諸経費ってどれくらいかかる?

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回は、住宅購入の際にかかる「諸経費」についてご紹介したいと思います。

■諸経費って何? いくらかかるの?

住宅を購入するにあたっては、土地代・建物代の他に、「諸経費」が掛かります。

この諸経費は、新築物件なら購入価格の約3%〜7%、中古物件なら約6%〜10%かかると言われています。

つまり、3,000万円の家を購入する場合、住宅ローン以外に90万円〜210万円の費用がかかる、ということになるんですね。

例えば、土地・建物代の総額3,000万円を35年ローンで購入された場合、諸費用は弊社の場合だと約120万円です。

では早速、これら諸経費の内訳を見ていきましょう。

■諸経費の種類は大きく分けて三つ

● 売買契約関連
○ 司法書士報酬(約35万円)
○ 各種登記費用(約10万円)
○ 売買契約にかかる印紙代(約1万円)
● ローン関連
○ ローン事務代行手数料(約10万円)
○ 銀行事務手数料(約3万円)
○ 銀行保証料(約60万円)
○ 住宅ローン契約書印紙代(約2万円)
● 税金関連
○ 固定資産税(引き渡し時期にもよりますが約5万円)

これらの合計で約120万円となります。

またこうした諸費用の他にも火災保険への加入などが必要になります。

(火災保険は住宅ローンによって加入しておくべき内容が異なるので、詳しくは弊社営業、もしくは銀行の住宅ローンご担当者様へご確認ご相談くださいね)

諸経費や保険料は意外と見落とされがちな部分ですが、決して小さな額ではありません。

引っ越し費用や新居用の家具家電などにもお金はかかります。

これらの費用についても予めきちんと把握し、ある程度のゆとりを持ってマイホーム購入計画を進めていきましょう。