東大阪市は印象が悪い?治安が悪いのは誤解!

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

みなさんは東大阪市にどのようなイメージをお持ちでしょうか。


「東大阪は治安が悪いから良い印象がない」
「とにかくうるさいイメージ」

など、あまり良いイメージをお持ちの方は多くはいないのではないかと思います。

しかし、結論から言って東大阪市=治安が悪いというのは誤解です。

今回は、そんな東大阪市の治安が悪いと言われてしまう原因、実際の様子をお伝えします!

□東大阪市の基本情報

大阪府の中央あたりに位置し、人口は約50万人で大阪市、堺市に次いで府内3位です。
ラグビーの町としても有名で、全国高校ラグビー大会(花園)の地として毎年盛り上がりを見せています。
マスコットキャラクターのトライくんは、2017年のゆるキャラグランプリで「ご当地部門」で3位に入賞し、愛されています。

□東大阪の治安が悪いのは過去の話

東大阪は昔ながらの街並みで治安の悪いイメージを持たれがちですが、最近は治安改善の動きがあり、電灯や道の舗装など、街づくりに積極的に取り組んでいます。
また、今年開催されるラグビーワールドカップの開催に向けて、開催地の花園を中心に道を広くしたり、明るいイメージに変わってきています。

□実際に東大阪に住んでいる人の声

「駅近くは夜も明るくてにぎわうので夜道は一人でも歩ける。」
「夜は警察のパトロールも多くて安心。」
「近鉄額田駅付近は閑静な住宅街ですごしやすい。」
などの声が多くあり、実際には東大阪市で安心して生活を送っている人がほとんどです。

□まとめ

今回は、東大阪市の治安についてお伝えしました。
大阪に住む人は特に東大阪市は昔の治安の悪いイメージが強く残っている方もいるかもしれません。
しかし、今の東大阪市は治安の良さの向上に努めており、以前より住みやすくなったという声も多くあります。
そのため、今後は東大阪市の治安の悪いイメージは徐々になくなると考えられます。

今回の記事が、今後のお住まいの情報の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*