東大阪市の交通利便性ってどうなの?詳しく解説します

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。
「東大阪って繁華街にアクセスしやすいのかな?」
「東大阪の電車事情や高速道路について知りたい。」
このように、東大阪の交通利便性について疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
大阪の下町として知られている、活気あふれる東大阪市ですが、交通利便性の高さも他の地域に負けていません。
今回の記事は、東大阪市の交通利便性を解説します。


□東大阪市の交通に関わる特徴

*電車

東大阪市は、乗換駅を含め26の駅を保有しています。
その中の駅の1つに布施駅があります。
布施駅は、東大阪市で乗車人数が最も多く、人気のある駅です。
難波駅と奈良駅を結ぶ近鉄奈良線だけでなく、JRおおさか東線もあります。
2019年3月16日より、JRおおさか東線の放出駅から新大阪駅区間が開業したため、東大阪市内の5つの駅から直接新大阪駅へ行けるようになりました。
そのため、市内鉄道網がさらに使いやすくなったでしょう。

*車

東大阪市は、多くの高速道路も整備されています。
大阪市、大東市、八尾市、奈良県の生駒市、生駒郡平群町に隣接しています。
そのため、車での移動にも便利でしょう。

□東大阪市から梅田や神戸、空港までの所要時間

*梅田や難波

東大阪市から梅田や難波までは電車を使うと約25分で行けます。
ショッピングをしたい時やご飯を食べに行きたい時にすぐに行けるでしょう。

*神戸や京都

神戸三宮や京都までは電車に乗って約60分で行けます。
このぐらいの所要時間であれば、通勤や通学も問題ないでしょう。

*空港

関西国際空港までは電車を使用すると75分、リムジンバスで約55分程度かかるでしょう。
また、大阪空港までは電車とモノレールでは約60分で行けます。
旅行の時も飛行機を気軽に使用できるので非常に便利ですね。
また、豊中市の大阪空港駅から門真市の門真市駅を繋ぐ、モノレールが東大阪市の瓜生堂まで南進することが予定されています。
2029年開業を目指しています。
今後もさらに交通網が発展して、住みやすい町になるでしょう。

□まとめ

今回は、東大阪の交通利便性についてご紹介しました。
東大阪市は、交通整備が整っているので移動がスムーズでしょう。
河内小阪駅から難波駅までは15分で到着できます。
商店街やスーパーもあり、買い物に便利ですね。
大阪府に住むことを考えている方は、東大阪市を候補の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*