東大阪市のゴミの分別方法を徹底解説します!

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


地域住民の方とうまく付き合っていくためにはその地域のルールを守ることが大切です。
ゴミの分別、収集はその代表的なものではないでしょうか?
今回は東大阪市のゴミの分別方法をご紹介します。

□燃えるゴミ
家庭ゴミとも言われる燃えるゴミには台所ゴミとその他に分けられます。

*台所ゴミ
料理のくず、残飯、割り箸、食用油などです。
よく水を切って捨てましょう。
食用油は紙に染み込ませる、もしくは固める必要があります。
先端が尖っていて危険なごみは厚紙などで包みましょう。

*その他
その他には皮革類、ゴム、紙おむつなどが含まれます。
紙おむつは汚物を処理して捨てるよう心がけましょう。

地域によって決められた曜日で週に2回回収されます。
所定の場所に午前9時までに出します。

□あきかん、あきびん
飲料や調味料などのあきかん、あきびんです。
大きさの指定は一斗缶の半分くらいの大きさまでです。
びんの場合は必ずキャップを外すようにしましょう。
注意が必要なのはスプレー缶で、中身を完全に使い切るか、残っている場合は専用の器具を使いましょう。
捨てることができないものは、耐熱ガラス・コップ、ガラスの置物、板、薬品のびんです。
月2回決められた水曜日の午前9時までに決められた場所に出してください。

□燃えないゴミ
燃えないゴミの定義は金属類、ガラス類、陶器類、小型の電化製品の1辺が30cm以下なものです。
月2回決められた水曜日の午後1時までに決められた場所に出してください。

□プラスチック製包装容器
プラというマークのついた商品を入れたり包んだりするための容器がプラスチック製包装容器です。
週1回決められた曜日の午前9時までに決められた資源ステーションに出してください。

□ペットボトル
飲料や調味料のボトルでPETというマークがついているものが対象です。
月2回決められた水曜日の午前9時までに決められた資源ステーションに出してください。
キャップとラベルは外し、プラスチック製容器包装として廃棄しましょう。

□おわりに
東大阪市でのゴミの分別方法がお分かりいただけましたでしょうか?
ゴミの分別方法は地域によっても違いますし、同じ地域でも変更になることもあります。
ご自分の地域ではどのようになっているかを知って、快適に暮らしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*