掃除のしやすい部屋のポイントって?掃除が苦手な方こそ必見です

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

illust3446
「いつも部屋が散らかりがち。」
「掃除はできるだけ短時間で済ませて綺麗な状態を保ちたい!」
こんなふうにお考えの方は多いかと思います。いつも綺麗な部屋を保つには収納を増やすという手段もありますが、比較的掃除が苦手な方には、そもそも掃除を短時間に済ませる、掃除のしやすい部屋にあらかじめ設計しておくことをオススメします。

そこで今回は、掃除のしやすい部屋のポイントをご紹介します。

◆アクセスしやすくする
掃除を短時間に済ませたいというあなたは、掃除があまり好きではないかと思います。掃除をする時間が必要最低限にできたら嬉しいですよね。

収納を増やすのは増やすのでエネルギーがいりますし、いちいち収納に物をしまうのは面倒だと思う方もいるのではないでしょうか。
そこで、ご自身の生活シーンに合った動線に収納があるような間取りをおすすめします。

DSC01318
例えば、こちら弊社の過去のモデルハウスでいえば、階段横のクローゼットに掃除機などを掃除道具を置くイメージです。
生活動線からすぐ近くに収納があるような間取りを採用することによって、必要動作のついでに片付ける、そして必要があればすぐに物を取り出すことができるようになります。これならば物が散らかるリスクが減ると思いませんか?

◆バリアフリーにする
掃除機をかける際にいちいち物に当たってしまったり、物を避ける必要があったりして億劫だという経験はありませんか?確かに掃除をする際に毎度、障害があるとやる気があがりません。

そこで、バリアフリーを意識した家にすることが有効です。バリアフリーというと老後のイメージが強いかもしれませんが、例えば段差が減ることによって掃除が楽になります。

また、部屋それ自体の形を複雑でないものにし、レイアウトもシンプルにしておくことがオススメです。確かにおしゃれなレイアウトは魅力的ですが、長期的に住む場合などは掃除のしやすい部屋であるかという観点からよく考える必要があります。

◆まとめ
今回は掃除のしやすい部屋をつくるポイントをご紹介しました。掃除が比較的苦手な方に向けて一般的な掃除術とはまた別の観点からお伝えしました。気になった方は是非、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*