台風シーズン到来! 対策とメンテナンスは!?【3】

LINEで送る

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回も前回に引き続き、家のメンテナンスのお話です。

■信頼できるお店で定期的なケアを

一般的に、外壁のメンテナンスを行う目安は10~15年です。

とはいえ、キッチリ10年ごとにメンテナンスをする、という方はそれほど多くはありません。中には、雨漏りして初めて…という方もおられます。

しかし、するべきメンテナンスをせずに放置していると、家が傷んでしまう他にも、思いもかけないデメリットが…。

■悪質なマッチポンプ業者に注意

梅雨や台風の時期、大きな災害が起こった直後などは、人の不安を煽って営業する悪質な修理業者(?)が増えます。

「無料で屋根の点検をしますよ」

と言って人様の家の屋根に登り、自分で瓦を割ってその写真を撮り、修理を迫る…といった質の悪いマッチポンプ商法です。

屋根や外壁の修理・メンテナンスは、できるだけ地元の信頼できる業者で、定期的に依頼するのが安心です。

そうすることで、悪質な業者に付け込まれる心配もかなり軽減されるでしょう。

■屋根や外壁のメンテナンスは安くはない、だからこそ…

屋根・外壁のメンテナンス費用は、決して安いものではありません。また、放置している期間が長ければ長いほど、傷んでいる箇所も増え、修正費用もかさみます。

ギリギリまで放置するのではなく、計画的に必要なメンテナンスを行なってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*