会話不足にならない間取りを設計する際の注意点は?東大阪のプロが解説

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

打合せ制限なしの自由設計
新築の家を建てる際に考えなければいけないのが、間取りについてです。
家の間取りをどうするかによって家の中での暮らし方は変わってきますし、設計の仕方によっては生活に良くない影響が出てしまいます。

特に、お子さんの成長に合わせて、家を建てる場合には成長に悪影響が出ないような家にしておきたいものです。
どうすればお子さんの成長に合わせた家づくりができるのでしょうか。

■会話不足になりやすい間取り?
お子さんの成長過程における家庭での一番の問題は会話不足です。
子どもが成長して自分で何でもできるようになるのは嬉しいことですが、家族と一緒にいる時間が減り、会話がなくなってしまうのは残念ですよね。
そこで家の間取りを少し工夫してお子さんとの会話不足を防ぐようにしましょう。

家の間取りで一番良くないのは、玄関からお子さんの部屋までが一直線につながっていて、一切家族に顔を見せずに部屋に入れてしまうことです。
また部屋が家の間取りの中の一番奥にあり、ご両親も部屋に立ち寄りづらい間取りと言うのは、自然とお子さんとの距離を作ってしまいます。
それではどのような間取りにすれば良いのでしょうか。

家族だんらん
■家族が顔を合わせる間取り

対策の一つ目は、お子さんが部屋に入るまでに家族と顔を合わせる場所を作っておくことです。
具体的には、お子さんの部屋にはリビングを通らないとと入れないようにしたり、階段をリビングの中に設置することで人の行き来を多くしたりすることが挙げられます。
部屋に行く前に少しリビングに立ち寄る用事を作っておくことも、コミュニケーションのためには良いかもしれませんね。

二つ目は、お子さんの部屋を玄関から近いところに設計することです。
これはお子さんの部屋を家の手前に置くことで、奥のリビングに行きたくなるという効果を狙っています。

やはり、自分の部屋がリビングよりも奥にあったり二階にあったりすると、リビングで食事をして部屋に帰るといった感覚になってしまうので、あえて部屋を手前にすることで、部屋で少し荷物を置いてリビングに戻るという感覚を作り、家族が部屋に集まるという習慣ができます。

マイホームでお子さんと暮らす期間は短くて貴重な期間です。
明るく楽しい家庭を築くためにも家づくりを工夫してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*