東大阪市“つどいの広場”とは?特集でお伝えします!

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


「子育て中だけど、わからないことが多い、、、」
「子育てに関する悩みを、気軽に相談できる場所がほしい、、、」
こんな悩みや要望を、子育て世代の親なら誰もが抱えているのではないでしょうか。
東大阪市には、そんな悩める保護者の方々のために“つどいの広場”という交流の場が何か所も設けられています。
そこで今回は、その“つどいの広場”について、ご紹介します。


□つどいの広場とは

“つどいの広場”とは、「主に0~3歳くらいの乳幼児とその保護者が、いつでも気軽に自由に利用できる集いの場」をめざして提供された場であり、以下のことを行っています。

・子育てに関する不安や悩みの相談の受け付け
・育児や子育てに関する情報提供
・子育てや子育て支援に関する講習等の定期的な実施

※保育施設ではないので、お子さんを預けることはできません。
地域の子育て中の親が安心して子育てができる環境を整備し地域の子育て支援機能の充実を図ることも目的としています。

□運営主体

小さなお子さんと利用するにあたって、運営主体は気になりますよね。
“つどいの広場”は、東大阪市の委託を受けた、子育て支援NPO法人コミュニティワークが開設しています。
コミュニティワークとは、「子育てに不安を感じたり悩んだりといった保護者の方々が育児等の不安・悩みを抱えこんでしまうことで乳児虐待につながるケースを少しでも減らし、子どもたちが健やかに育つ保育環境を構築するとともに、子どもを取り巻く地域住民とのコミュニティを重視し、地域福祉を推進する」ことを目的として設立された法人です。
東大阪市の委託を受けて開設されているため、保護者の方々は安心してご利用できるのではないでしょうか。

ちなみに現在、東大阪市内18カ所あります。

□最後に

今回は“つどいの広場”の概要をご紹介してまいりました。
子育てにお悩み中の方は、ぜひ一度、お近くの“つどいの広場”へ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*