東大阪には魅力がいっぱい!東大阪の伝統工芸を紹介します!

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「東大阪に移住してみようかな」
「東大阪ってどんなところなのだろう」

東大阪に住んでみたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
東大阪はものづくりが盛んな町であり、多くの伝統工芸が存在します。
この記事では、東大阪の伝統工芸についてお話しします。


□東大阪の伝統工芸、それはネジ

東大阪の伝統的な産業として、ネジ生産があります。
大阪府はネジの生産が全国1位であり、生産量は他の都道府県に比べ群を抜いています。
特に東大阪にはメーカーが集積しており、「ネジといえば東大阪」といわれるほどネジ産業が発達しています。
ネジは、材料の金属を細く伸ばして作られます。
東大阪にはこの伸線加工の技術が昔から発達していました。

*ネジ生産の歴史
江戸時代にかんざしを生産していたときに、材料の銅を水車の動力で伸ばす技術が生まれました。
その後、鉄が普及すると銅より硬い鉄を伸ばすために電気を動力として伸ばす技術が発展していきました。
第一次世界大戦が始まると、鉄線の需要が大きくなり東大阪は伸線加工産業が盛んになります。
その後、機械産業が発達していくにつれネジの生産も盛んになり、昭和になる頃にはネジの一大産地となりました。
そして、高度成長期になると国内の自動車や家電向けの需要が大きくなりネジ産業は最盛期を迎えました。

*ネジ生産の現在
現在では、海外の安価なネジの台頭により衰えつつありますが、それに対抗するために「緩まないネジ」のような高性能なネジの開発が取り組まれています。
東大阪の高性能なネジは新幹線にも採用されており、海外からの発注も絶えないそうです。

□まとめ
以上、東大阪の伝統工芸について紹介しました。
東大阪では国内や海外で活躍するネジが盛んに生産されています。
ネジ以外にもものづくりが盛んな東大阪では、様々な製品が生産されています。
東大阪に興味を持たれた方は一度移住を考えてみてはいかがでしょうか。
当社では、お客様に満足していただける住宅をご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*