家の中がどこでも快適!全館空調システムの特徴を解説します!

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「そろそろ自分の家を建てたいな」
「快適に過ごせる家にしたいな」
近頃、自分の家を持ちたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


せっかく自分の家を購入するなら、快適に過ごせる家にしたいですよね。
家の中の温度を快適にする設備として、全館空調システムというものがあります。
この記事では、全館空調システムの特徴を紹介します。

□全館空調システムとは?
多くの家で一般的な個別空調では、それぞれの部屋にエアコンなどの暖房器具を設置して室温を調整します。
一方、全館空調では1台の空調設備で家中の室温を調整します。
リビングや寝室、居室だけでなく、一般的に冷暖房をすることが少ない廊下や洗面所なども快適な温度にできます。
室内での温度変化が小さいため、高齢者のヒートショックによる死亡事故の防止にもつながります。

□メリット
全館空調には以下のようなメリットがあります。

*家中どこにいても快適
夏場は家中涼しく、冬は家中暖かくできます。
夏に2階に上がるときに不快な暑さを感じたり、冬にお風呂に入るときに凍るような思いをしたりしなくて済むので、とても快適ですよね。
冷え性の女性などにもぴったりのシステムです。

*吹き抜けに最適
吹き抜けのように開放的な間取りになっている場合、暖かい空気が吹き抜けを通じて上に逃げてしまうため、暖房効率が下がってしまいます。
しかし、全館空調では床から天井まで一定の温度に保てます。
そのため、開放的な間取りを検討中の方にはとてもおすすめです。

□デメリット
一方、以下のようなデメリットがあります。

*光熱費がかかる
24時間家中を冷暖房するため、個別空調より光熱費がかかってしまいます。
しかし、最近は家の断熱性能を極めて高くするなどの対策で個別空調と大きな差はなくなりつつあります。

□まとめ
以上、全館空調システムの特徴について紹介しました。
家中どこにいても快適なので、寒さや暑さに不快な思いをせず過ごせます。
快適な家にしたいとお考えの方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。
当社では、お客様に満足していただける住宅をご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*