納得できる家づくりのための豆知識3

LINEで送る

こんにちは! 城戸産業・営業部の長瀬です。

「納得できる家づくりのための豆知識」シリーズ、今回は、私が営業目線からお話をさせていただきます。どうぞ、よろしくお付き合いくださいませ。

■会社や担当者との相性は大切

家づくりにおいては、物件が良いのはもちろん大切なことなのですが、それ以前に、会社や担当者との「合う合わない」「相性」が、とても重要です。

家は大きな買い物です。そして「買って終わり」ではありません。メンテナンスなども含めると、その会社とは非常に長いお付き合いになります。

「この会社で大丈夫かな」「この担当者で大丈夫かな」と思いながら付き合っていくのは、かなりのストレスになるでしょう。

納得できる家づくりをするためには、やはりある程度の数の会社を回ってみて、ご自身と相性の良い業者を探すのが良いのではないでしょうか。

その際に重要なのは、資料を請求するだけでなく、実際に会って話してみることです。

■こんな業者はお勧めできない

私の個人的な意見になりますが、家を買うにあたってお勧めできない業者さんとしては、次のようなタイプが挙げられます。

● 他社を貶す
● 良いことしか言わない 物事には必ずメリットデメリットがあります
● 問い合わせのレスポンスが遅い

■適正価格で販売している業者を選ぼう

「家は値切るのが当たり前」「値切れば必ず値段は下がる」

近頃、インターネットなどでそうした文言を見かけることが多くなりました。しかし、実際はそんな会社ばかりではありません。

大幅な値下げをするということは、元々適正価格ではない高めの値段を表示しているということです。

城戸産業では、値下げはほぼしておりません。元から適正価格を表示していれば、オーバーな値下げなどできないからです。

見せかけの演出に振り回されないよう、ご注意くださいね。

この情報が、みなさまの家づくりの一助となれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*