新築一戸建ての費用について徹底解説!頭金で考えるべきこととは? 

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

ついに念願のマイホームを手に入れられる!けれども子供の養育費や、自分たちの老後のことを考えると、無駄なお金は使いたくない。
そう思ってはいませんか?

そんな人の中には「新築一戸建ての購入に必要な費用で頭金というのがでてきたけど、よくわからない」という方から「なるべく頭金を多く用意できたらお金を節約できるのだけれど。」という方まで様々でしょう。
そこでこのコーナーでは「頭金」について基本的なことから応用までじっくりお伝えしていきます。

214-1
■頭金は払うべき?
頭金とは、家を購入する際に、ローンに頼らず現金で払うお金のことです。
その後でローンを利用することになっても、勿論、その部分に利子はかかりません。
利子が少なくなる分、家の購入にかかる費用が下がるというわけです。
頭金を多めに支払っていれば、利子もその分少なくなり、お得になります。

214
■最近では払わない人も!

多くの人は頭金として物件価格の2割程度の額のお金を支払っています。
それには、頭金を入れることにより、支払うお金が少なくなる以外の理由があります。
例えば頭金を支払うことにより、審査に通りやすくなるようです。
(支払額が結果的に少なくなるのでその分無理がない返済ができるため)

このように支払うといいことが多い頭金ですが、最近では支払わない人も増えています。
というのも。最近は住宅ローンの金利がだいぶん下がったために、実際支払う額がさほど変わらなくなったからです。

さらに中にはこんな人もいます。住宅ローンというのはある意味投資。
そこで頭金の額を減らし、それによって生まれたお金で投資をするのです。
それにより稼いだお金で住宅ローンを返済するという具合です。

■まとめ
いかがでしたか。頭金を支払うことにより、家のため払うお金を減らせるということと、場合によっては頭金を入れないというのもありだ、というお話をしました。
難しいところではありますが、参考にしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*