東大阪市で子育て中の親御さん必見!東大阪の学童についてご紹介します!

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行なっている城戸産業です。

みなさんの中には、東大阪に学童はあるのか、あるとしたらどこで利用できるのか疑問に思っている方もいますよね。


そこで今回は、東大阪の学童の実態について解説します。

□学童の種類

東大阪の学童には市営と民営の2種類があります。
ここでは、その2つの違いについてご紹介します。

*市が営む学童

対象は小学生で、主に安全確保、遊び、おやつなどを提供します。
開設時間は通常は放課後から18:30まで、土曜日は8:30から〜17:00までです。
長期休業日は、8:30から18:30までです。
児童の退室は原則17:00までとなり、それ以降の延長には保護者のお迎えが必要です。
学童は日曜日と祝日、年末年始、災害時またはその恐れがある場合は休みです。
次に、お金に関してみなさん気になりますよね。
学童は、児童1人につき月額6,500円必要です。
また、土曜日を希望する方は別途1,000円かかります。

*民間の学童

民間の学童は、事業者によって制度もさまざまです。
対象は主に小学校低学年ですが、事業者によっては乳児や高学年も受け付けています。
活動内容は市営と同じです、しかし事業者によってオプションがあります。
活動時間は主に、18:00まで、日曜日、祝日、年末年始、お盆が休みとなります。
気になるお値段ですが、約10,000円〜となります。
ここでご紹介したのは、あくまで目安のため、詳しい内容は事業者にご相談ください。

□どちらが良いのか

民間の学童のメリットは、保護者の要望によってさまざまなオプションをつけられるところです。
また、市が運営する学童よりも、預かり時間が長いことも特徴です。
しかし、その分民間の方が市に比べて、費用がかかります。
そのため、それぞれの家庭が自身の生活スタイルにあった学童を探すことが重要です。

□まとめ

今回は東大阪の学童についてご紹介しました。
市営と民営の違いやそれぞれのメリットについてご理解いただけましたか。
東大阪市に住もうとお考えの方は、当社までお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*