お客様の声

エンジェルコート岩田町

image
城戸産業さんの様々な「神対応」に安心してお任せすることができました!
■ご主人/友田達也様 ■奥様/悠様

【友田様プロフィール】
2017年5月エンジェルコート岩田町ご契約。
結婚式の準備と住まいづくりをほぼ同時進行で行ったという忙しい数か月を過ごした中での住まいづくりの軌跡を振り返っていただきました。

image

家探しを始めたきっかけは何ですか?

<奥様>
結婚前は私も主人も実家暮らしでして、そのため結婚するにあたり新居が必要でした。

最初は賃貸でというお考えはなかったのですか?

<ご主人>
当初は賃貸を検討していたのですが、職場の同僚から家を買った話をいろいろ聞いていくうちに、「住宅ローンって家賃の支払い額とそんなに変わらないのか、なら新築をいきなり購入するのも悪くないな」と思うようになり、新築での住まい探しを始めました。

家探しのエリアにはこだわりましたか?

<奥様>
私の実家から近い若江岩田エリアを中心で探しました。最終的には若江岩田エリアでは城戸産業さんともう1社さんの分譲地。そして私の友人の家が近かったことと非常に安かったのが気になって(笑)八尾の分譲地にも1ヶ所行きました。

その中でこのエンジェルコート岩田町の分譲地・区画を選んだ理由は何ですか?

<ご主人>
横並びで建っているような分譲地が良かったことと、この区画は道路側はもちろん、反対側も抜けているので陽当たり・風通しが良いと思い、ここに決めました。

どういう間取りにしようと思いましたか?

<奥様>
まず、いざとなれば車2台を駐車できるスペースがほしかったのですが、元々この区画の提案図面はそれができる内容だったのでそこはクリアできていました。

<ご主人>
その上で1階を大きく変えました。提案図面には玄関から入ってすぐに道路に垂直方向のキッチンとタタミスペースがあったのですが、1階を広いLDKにしたかったので、タタミスペースをなくしリビングを広くし、キッチンを奥にして道路と並行にすることでリビングを見渡せるキッチンにしました。

こだわりのポイントはどこですか?

<ご主人>
リビングのアクセントクロスですね、この建物のデザインコンセプトと同じ木目調なのに一目惚れでした!

<奥様>
あとはこのアクセントクロスに合わせ、ダイニングテーブル&チェアー、小物入れ、時計も近い色や木目調で揃えました。

住まいづくりを進めていく上で、苦労したことはありましたか?

<ご主人>
間取りだけでなく、各部屋の壁紙や床材の色や住宅ローンの申込先など、とにかく決めることが多いなと思いました。何千万という高いお金を払うのだから、こだわって色々調べて勉強してこちらから逆提案して…という方もいらっしゃるかと思いますが、むしろプロに任せてご提案いただいた内容を素直に受け入れていく方が良いのではと個人的には思います。
あとは結婚式準備との同時進行だったので、午前中に家の打ち合わせをした後、午後は結婚式の打ち合わせというダブルヘッダーな日も何度かありました(笑)。でもまあなんとかなりました(笑)。

城戸産業とのやり取りの中で印象深い出来事はありますか?

<ご主人>
営業の中西さん、設計で大西さん、住宅設備関係で岡さんには本当に何でも相談に乗っていただき、その上でより良い提案をいただいただけでなく、こちらから電話をかけてその時は出れなくても、すぐに折り返しいただいたりしました。さらに、わが家の地鎮祭にわざわざ社長さんがご参列されたり、家の引き渡しが終わった後だったにもかかわらず結婚式に祝電をいただいたりと本当にいろんな面で丁寧にご対応いただいたなと思っています。
あとは城戸産業さんへのリクエストではないのですが…地鎮祭はリハーサルをさせていただきたかったですね(笑)。

最後に、これから家探し・家づくりをされる方に先輩としてアドバイスはありますか?

<ご主人>
「やっぱ人っすよ!」これに尽きます。先程3社訪問したとお話ししましたが、うち1社の営業さんはせっかくいい商品を扱っているのにろくに説明もせず押しの営業一辺倒で…(苦笑)。私は各社家の性能はそれほど大差ないと思っています。それ以上に大切なのはその会社の担当していただく方の対応力じゃないかと思います。正直、建物の性能や立地よりも、最初にご対応いただいた中西さんの対応で決めたと言っても過言ではありません。

<奥様>
私は今回、家具などを揃えるところを主に担当したのですが、やはりいろんな物件を見ることが大事だと思います。外観はもちろん、壁紙や床材、置いている家具の色やデザインが少し違うだけでこんなにも違いが出るのかと思いました。その中で「あ、このコーディネートはいいな」と思うものがあるので、それをどんどん取り入れていってもらいたいなと思います。

 

友田様、お忙しい中、貴重なお時間とお話をありがとうございました。

FacebookTweetLINE