、ゆっくり暮らすことができます。

さらに、街灯が設置されていたり、夜はパトロールの方の姿も見られ、安心して過ごせるという声が多くあります。
駅の近くには交番があり、なにかあったときにすぐに駆けつけてくれます。

2019年のラグビーワールドカップの開催に向けても治安対策には力を入れており、道を広くしたり明るい印象に変わってきています。

□東大阪市って住みやすいの?

商店街や教育施設も整っていて、実際に住む人はその住みよさを話す人が多いです。
なんといっても交通の便の良さは他の地域に負けません。
大阪市内まですぐに出られるので、毎朝通勤や通学に多くの時間を取られることはありません。
また、2019年3月にはJRおおさか東線が全線開通することで、新大阪までもおよそ15分で行くことができ、さらに便利な街になることが期待されています。
さらに自然も多く公園もたくさんあるので、子供をのびのび育てる環境も整っています。
スーパーや図書館、病院も十分にそろっていて交通機関を利用しなくても生活できるところも魅力の一つです。

□まとめ

今回は東大阪市の治安、その住みよさについてお伝えしました。
東大阪市はファミリー層も多く、子育てに優しい街です。さらに治安改革が積極的に行われていることで、以前と比べて断然治安は良くなってきています。

みなさんもぜひ一度東大阪市を訪れて、その雰囲気を味わってみてください。

東大阪市で整形外科をお探しの方へ!おすすめの整形外科はどこ?

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


東大阪市には整形外科が思っている以上にたくさんあります。
今回は、東大阪市にある整形外科の中から、おすすめの整形外科をご紹介していきたいと思います。

□尾形整形外科

尾形整形外科は布施駅から徒歩3分の場所にあり、アクセスが非常に良いので電車でも気軽に行くことができます。
また、尾形整形外科は地域に密着した整形外科として評判のある医院であり、お子さんからご高齢の方までも診療を行ってくれます。
骨粗しょう症や打撲、骨折の痛みなど、細かなトラブルであっても親身に対応してくれます。
手術などを行うことはありませんが、必要とあればほかの医療機関への紹介も行ってくれます。
・住所
東大阪市長堂1丁目2−5 クリニック布施駅前ビル 2F

□かねこ整形外科クリニック

かねこ整形外科クリニックは八戸ノ里駅から徒歩1分の場所にある整形外科です。
リハビリテーション科と整形外科を診療科目として持っています。
かねこ整形外科クリニックには、最新のレントゲン撮影装置やCR装置などを備えており、精密な検査をすることが可能です。
診療時間も、平日は19時30分まで受け付けてくれるので忙しい方にとっても非常に行きやすいクリニックです。
・住所
東大阪市小阪3丁目2−24

□ごみ整形外科

ごみ整形外科は、河内小阪駅から徒歩1分の場所にあります。
ここでは、整形外科と内科の両方を取り扱っており理学療法士や作業療法士などがリハビリテーションに対応してくれます。
また、治療を行うだけではなく、普段の生活面やどのような運動をすればいいのかなど、親身になったアドバイスをくれることで評判です。
ごみ整形外科では通常の診療リハビリ以外にも、デイケアや訪問でのリハビリにも対応しています。
・住所
東大阪市小阪本町1丁目3−2

□上田整形外科

上田整形外科は荒本駅から徒歩10分ほどの場所にあります。
上田整形外科はさまざまな診療科目に対応しており、整形外科のほかにも外科や内科、皮膚科、放射線科、リハビリテーション科があります。
午後の部は夜の20時まで対応しているので、日中が忙しい人にも行きやすいのが特徴です。
・住所
東大阪市角田1丁目7−15

□まとめ

東大阪市には意外にも多くの整形外科があります。
ご自身のいる場所から行きやすい場所で、評判の良い整形外科を選ぶようにしましょう。

新大阪から東大阪へのアクセスが楽に?おおさか東線とは?

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

大阪に住むみなさんにとって、電車は暮らしのなかで必要不可欠ですよね。
しかし、「大阪は電車が多くて複雑。」「乗り換えが大変。」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


今回は、いよいよ明日3月16日に開通するおおさか東線の魅力についてお伝えします。

□おおさか東線とは?

おおさか東線は、新大阪から久宝寺までの約20キロ、久宝寺から奈良までの約30キロをつなぐ、大阪を南北に走る路線です。
久宝寺から放出までの南側の区間は2008年に開業しており、今回は放出から新大阪までの北側の区間が開業されます。

□新大阪まで行きやすく

例えば、新大阪駅から東大阪市内の鴻池新田駅や徳庵駅に行くには京橋駅と大阪駅で、または北新地駅で降りて10分近く大阪駅まで歩いて乗り換える必要がありました、つまり大阪の都心部まで1度行く必要がありました。
しかし、おおさか東線が開通すれば放出駅で乗り換えれば新大阪まで直接行けるようになりました

□毎日直通快速も通る

普通列車の他に直通快速も走る予定です。
直通快速は新大阪から奈良までを約1時間で結び、放出駅、高井田中央駅、JR河内永和駅にも停車します。
具体的なダイヤについてはまだわかりませんが、一日4本走り、平日は通勤・通学ラッシュを意識し、土日は観光を意識した構成となります。
車両は7両編成のものを使います。
この直通快速が走ることで、新幹線の停まる新大阪から奈良までのスムーズに移動できるようになり、関西外の人も奈良へ気軽に移動できます。

普通列車は深夜早朝を除き約15分間隔で運行し、平日は上下134本、車両は6両編成のものを使います。

□半数以上の駅で乗り換え可能

新たに開通する放出~新大阪間では新大阪はもちろん、鴫野駅で大阪メトロ今里筋線、JR野江駅で京阪本線に、JR淡路駅で阪急京都線および千里線に乗り換えることができます。
新大阪までの延伸でおおさか東線には14駅が所属することになりますが、うち9駅で別のJR線・私鉄線に乗り換えが可能となります。

□まとめ

今回は、おおさか東線の特徴、良さについてお伝えしました。
新大阪から東大阪までが一本で行ける、夢の路線がいよいよ開通です。
おおさか東線が、東大阪の盛り上がりにつながることを期待しています。

おおさか東線開通で新大阪までどれくらい早くなる?~弥刀・衣摺エリアの場合~

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産産業を行っている城戸産業です。


今週末の16日(土)、ついにJRおおさか東線が放出から新大阪へ延伸開通です!

それにちなんだシリーズ「おおさか東線開通で新大阪までどれくらい早くなる?」の
第3回は東大阪の南西部である衣摺&弥刀エリアでの比較です。
前回同様、スマホアプリ「乗換案内」を使いながらレポートします。
新大阪から駅徒歩10分くらいのところに職場があり、会社の始業時間が9:00なので8;40に新大阪に到着したいという設定で比較いたします。


□弥刀駅の場合
ダイヤ改正が行われる前の3/15では7:50発の各停に乗り、次に鶴橋まで行き環状線に乗り換え、さらに大阪駅でJR京都線に乗り換えれば、8:36に新大阪に到着します。料金は片道480円です。2回乗り換えないといけないのは面倒ですよね。

しかし、3/16ダイヤ改正後の3/18で調べると同じ7:51発の各停に乗って俊徳道まで行き、そこからJR俊徳道駅からJRおおさか東線に乗ってそのまま新大阪へ、8:29に到着となります。乗換が1回になり7分短縮され、費用は片道370円と90円お安くなります。
ちなみに弥刀7:51発の次の電車は8:03発の各停、これだと接続が悪く新大阪到着は俊徳乗換経由で8:47と8:40には間に合いません。


□衣摺加美北駅の場合
ダイヤ改正が行われる前の3/15では7:51発の各停に乗り、まず放出まで行きJR東西線に乗り換え、さらに北新地で降りて大阪駅まで歩いてJR京都線に乗り換えれば、8:36に新大阪に到着します。料金は片道380円です。2回乗り換えないといけない、しかも北新地駅と大阪駅間は徒歩9分の距離なのでなかなか面倒ですよね。

しかし、3/16ダイヤ改正後の3/18で調べると8:00発の各停に乗れば乗り換えなくそのまま新大阪へ、8:29に到着となります。到着時間が7分早くなる上で出発も9分遅くなってOKなので実質16分短縮されることになります。料金も片道300円と80円お得になります。
ちなみに衣摺加美北8:00発の次の電車は8:20発と20分空いてしまいます。それに乗ると新大阪着8:48のため8:40には間に合いません。

□まとめ
JRおおさか東線の新大阪までの開通で各線やはり新大阪までの所要時間は短くなり、乗り変え回数が少なくなる例が多いのは事実です。しかし、JRおおさか東線はラッシュ時でも各停の運行本数が1時間に4分程度、時間によっては20分間が空いたりすることもあり、他社線のダイヤによって短縮時間メリットに結構差があります。
電車乗換検索アプリなどを使って効率の良い移動を心がけましょう。