効率的・効果的なモデルハウス見学ポイント【中編】

LINEで送る

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回は「効率的・効果的なモデルハウス見学ポイント」【中編】をお届けします。

前編をまだご覧になっておられない方は、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

■図面と照らし合わせて広さを体感しよう

家づくりをする際は、図面で間取りの確認をすることになります。

しかし、いくら図面を見たところで「15帖ならこれぐらいの広さ」「20帖ならこれぐらい」と、具体的にその広さを想像できる人は少ないのではないでしょうか。

そのためモデルハウスに行かれたら、図面の寸法と照らし合わせて、「○帖ならこれくらいの広さ」などを体感しておくのがおすすめです。

そうすることで、
「15畳のリビングにテーブルやソファーを置くとどんな感じになるのか?」
「お風呂は、どのサイズなら足を伸ばしてのんびり入れるのか?」
といったことを、かなりしっかりイメージできるようになると思います。

■内装もしっかりチェック

床材や壁紙などは、ショールームで小さなサンプルを見ても、なかなか内装のイメージを掴みづらいと思います。

モデルハウスで住宅設備の色と組み合わせて、内観全体でのイメージをチェックしておきましょう。

■次回はシリーズ最終回

効率的・効果的なモデルハウス見学ポイント【中編】、いかがでしたか?

本シリーズも次回で最終回です。ぜひお見逃しなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*