東大阪で子育てをする方必見!気になる幼児教育無償化について解説!

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


東大阪に住もうとお考えの方で子どもをお持ちの家庭も多くいらっしゃいますよね。
そこで今回は、東大阪で実施されている幼児教育の無償化について解説します。

□無償化の対象

まず、3歳から5歳の子供を持つ家庭が無償化の対象です。
しかし、全ての家庭と保育所に対して無償化は適用されません。
保育所が必要なのか、保育所の形態によって、無償化が適応されるかが異なります。
これらの条件について解説します。

*保育所が必須かどうか

共働きの世帯とひとり親の世帯は保育所が必須とみなされます。
しかし、専業主婦または夫がいる世帯は必須とはみなされません。
保育所が必須とみなされるかによって、無償化の条件も変化します。

*共働き世帯、ひとり親世帯

こちらは認可保育園、認定こども園、障害児通信施設は無償化の対象です。
認可外保育施設、幼稚園の預かり保育は月3.7万円まで補助されます。
幼稚園は月2.57万円の補助です。

*専業主婦(夫)がいる世帯

こちらも認可保育園、認定こども園、障害児通信施設は無償、幼稚園は月2.57万円の補助です。
しかし、認可外保育施設、幼稚園の預かり保育は無償化の対象ではないため、注意しましょう。

□どこまでが無償なのか

保育所の送り迎え、スクールバス、給食、おやつ、行事などにかかる費用は実費負担です。
施設利用費のみが無償のため注意してください。

□住民非課税世帯の無償化

住民非課税世帯は、0歳から2歳の子供においても、認可保育園、認定こども園が無償化の対象です。
また、認可外の保育施設は月に4.2万円まで補助を受けられます。

□まとめ

今回は東大阪の幼児教育無償化について解説しました。
東大阪の幼児教育の無償化についてご理解いただけましたか。
保育所選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。
教育費をうまく減らし、少しでも家計の負担が減らせると嬉しいですね。
東大阪で注文住宅をお考えの方は、当社までぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*