Staff Blog
スタッフブログ

2021.07.06 分譲地関連家づくりコラム

お客さまとの家づくりエピソード「大クレーム、からの大ファン!?」

2021.07.06
分譲地関連家づくりコラム

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回は、城戸産業で過去に実際にあった、お客さまとの家づくりエピソードをご紹介したいと思います。

■連絡ミスから着工の順番が…

あるお客さまのご両親から、大クレームを受けたことがありました。

原因は、弊社スタッフの連絡ミス。先に図面が上がっていたお客さまより、後から図面が上がったお客さまのほうが、先に着工してしまったのが原因でした。

新居の完成を心待ちにしているのはどのお客さまも同じですから、親御さんがお怒りになるのも当然です。

■大クレーム、そして大ファンへ

弊社は、ミスしてしまったことをきちんとお詫びし、その後、工事のスケジュールをきっちり提出するなどして、フォローに当たりました。

結果、なんとかお怒りも納めて頂き、工事もとうとう大詰め。お引き渡しも間近になったある日のことです。

一度は大クレームを申し入れられたお客さまのご両親から、お電話がありました。

「息子夫婦の家の斜め前の分譲地、買うわ」と。

あれほどお怒りだったご両親が、その後のお付き合いの中で、いつの間にか城戸産業を好きになって頂いており、息子さんご夫妻と同じ分譲地に家を買うとまで仰ってくださったのです。

大クレームから一転、大ファンになって頂いたというビックリな事例でした。

■今後も家づくりエピソードを随時ご紹介します

今回の、大クレームのお客さまが大ファンに転じたお話、いかがでしたか?

今後も弊社の家づくりの実話エピソードを随時ご紹介予定ですので、ご興味のある方は是非チェックしてみてくださいね!