城戸産業の標準仕様がアップデートしました【前編】

LINEで送る

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

私たち城戸産業の標準仕様は、もともとかなり充実している、という自負があります。ですが、今回その標準仕様をさらにアップデートしました!

今回は、そのアップデートの内容を詳しくご紹介したいと思います。

■震度7の余震が続いても大丈夫! 制震・ミライエ

世界でも有数の地震大国と呼ばれる日本。なにせ世界中で起こる大地震の約20%が日本で発生しているのですから、それも無理のないことと言えるでしょう。

そんな日本に暮らす私たちにとって、住宅の耐震・制震は欠かすことのできない重要な要素のひとつです。

この度、城戸産業の新しい標準仕様のひとつになった「制震・ミライエ」は、最新の地震対策。

耐震のみの場合、震度7クラスの揺れでも倒壊することはありませんが、損傷は大きく、場合によっては建て替えが必要になることもあります。

しかし、この制震ダンパー・ミライエを採用すれば、震度7クラスの地震でも損傷はほとんどありません。熊本地震のように、震度7の余震が続いても大丈夫になります。

■次回は、バージョンアップした断熱とあんしん保証について

城戸産業の標準仕様アップデート「制震ダンパー・ミライエ」、いかがでしたか?

後編では、断熱と安心保証についてご紹介予定です。どうぞお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*