住宅ローンの賢い返済方法「繰り上げ返済」編

LINEで送る

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

住宅ローンの賢い返済方法についてご紹介する本シリーズ。

前回の前編では「住宅ローン借り換え」についてご紹介しました。後編の今回は「繰り上げ返済」についてご紹介します。

■繰り上げ返済とは

繰り上げ返済とは、決められた毎月の返済額より多く返済することで、ローン残高を予定より早く減らしていくこと。

繰り上げ返済には、下記の2種類の方法があります。

《期間短縮型》
まとまった資金を銀行返済に回すことで、借入期間を短縮する方法です。

● 総返済額を効率的に減らす
● ローンを早期完済できる

といったメリットがあります。

《返済額軽減型》
最終の返済日を前倒しすることなく、毎月のローン返済額を下げる方法です。

● 将来の教育費負担などに備えて家計のキャッシュフローを調節できる

といったメリットがあります。

■繰り上げ返済のデメリット

当然のことながら、期間短縮型でも返済軽減型でも、繰り上げ返済をすると手持ちの現金は少なくなります。

急な出費が発生した際、手元に使えるお金がない! なんてことになると、困ってしまいますよね。

ローンが早く終わるのは、すっきりして良いことではありますが、最も重要なのは預貯金とのバランスです。

いざという時のリスクもしっかりと計算に入れた上で、バランスよく返済していきましょう。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*