Voice
お客様の声

  • 分譲住宅

    エンジェルコート若江本町

    ■ご主人/野田隼人様 ■奥様/梨那様 ■お子様/愛翔くん
    【野田様 プロフィール】

    【野田様プロフィール】
    2014年エンジェルコート若江本町ご契約。
    まだ竣工して1年もたっていない真新しいご自宅で、お話を伺いました!


ご主人はもともと、すでにご自宅をお持ちだったそうですね?

  • <ご主人>
    はい、独身の時に新築の一戸建てを瓢箪山に買って住んでいたのですが、道がとても狭く、小学校も中学校も遠かったので、これからのことを考え、引っ越しを決めました。

エンジェルコート若江本町を知ったきっかけは何ですか?

  • <奥様>
    たまたま主人が通りすがりで見つけ、連絡させていただきました。

弊社の他には何社かご訪問されましたか?

  • <ご主人>
    若江岩田~花園エリアで、城戸産業さん含め4~5社訪問しました。

その中でなぜこの分譲地を選ばれたのですか?

  • <奥様>
    小学校、中学校、そして主人の会社も近いという立地も良いのですが、何よりも建物の見た目とコンセプトが気に入りました。男前=かっこいいデザインよりも、可愛らしいカントリーなデザインの家のほうが好きだったので、屋根の色や「カフェいえ」というコンセプトがすごく気に入って「ここにしよう!」って思いました。

どんなお住まいにしようと考えていらっしゃいましたか?

  • <ご主人>
    前の家は収納が少なくて非常に困ったので、「収納はあれば困らない、とにかく収納重視の家にしよう!」と思いました。
    <奥様>
    将来、2階でネイルサロンを開きたいと思っていますので、リビングの外に階段を設置する事と、子育てを考えて和室を必ず作りたいと思いました。

こだわったポイントは何ですか?

  • <奥様>
    脱衣所に収納を必ず作りたいと思っていました。階段下に作ったこの収納は容量も大きく便利なのでとっても気に入っています。
    <奥様>
    また、キッチンはパントリーに加え、より収納力を高めるため背面収納(カップボード)は自分たちで別で探してきました
    <ご主人>
    トイレもこの壁紙が雑貨に合わせやすくてとても気に入っていて、お気に入りの場所の1つです。



結果的にこうなったけど、そうしておいて良かったと思うところはありますか?

  • <奥様>
    バルコニーの幅を当初の提案よりも広くしてもらったことと、さらにバルコニーが2つあるのですが、真ん中の部屋から両方のバルコニーに行けるような間取りになったことで、洗濯物が干しやすくなり助かっています。

家づくりをするうえで苦労したことはなんですか?

  • <ご主人>
    最初は収納を充実させたいという思いとは別に、リビングを広く取りたいという思いもありました。しかし、それをしてしまうと脱衣室の収納や、土間ウォークインが取れない=収納力が下がってしまうということになるため、「広いリビングよりも収納を優先しよう」という結論に達して今の間取りになりました。
    <奥様>
    色々と想像を働かせながら決めないといけないことが多いなと思いました。例えば壁紙とドアの色ですが、床の色はチェリーに決めていたのでその色とドアの色と合うか、さらに、以前住んでいた家に置いていた家具(※キッチンの紹介写真左下のもの)がまだ買ったばかりで新居にも持っていこうと思ったので、それと合うかどうかも想像して決めないといけなかったのが難しかったです。

資金計画について城戸産業とのやり取りはいかがでしたか?

  • <ご主人>
    前の家も下取りいただき、住宅ローンも前までかけていたものよりもさらに低い金利の住宅ローンをご紹介いただけたので、非常に助かりました。結果的には予算よりはオーバーしましたが、資金計画的に支障はなかったので良かったです。

城戸産業にもう少しこうして欲しかったと思ったことはありましたか?

  • <ご主人>
    きっちりと直していただけたので良いのですが、あえて言えば施主検査の時に小キズがいくつかあったので、施主検査前にチェックしてほしかったなと思いました。

最後に、これから家探し・家づくりをする皆様にアドバイスをお願いします。

  • <奥様>
    とにかくたくさんのモデルハウスを見に行って、「ここをこうしたい、ああしたい」という思いがあればそのモデルハウスのよいところを取りいれることだと思います。例えば、私たちの和室の収納扉(黒)の色は若江本町のモデルハウスを真似させていただきました。もし見ていなかったら普通に他の部屋の収納扉と同じ色に統一させていたと思います。

     

    野田様、お忙しい中、貴重なお時間とお話をありがとうございました。