新社屋、実はこんなところにこだわりました!【後編】

LINEで送る

こんにちは! 城戸産業のインテリアデザイナー、香本です。

今回も前回に引き続き、昨年10月に竣工した弊社の新社屋レポートをお届けしたいと思います

■一番のこだわりポイントは、トイレ

新社屋の内装に関しては、お客さまの家づくりのお役に立つよう、いろいろな部分にこだわりました。

中でも特にこだわったのが、女性用トイレです

グレードを標準より高いものにして、おむつ交換台なども設置しました。
トイレはキレイ好きな日本人がとてもこだわるポイント!

通常の家づくりでも、トイレを良いものにするのはオススメなんですよ。

家にお友達を呼んだとき、お風呂や洗面所が目につくことはほとんどありませんが、トイレは必ず使いますよね。

だからトイレを良い感じにしておくと、遊びに来たお客さんに「素敵なお家!」と思ってもらいやすいのです。

また、トイレは狭いのでペンダントライトや間接照明がよく映え、オシャレに演出しやすい空間でもあります。

■社長こだわりの飾り壁

エントランス正面には、社長のこだわりが詰まった唯一無二の飾り壁を設置しています。

瓦で作られたこの流麗な柄は、職人さんがその場であれこれ試行錯誤しながら作り上げてくださったオリジナル。
派手ではないのに、何故か目を引く美しさがあります。

■居心地の良いカフェを思わせるショールーム

ショールームは、明るく入りやすいカフェのような空間づくりを意識しました。

不動産会社は、昔からどこか「怖い」「入りにくい」と思われがちなところがあります。
ですので、お客さまがご来店時にそういう不安や心配な気持ちを感じられずに済むよう、リラックスできるショールームを目指しました。

■お気軽にご来店を

前後編でご紹介してきた城戸産業の新社屋レポート、いかがでしたか?

ご興味を持っていただいた方は、ぜひお気軽に遊びに来てくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*