一戸建てで失敗しない家事動線の考え方は?東大阪のプロが解説!

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

家事いろいろ
家の間取りを考える際によく言われるのが家事動線で、家の中での家事の通り道を指します。
一見そこまで重要ではないようで、失敗するととても暮らしが不便になってしまうことから、家づくりの落とし穴になっています。

特にお子さんのいるご家庭では、家事に手を取られるあまりお子さんとの会話が減ってしまうなんてこともあり得ますので、気をつけておく必要があるのです。

■洗面・キッチン・ベランダの動線
家事をする時に最もよく通るのが、洗面、キッチン、ベランダの3か所です。
洗面所は洗濯機を回すときに、キッチンは料理、ベランダは家庭によって多少違いがあるかもしれませんが、洗濯物を干すときに使うとします。
この3か所をつなぐ動線が家事動線で、この利便性を良くしないと生活が不便になってしまうのです。

具体的な例を挙げると、洗面所からベランダに洗濯物を干しに行くときにリビングのテレビの前を通ってしまい、家族と揉めることになる。
他には、ベランダと洗面所は近いがキッチンだけ離れているため、料理中に他の家事ができないなど。

洗面所とキッチンとベランダの位置関係によって、家事の効率が悪くなってしまうという事例が起きるのです。

■家事動線のポイント
それでは実際に家事動線を良くするにはどのような配置にするのが良いのでしょうか。
理想としては、3か所が動線の一直線上にあって距離がそこまで離れていない方が良いので、全て一つのフロアにあることがおすすめです。

ただし、物干し場をキッチンや洗面所と同じフロアに設置するのは難しいこともあるので、物干し場は別フロアになっても構いません。
そして、洗面所から物干し場にかけての動線上にキッチンをおくことで、いつでも料理できるようにしておきます。

若草町1号地
キッチンが物干し場と洗面所の間にあることで、料理を火にかけても放ったらかしてしまうということが起こりにくくなりますし、洗濯と炊事を同時進行で行えるので効率的です。
あとは、洗面所から物干し場までの通路をなるべく通りやすくしておいて、通路を確保しておくとストレスなく洗濯物が干せます。

一戸建てにおける家事動線は、キッチンと洗面所とベランダの配置がポイントになってきます。
キッチンの向きやベランダの出入口を変えることで家事の仕方も変わってくると思うので、一戸建ての家を建てる際には考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*