近大付属校のOB・OGがすごい!その一部をご紹介します!

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


東大阪市が誇る近大付属校といえば、高等学校は偏差値60を超える難関校です。

加えて甲子園常連の野球部を筆頭に、スポーツの強豪としても知られている文武両道な学校です。
プロスポーツ選手から、テレビで活躍するタレントまで、同校には著名な卒業生が数多くいらっしゃいます。
ここでは、多数の近代付属校出身の著名人の中から3人をピックアップしてみなさんにご紹介します。


□高野綾(水泳選手)

近大付属校には伝統と実績ある水泳部があるのをご存知ではないでしょうか。
同校水泳部は30年以上の歴史を誇り、オリンピック選手となったOB・OGもたくさんいらっしゃいます。
高野綾選手もその一人です。
彼女は近大付属高校に進学後、メキメキと頭角を現しました。在学中の2011年に夏季JOCジュニアオリンピックにて18年ぶりに高校新記録を更新するなど、輝かしい成績を残しました。
同校卒業後も、ロンドンオリンピックで女子800mリレーに出場するなど、大いに活躍しています。


□原田茂(バスケットボール指導者)

原田茂氏は、同校から日本体育大学に進学後、樟蔭東高等学校(現アナン学園高等学校)に赴任し、全国大会でのタイトル獲得に貢献しました。
その後赴任した樟蔭東女子短期大学(現樟蔭東短期大学)ではインカレ優勝に導きました。
その後も日本バスケットボール協会理事や、大阪府バスケットボール協会会長に就任するなどの活躍をみせました。


□小藪一豊(お笑いタレント)

現在、数多くのレギュラー番組を抱えながら、吉本新喜劇の座長も務め、さらにドラマに出演するなど活躍をみせている小藪一豊さんも近大付属高校出身です。
高校時代は、成績が1098/1100番だったこともあったそうですが、巧みな話術と笑いのセンスから、人気者だったようです。
同校卒業後には、NSCに入り、現在の活躍に至ります。

□終わりに

このように同校では多方面に活躍されている著名人がたくさんいらっしゃいます。ここで紹介した方々は、近大付属校出身の著名人のほんの一部です。
スポーツ界を中心に、多種多様な分野で活躍する著名人を数多く輩出していることが同校の魅力のひとつと言えるのではないでしょうか。
東大阪市は近畿大学を筆頭に活気のある市となっています。東大阪に住めばもしかすると著名人に会えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*