小屋(屋根)裏収納とロフト、どちらが使いやすい?

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

小屋(屋根)裏収納とロフト、どちらを使おうかお悩みの方はいらっしゃいますか。今回は、小屋(屋根)裏収納とロフトの特徴、またどちらが使いやすいかについてご説明します!


□小屋(屋根)裏収納の特徴

小屋裏収納は、別名「グルニエ」と呼ばれます。
屋根と天井の間に位置している小部屋です。
一般的に収納スペースとして使われることが多いです。
小部屋としても、収納スペースとしてもご利用していただけます。
また、小屋裏収納は部屋にはしごが繋げられます。


はしごは、取り外し可能なものであったり、折りたたみ式であったり、収納できる場合が多いです。


□ロフトの特徴

ロフトも同じように、部屋の上部分を収納スペース、また小部屋として使うことができます。
ロフトが小屋裏収納と違う点は、部屋の一部分を2階建てのように区切っていることです。
また、はしごは固定式で収納できないタイプのものが多いです。
また、天井の高さは1.4メートル以下で、床面積が下の階の半分以下のものであるものがロフトと呼ばれます。

それ以上のものになると2階として扱われます。

□どちらが使いやすいか

では、小屋裏収納とロフトではどちらが使いやすいのでしょうか。
小屋裏収納は、はしごを取り外し、また折りたためます。
そのため、部屋の面積が増えます。
部屋を広く使いたいという方は、小屋裏収納にすることをおすすめします。

また、ロフトは階段が固定されているため、すぐに移動することができます。
ロフトを頻繁に使用する方でしたら、ロフトにすることをおすすめします。

□まとめ

今回は、小屋裏収納とロフトの特徴、またどちらが使いやすいかについてご説明しました。
はしごが固定されているかいないかという違いが大きな特徴ですので、使う頻度や部屋の広さの好みによって、ロフトにするか小屋裏収納にするかを決めましょう。

東大阪市で新築一戸建てをお探しの方は、ぜひ当社にお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*