東大阪に住もうとお考えの方必見!東大阪の駅とアクセスについてご紹介!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

引っ越し先の交通アクセスって気になりますよね。
通勤通学で都市部へ行く際に、どのくらい時間がかかるか把握したい方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は東大阪にある駅とアクセスについてご紹介します。

□東大阪の主要駅

東大阪には大きく分けて6つの路線があるため、それぞれの駅を路線ごとに分けて見ていきましょう。

*大阪メトロ中央線、近鉄けいはんな線

高井田、長田は大阪メトロ中央線。
長田、荒本、吉田、新石は近鉄けいはんな線です。
長田駅は大阪メトロと近鉄けいはんな線の共同で使用するため、乗り換えやすいです。
梅田は森ノ宮で環状線へ、難波は森ノ宮から鶴橋、JR難波と2回乗り換えがあります。

*近鉄奈良線

この路線は布施、河内永和、河内小阪、東花園、石切を通ります。
近鉄奈良線は布施駅までですが、大阪難波まで直通の列車が多く、乗り換えなしで難波まで行けるため非常に便利ですね。
梅田は、近鉄奈良線で鶴橋まで行き、JR環状線に乗り換えです。

*JR学研都市線

徳庵、鴻池新田を通り、京橋まで直通です。
どちらも普通しか止まらないことに注意してください。
梅田は京橋で乗り換えのため比較的楽です。
しかし、難波は京橋と鶴橋で2回乗り換えがあるため、手間がかかります。

*JRおおさか東線

衣摺加美北、JR長瀬、俊徳道、河内永和、高井田を通ります。
難波は、久宝寺まで行き、JR大和路線に乗りましょう。
梅田は放出まで行き、学研都市線へ乗り換え、京橋で環状線におることが多いです。

*近鉄大阪線

長瀬、弥刀、長瀬、俊徳道、布施駅があります。
俊徳道駅はJRおおさか東線への乗り換えが可能です。
注意点は弥刀と長瀬ともに準急行、急行が止まりません。
鶴橋まで行き、近鉄奈良線に乗れば難波へ、JR環状線に乗れば梅田へ行けます。

□まとめ

今回は東大阪の駅と路線についてご紹介しました。
東大阪のどこに住んでも、他の地域に比べて都市部へ通いやすいため、非常に便利ですね。
この記事を参考に東大阪に住もうとお考えの方は、当社までお気軽にご相談ください。

東大阪で子育てをする方必見!気になる幼児教育無償化について解説!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


東大阪に住もうとお考えの方で子どもをお持ちの家庭も多くいらっしゃいますよね。
そこで今回は、東大阪で実施されている幼児教育の無償化について解説します。

□無償化の対象

まず、3歳から5歳の子供を持つ家庭が無償化の対象です。
しかし、全ての家庭と保育所に対して無償化は適用されません。
保育所が必要なのか、保育所の形態によって、無償化が適応されるかが異なります。
これらの条件について解説します。

*保育所が必須かどうか

共働きの世帯とひとり親の世帯は保育所が必須とみなされます。
しかし、専業主婦または夫がいる世帯は必須とはみなされません。
保育所が必須とみなされるかによって、無償化の条件も変化します。

*共働き世帯、ひとり親世帯

こちらは認可保育園、認定こども園、障害児通信施設は無償化の対象です。
認可外保育施設、幼稚園の預かり保育は月3.7万円まで補助されます。
幼稚園は月2.57万円の補助です。

*専業主婦(夫)がいる世帯

こちらも認可保育園、認定こども園、障害児通信施設は無償、幼稚園は月2.57万円の補助です。
しかし、認可外保育施設、幼稚園の預かり保育は無償化の対象ではないため、注意しましょう。

□どこまでが無償なのか

保育所の送り迎え、スクールバス、給食、おやつ、行事などにかかる費用は実費負担です。
施設利用費のみが無償のため注意してください。

□住民非課税世帯の無償化

住民非課税世帯は、0歳から2歳の子供においても、認可保育園、認定こども園が無償化の対象です。
また、認可外の保育施設は月に4.2万円まで補助を受けられます。

□まとめ

今回は東大阪の幼児教育無償化について解説しました。
東大阪の幼児教育の無償化についてご理解いただけましたか。
保育所選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。
教育費をうまく減らし、少しでも家計の負担が減らせると嬉しいですね。
東大阪で注文住宅をお考えの方は、当社までぜひお気軽にご相談ください。

東大阪の高井田って?治安や住みやすさを徹底解説!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

引越しを検討しており、住まいを探されている方にとって、引越し先の地域の治安や住みやすさは大きな関心事項だと思います。


そこで今回は、東大阪の高井田の治安や住みやすさについて解説します!
高井田の雰囲気をあらかじめ知っておくことで、スムーズな住まい探しを実現しましょう。

□高井田の治安

高井田の治安は比較的良いと言えるでしょう。
街全体としてファミリー層が多いため、賑やかな雰囲気で人通りの多いところが多いです。
そのため、寂しい感じはせず安心して暮らせます。
また、警視庁が公表しているデータを参照しても、高井田は犯罪の発生件数が少なく、治安が良い街だと言えます。
しかし、高井田の工場地帯の方に行くと、夜は街灯が少なく暗く感じる方もいらっしゃると思います。
女性やお子さんが一人で歩くには、少し注意が必要でしょう。

□高井田は住みやすい街

*充実した子育て環境

高井田は、学校や公園が充実しており、子育てがしやすい環境だと言えます。
住宅街に公園があったりするので、家事をしながら隣の公園でお子様を遊ばせられる住まいもあります。
ファミリー層が多い街で地域の目もあるため、お子様が公園に遊びに行くにも安心できるのが高井田の良いところです。

*二種の路線が通った便利な交通面

高井田には二本の路線が通っており、これにより大阪の主要な駅へのアクセスが非常に良くなっています。
その二本とは、大阪市営中央線とおおさか東線です。
これにより、大阪の中心部である本町駅に約10分行けたり、大阪駅やなんば駅、天王寺駅などに約20分で行けたりします。
遊びにも仕事にもとても便利ですね。

□まとめ

今回は、東大阪の高井田の治安や住みやすさについて解説しました。
ファミリー層が多い街で治安についても安心なこと、子育て環境や交通アクセスも良いことなどがお分かりいただけたでしょうか。
高井田の雰囲気や街の特徴についてもっと知りたい方、高井田で物件をお探しの方はお気軽に当社までお問い合わせください。

東大阪はアクセス抜群!便利な電車・バスの交通網をご紹介!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「東大阪からちょっと遊びに出たいけど、電車はアクセスが良いの?」
「東大阪から遠出したいけど、高速バスはあるの?」
このように、東大阪の交通に関して知りたい方は多いのではないでしょうか。


そこで今回は東大阪の交通事情を詳しくご説明します。

□電車のアクセス

市内には26カ所の鉄道駅があり、交通の便はとても良いです。
東大阪はJR片町線、おおさか東線や近鉄奈良線、大阪線、近鉄けいはんな線、大阪メトロ中央線と多くの路線が通っています。
近鉄奈良線は難波まで1本で行けるので便利です。
近鉄けいはんな線を使えば生駒トンネルを通って生駒山にも行けますし、大阪メトロ中央線を使えば、大阪港にも行けます。
JR片町線に乗れば、京都にも行けます。
気になる東大阪市(荒本)から各地の所要時間は下記の通りです。
・難波、梅田まで約25分
・新大阪まで約30分
・神戸三宮、京都まで約60分
2019年にはJRおおさか東線路線が延伸したことで、市内5カ所から直接新大阪駅へ行けるようになりました。
2029年にはモノレールができる予定なので、東大阪市の交通網は、これからさらに発展するでしょう。
ちなみに、最も乗降人数が多い駅は布施駅です。
近鉄の路線が多くあり、近鉄大阪線を使えば鶴橋駅まで乗り換えずに3分ほどで到着します。
駅周辺も娯楽施設やショッピングセンターもある繁華街です。

□路線バスのアクセス

市内に阪神高速や近鉄自動車道が通っているので、バスや車でのお出掛けにも便利です。
高速バスは大阪バスや近鉄バスがあります。
布施駅から東京、京都行きのバスを運行しています。
関西空港行きのリムジンバスもあり、空港まで約55分で到着します。
また、一般路線では市内に本社がある近鉄バスや、大阪シティバス、大阪バスが通っています。

□まとめ

今回は、東大阪の交通事情についてご説明しました。
東大阪は交通網がとても充実していて、どこにでもアクセスできます。
電車やバスを使って気軽に遠出してみてはいかがでしょうか。

東大阪で子育てする方に!子育て環境について解説!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。
移動の利便性や生活の快適さなどが理由で、人気の街である東大阪ですが、子育て環境などはどれくらい整備されているのでしょうか。


今回は、東大阪の子育て環境について解説します!
子育て環境をしっかりと把握し、安心して東大阪での暮らしをスタートさせましょう。

□教育に力を入れた子育て環境

東大阪市は教育に力を入れている地域と言えます。
それを証明するように、東大阪市には保育園から大学に至るまで全ての学業施設が揃っています。
ずっと地域に根差した学習がしたいという方にはもってこいのエリアです。
また、たくさんある小学校や中学校においても、それぞれ特色を強く持っている学校が多いです。
歴史ある由緒正しい学校もあれば、平和学習に力を入れている学校もあります。
東大阪市に移り住まれる場合ですと、事前に学校の特色について調べておいて、学区によって住所を考えるのも一つの手と言えるでしょう。

□自然や制度が充実した東大阪での子育て

東大阪市は大阪市に隣接し、交通アクセスや生活の利便性で非常に強みを持っていますが、それと同時に自然の豊かさも兼ね備えた街とも言えます。
家族でのレジャーに最適な公園などが市内に数多く存在し、お子様が小さいご家庭の方には特に喜ばれるものとなっています。
また、東大阪は子育てに関する制度や施設が充実しています。
就学前までの赤ちゃんや子供、そのお母さんが気軽に交流できる場所として、市内6箇所に子育て支援センターが設置されています。
センターでは、子育てに関する悩みの相談や親子の交流を深めるイベントの参加などができ、たくさんの親子で賑わっています。

□まとめ

今回は、東大阪の子育て環境について解説しました。
子供がすくすくと育ってくれることが期待できる充実した子育て環境であることがお分かりいただけたかと思います。
東大阪は、利便性や快適性が見事に融合した非常に住みやすい街です。
この記事を参考に、ぜひ東大阪での子育てを検討してみてください。

東大阪の治安が気になる!長瀬について詳しく解説!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


今回は、東大阪の長瀬の治安や住みやすさについて解説します!
住まい探しでは、引越し先の治安や住みやすさが気になるものです。
事前に街の雰囲気を知っておき、安心して住まい探しをしましょう。

□長瀬の治安

*夜も明るい街

近くに大学があるため学生が多いこともあり、とても賑やかな雰囲気の街です。
夜も人通りが多く安心ですし、駅周辺にも住宅街にも街灯が多いので夜道が怖いということはないと言えるでしょう。
また、駅に隣接して交番が設置されているので、夜遅く帰ってきても安心です。

*犯罪が少ない

古い街で、年配の方が主な住人で、そのほとんどが顔見知りといった背景もあり、犯罪は少ない街です。
警視庁が公表しているデータを参照しても、犯罪の発生率が低く治安は比較的に良いと言えます。

□長瀬は住みやすい街

*お店が多い

長瀬には駅前を中心にたくさんの飲食店があるので、外食に困ることはないと言えるでしょう。
また、それらの多くが夜遅くまで営業しているので、帰りが遅くなった時などでも安心です。
また、飲食店だけではなく、買い物をするためのスーパーなども充実しています。
なかには24時間営業のものもあり、必要なものが必要な時に買えるので、とても便利です。

*リーズナブルなお店で賑わう商店街

長瀬には、まなびや商店街という商店街があります。
この商店街には飲食店をはじめとした多くのお店があり大変便利です。
しかも、それらのお店の多くがリーズナブルな価格帯で、いつも賑わっている商店街です。

□まとめ

今回は、東大阪の長瀬の治安や住みやすさについて解説しました。
治安は比較的良く安心して暮らせること、住みやすいポイントなどの紹介を通して、長瀬の雰囲気についてご理解いただけたでしょうか。
長瀬の雰囲気についてもっと知りたいという方、長瀬で新築一戸建てをお探しの方はぜひお気軽に当社までご連絡ください。

東大阪市の歴史を知りたい方必見!東大阪の歴史的観光スポット!!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「東大阪って昔どんなところだったの?」
「東大阪にまつわる歴史について知りたい!」

このように、東大阪の歴史について詳しくない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、東大阪の歴史を振り返っていきましょう。

□東大阪の歴史

*原始・古代

生駒山のふもとから河内平野に広がる東大阪市の歴史は旧石器時代から始まります。
ここでは多くの石器が発見されました、また山のふもと周辺では100個以上の集落や古墳が存在しました。

*中世・近世

鎌倉時代には真言宗の道場が栄え、南北朝時代には南朝方の拠点でした。
楠木正行(くすのきまさつら)は往生院に陣をおき、足利方と戦い戦死しました。
室町になると、河内国の奪い合いが繰り返され、守護の畠山氏が拠点とします。

*近世

徳川家康が豊臣家を攻撃した際に、若江は激戦で荒廃します。
そして江戸時代、松尾芭蕉などが数々の作品を残しました。
幕末には多彩な河内文芸が形成されました。

□歴史的観光スポット

*鴻池新田会所(こうのいけしんでんかいしょ)

こちらは敷地が国の史跡に、建物は重要文化財に指定され、歴史・学術的価値が高いです。
まず、江戸時代からある本屋では、昔の家がどのように作られていたかを見学できます。
また、庭園には、大きくてきれいなカヤやクスノキが配置され、東を向くと生駒山も見え、非常にきれいです。
庭園には弁天池もあり、伝統的な日本庭園と季節の変化を感じられます。
さらに、米の蔵では鴻池新田のパネル、道具専用の蔵には昔の農具があるため、米作りを学べます。

・住所
東大阪市鴻池元町2番30号

*千手寺(せんじゅじ)

深野池の中で千手観音が光り輝くのを、在原業平が発見し、壊れていたこのてらを再建したという伝説が残っています。
また、寺にある湛海(たんかい)作の不動明王坐像があり、大阪府の指定文化財に登録されています。

・住所
東大阪市東石切町3丁目3−16

□まとめ

今回は東大阪の歴史についてご紹介しました。
東大阪の歴史的価値をご理解いただけたでしょうか。
東大阪には多くの歴史的建造物や文化的作品が残されています。
皆さんもぜひ東大阪に足をはこんでみてはいかがでしょうか。

東大阪市で子育て中の親御さん必見!東大阪の学童についてご紹介します!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行なっている城戸産業です。

みなさんの中には、東大阪に学童はあるのか、あるとしたらどこで利用できるのか疑問に思っている方もいますよね。


そこで今回は、東大阪の学童の実態について解説します。

□学童の種類

東大阪の学童には市営と民営の2種類があります。
ここでは、その2つの違いについてご紹介します。

*市が営む学童

対象は小学生で、主に安全確保、遊び、おやつなどを提供します。
開設時間は通常は放課後から18:30まで、土曜日は8:30から〜17:00までです。
長期休業日は、8:30から18:30までです。
児童の退室は原則17:00までとなり、それ以降の延長には保護者のお迎えが必要です。
学童は日曜日と祝日、年末年始、災害時またはその恐れがある場合は休みです。
次に、お金に関してみなさん気になりますよね。
学童は、児童1人につき月額6,500円必要です。
また、土曜日を希望する方は別途1,000円かかります。

*民間の学童

民間の学童は、事業者によって制度もさまざまです。
対象は主に小学校低学年ですが、事業者によっては乳児や高学年も受け付けています。
活動内容は市営と同じです、しかし事業者によってオプションがあります。
活動時間は主に、18:00まで、日曜日、祝日、年末年始、お盆が休みとなります。
気になるお値段ですが、約10,000円〜となります。
ここでご紹介したのは、あくまで目安のため、詳しい内容は事業者にご相談ください。

□どちらが良いのか

民間の学童のメリットは、保護者の要望によってさまざまなオプションをつけられるところです。
また、市が運営する学童よりも、預かり時間が長いことも特徴です。
しかし、その分民間の方が市に比べて、費用がかかります。
そのため、それぞれの家庭が自身の生活スタイルにあった学童を探すことが重要です。

□まとめ

今回は東大阪の学童についてご紹介しました。
市営と民営の違いやそれぞれのメリットについてご理解いただけましたか。
東大阪市に住もうとお考えの方は、当社までお気軽にご相談ください。

東大阪の額田について知りたい!治安や暮らしやすさを解説!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。
引越しをするとなると、その地域の治安や暮らしやすさが気になりますよね。


そこで今回は、東大阪の額田の治安や暮らしやすさについて解説します!
事前に額田の雰囲気をつかんでおき、スムーズに住まい探しをしましょう。

□額田の治安

額田は落ち着いた住宅街で、ファミリー層の多い街です。
若者や浮浪者のような人たちが騒ぎ立てるようなことはほとんど起こりません。
家族ぐるみでの付き合いが活発なフレンドリーな街ですので、人目があり犯罪も起こりにくいのです。
また、警視庁が公表しているデータを参照しても、犯罪件数が少ない治安の良い街だと言えます。
しかし、街全体が落ち着いているがゆえに、夜などは少し暗く、女性が一人で歩くとなると少し注意が必要かもしれません。

□額田は暮らしやすい街

*主要駅に好アクセス

額田駅は、大阪の主要な駅へのアクセスが良く、とても便利です。
鶴橋駅やなんば駅、天王寺駅には2〜30分、大阪駅にも40分ほどで行けます。
また、鶴橋駅やなんば駅に行く時は乗り換えなしです。
遊びに行くにも、仕事に行くにもとても便利でしょう。

*充実した子育て環境

ファミリー層が多い街なこともあり、子供への対応は充実した街だと言えます。
登下校の時間帯には、地域の方の見守り活動が盛んに行われています。
お子様の登下校を見守ってくださる方がいるのは安心ですよね。
また、学校自体も落ち着いた雰囲気の学校が多く、文武両道を掲げ、スポーツでも功績を挙げている学校があります。
お子様を安心して育てる環境はしっかり整っていると言えるでしょう。

□まとめ

今回は、東大阪の額田の治安や暮らしやすさについて解説しました。
ファミリー層が多く、治安が比較的良いこと、また交通面や子育て環境が整った暮らしやすい街であることがご理解いただけましたでしょうか。
額田についてもっと詳しく知りたい方、額田で新築一戸建てをご検討中の方は当社までお気軽にお問い合わせください。

東大阪の治安って?新石切について詳しく解説!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

住まい探しをするとなると、その地域の治安や住みやすさが気になる方が多いと思います。
事前にその地域について詳しくなっておくことで、住まい探しはスムーズになります。


そこで今回は、東大阪の新石切の治安や住みやすさについて解説します!

□新石切の治安

新石切の治安は比較的良いと言えます。
その理由として、街の住人が年配の方とファミリー層が多いことが挙げられます。
年配の方やファミリー層が主な住人ということで街全体がとても落ち着いた雰囲気です。
静かな街で、若者が夜遅くまで騒ぎ立てるような街ではないので、夜の治安も安心だと言えます。
ファミリー層が多いため、ママ友どうしで子育てに関する悩みを共有したり、助け合ったりできる子育て環境の充実度もママさんには嬉しい街の特徴でしょう。

□新石切は住みやすい街

*充実した施設環境

新石切には、スーパーマーケットやコンビニをはじめ、病院、ホームセンターなどあらゆる施設が近場にあります。
車を使う人にとっては、これらの施設に簡単に行ける便利な街だと言えるでしょう。
山の中腹などに暮らす方にとっては、これらの施設は少し行きにくい場所にあるかもしれません。
住まいを選ぶ際に、あなたが行きそうな施設をピックアップし、どれくらいで行けるか確認しておくとよいかもしれません。

*自然に囲まれた心地よさ

新石切は自然が比較的多い街だと言えるでしょう。
ピクニックや昆虫採集など、お子様を自然と触れ合わせながら遊ぶことで、すくすくと成長してくれるでしょう。
また、それらの自然の中には、大きな神社もあり、時期になると、大きな祭事を住人みんなで楽しめます。

□まとめ

今回は、東大阪の新石切の治安や住みやすさについて解説しました。
静かで落ち着いた街のため治安が良いこと、街の環境がとても良いことなどがお分かりいただけたでしょうか。
新石切のことについてもっと詳しく知りたい方、新石切でお住まいをお探しの方はぜひお気軽に当社までお問い合わせください。