リビング階段とは?メリットとデメリットをご紹介します!

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

みなさんは、「リビング階段」というものをご存知ですか?

最近、二階建てで多く利用される階段の種類です。
今回は、リビング階段のメリットとデメリットをご紹介します。


□リビング階段とは

リビング階段とは、リビングに取り付けられている階段のことです。
通常は玄関から階段が伸びているのですが、家族が集まるリビングから子供部屋などがある2階へ階段が伸びているというのが特徴です。

□メリット

*家族との会話が増える

リビングを通って自分の部屋に行くので、家族との会話が増えます。
また、子供が帰ってきたときに必ず顔を合わせることができるので、「今日はどうだった?」などと会話をすることができます。
リビングに階段を作ることによって、家族との会話が増え、悩みを共有しやすい環境になるかもしれません。

*リビング下に収納スペースができる

階段を設置するには広いスペースが必要ですが、その階段を収納スペースに使ってしまいましょう。
家族が最も集まりやすいリビングに、収納スペースがあるととても便利です。

*2階の声がリビングに届きやすい

リビングに階段を作ることで、子供部屋などの音がリビングに届きやすいというメリットもあります。
また奥さんの「ごはんできたよ」の声が2階まで聞こえるのも嬉しいですよね。
子供が部屋で何をしているか気になるという方には、リビング階段がおすすめです。

□デメリット

*キッチンの匂いが届きやすい

リビングに階段があると、キッチンと2階の距離も近くなります。
そのため、キッチンの匂いが2階に届きやすくなってしまいます。
キッチンを壁付けにするなどの対策が必要です。

□まとめ

今回は、リビング階段のメリットとデメリットをご紹介しました。
リビング階段があることによって、家族の会話が増えるのは嬉しいですよね。

東大阪市で新築一戸建てをお探しの方は、ぜひ当社にお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*