あってよかった・つけてよかった設備&スペース3選!

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


家を建てる時には「こんな設備もありますよ?」「こんな場所を作りませんか?」と設計士から提案されたり、ネットや雑誌を見てこんなスペースを作りたい!と思って間取りに反映させていきます。

今回はお客様の声インタビューなどから「あってよかった!つけてよかった!」と評判の高かった設備・スペースを3つ紹介したいと思います。


1:土間ウォークイン

玄関に隣接する土足で入れるウォークイン収納。
写真のようにスノーボードやゴルフなどの長尺&室内に入れたくないスポーツ用品やベビーカーやお子様の車の収納定位置、さらにハンガー掛けを使ってカッパを干したりなど使える用途満載です。

2:ベランダに水栓
広いベランダでバーベキューや子供用のプールを設置して遊びたい!でも掃除や給水をしようと思うと1階からホースを引っ張ってくるかバケツに水を入れて持ってくるかというと一苦労。
そのため、電気のコンセントをつける方は多いですが水栓も設置しておくことをお勧めします。使う機会はそれほど多くはないけど、後々あってよかった!と感じることの多いベランダ水栓です。


3:ワークスペース
今回のコロナウィルス対策で推奨された「テレワーク」。しかしいざテレワークしようにもリビングやダイニングテーブルを占拠しなければいけない状態になった方も多かったはず。例えばキッチンや寝室にこのような座って作業もできるカウンターを設置していたお客様がテレワークになった時に、すぐに自宅内での仕事場所を確保できて便利だったと声をいただきました。今後はワークスペースを設けるのが必修になりそうですね。

□まとめ
住まいを作るとき、「新しい住まいでこんなことをしたい、こんなことができたらいい」「今の住まいではこういったところが不便などある」と感じていることや夢があると思います。そんな思いをまとめて設計士との間取り打ち合わせで伝えていけば後で「こういうのつけておけばよかった~」と後悔することも少なくなります。間取り作成の時は遠慮せず思いをぶつけ、どんどん相談することが納得度のいく住まいになる秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*