東大阪市が支えるFC大阪!気になるリーグ戦の成績は?

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


東大阪市をホームタウンとしたことで注目を集めているFC大阪。
今後の活躍が期待される彼らについて、気にされる方の数はますます多くなってきています。
今回は、そんなFC大阪のチーム・リーグ成績についてお伝えします!!

□FC大阪

FC大阪は、1996年に設立されたチームです。
大阪から3番目のJリーグ参入を目指しているプロサッカークラブで、昨年はJFL(日本フットボールリーグ)参戦4年目で過去最高の2位でした。
また、昨年末から東大阪市をホームタウンにJリーグ参入に向けて準備を進めています。

さらに、関連組織に女子サッカーチームのFC大阪CRAVO、50歳以上を対象としたシニアチームのFC大阪VIDA、育成組織としてのブラジル支部があります。

□今までの成績

2011年、大阪府リーグ1部で3年連続4度目の優勝を果たしました。
その後、関西府県サッカーリーグ決勝大会で優勝し、関西サッカーリーグで2部に昇格しました。
その後も連勝し関西リーグ1部へ上がり、そこでも優勝を果たしましたが、2013年の第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会はまさかの1次ラウンドで敗退の結果となりました。しかしそれでもめげずに粘り続け、翌年の第38回全国地域サッカーリーグ決勝大会で準優勝を勝ち取りました。
2014年にはJFL入会が承認され、2018年の成績は過去最高の2位に。
現在では次のステップであるJリーグ参戦に向けて成長し続けています。

□Jリーグ参入に向けて

FC大阪は、Jリーグ参入に向けて昨年11月、東大阪市をホームタウンとする協定を締結しました。
この協定の締結によって、東大阪市はFC大阪と相互に連携、協力してスポーツを通じた街づくりに取り組んでいきます。

□まとめ

今回は、FC大阪のこれまでの成績を中心にお伝えしました。
大阪人にとってFC大阪の試合はこれからも目が離せないものとなっていくことでしょう。
Jリーグ参入に向けて本格的に動き出しているFC大阪。
今後の彼らの活躍が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*