スタッフ紹介「岡 編」

こんにちは! 城戸産業の岡です。

アフターサービスなどの業務を担当させて頂いております。

今回はスタッフ紹介ということで、自己紹介をさせて頂きますね!

■「ありがとう」の一言でモチベーションが急上昇

お仕事をさせて頂いている中で一番嬉しいのは、月並みかもしれませんが、お客さまから「ありがとう」の言葉を頂いた時です。

ご満足いただけた、喜んで頂けた、と思えると、それだけでモチベーションが急上昇します(笑)

■全てはお客さまのために! コミュニケーション重視

どんな現場でも、コミュニケーションを大切にすることは、特に心がけています。

お客さまとのコミュニケーションを大切にするのはもちろん、工事中は、近隣住民の方々としっかり挨拶する、仲良くする、ということも重視しています。

大きな音や工事車両で、ご迷惑をおかけすることもあるので…。

今後そこで暮らしていかれるお客さまのためにも、ご近所との関係は良好に保ちたいと思っています。

その甲斐あってか、20年経っても名指しでお電話をくださるお客さまもたくさんおられて、ありがたい限りです。

■休日はなるべく家族と

休日は、なるべく家族との時間を大切にするよう心がけています。

子供や妻と一緒に、映画やショッピングを楽しんだりすることも多いですね。疲れて昼寝している間に日が暮れてしまう、という日もありますが…(^^;)

一番最近家族で観た映画は「新解釈・三国志」です。面白かったですよ。

■アフターメンテナンスはおまかせ!

弊社で家づくりをされたお客さまとは、お引渡し後、長く長くお付き合いさせて頂くことになります。

その際はお気軽に何でもご相談くださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

台風シーズン到来! 対策とメンテナンスは!?【3】

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回も前回に引き続き、家のメンテナンスのお話です。

■信頼できるお店で定期的なケアを

一般的に、外壁のメンテナンスを行う目安は10~15年です。

とはいえ、キッチリ10年ごとにメンテナンスをする、という方はそれほど多くはありません。中には、雨漏りして初めて…という方もおられます。

しかし、するべきメンテナンスをせずに放置していると、家が傷んでしまう他にも、思いもかけないデメリットが…。

■悪質なマッチポンプ業者に注意

梅雨や台風の時期、大きな災害が起こった直後などは、人の不安を煽って営業する悪質な修理業者(?)が増えます。

「無料で屋根の点検をしますよ」

と言って人様の家の屋根に登り、自分で瓦を割ってその写真を撮り、修理を迫る…といった質の悪いマッチポンプ商法です。

屋根や外壁の修理・メンテナンスは、できるだけ地元の信頼できる業者で、定期的に依頼するのが安心です。

そうすることで、悪質な業者に付け込まれる心配もかなり軽減されるでしょう。

■屋根や外壁のメンテナンスは安くはない、だからこそ…

屋根・外壁のメンテナンス費用は、決して安いものではありません。また、放置している期間が長ければ長いほど、傷んでいる箇所も増え、修正費用もかさみます。

ギリギリまで放置するのではなく、計画的に必要なメンテナンスを行なってくださいね。

台風シーズン到来! 対策とメンテナンスは!?【2】

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回も前回に引き続き、台風対策やメンテナンスのお話です。

■盲点! 屋根裏収納の窓の閉め忘れで雨漏り

過去に実際にあった事例なのですが、屋根や外壁に何の問題もないはずなのに、台風で階下が水浸しになってしまった…、ということがありました。

後から調べてみると、原因は、屋根裏収納部屋の小窓の閉め忘れでした。

家の中に大量の水が入ると、カビなどの原因になり、家に大きなダメージを与える結果に繋がりかねません。

台風などの時、日常的に開け閉めする窓はキッチリ閉めるものですが、いつも開けっ放しにしている窓は、存在そのものを忘れて、盲点になりがち。

台風や大雨の前は、全ての窓がきちんと閉まっているかどうかを、改めてチェックしましょう。

■定期的なメンテナンスが被害を軽減してくれる

屋根や外壁は、暑さ、寒さ、水、直射日光などに常に晒されていて、その環境は過酷です。当然のことながら、年数が経つと防水性能も落ちてきます。

だからこそ、定期的なメンテナンスは必須!

定期的に防水機能のメンテナンスを行っていれば、家の中に水が入り込むリスクを軽減でき、家の寿命を伸ばすことができます。

しかし逆にメンテナンスを怠ると、水が家の内部にまで入り込み、カビや腐敗、シロアリの原因に…。家は傷み、寿命が短くなってしまいます。

特に台風の季節は、雨が上からだけでなく、横や下から叩きつけられる事もあります。思いがけない場所からの雨漏りが多い季節です。

■次回は計画的なメンテナンスのメリットについて

次回は、計画的にメンテナンスを行うことのメリットについてご紹介します。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうござました。

>>3に続く

台風シーズン到来! 対策とメンテナンスは!?【1】

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今年も台風シーズンが到来しましたね。

そんなわけで今回は、台風対策とメンテナンスのお話をご紹介したいと思います。

■いくら備えても防げない被害もある…だからこそ保険が大事!

台風の前には、どこのお家もそれなりに備えをしますよね。

雨戸を閉めたり、飛ばされそうなものを予め家の中にしまったり、備蓄をしたり、避難用の持ち物を揃えたり…。

しかし、いくらそうして備えていても、防げない被害もあります。

ガラスが割れる、屋根が飛ぶ、思わぬところから雨漏りがする…等、どうにもならない被害が、出る時は出るもの。築年数が浅くても古くても、それは変わりません。

そんな時に大事なのが、保険です。

最近の保険の種類や補償内容は、実に多種多様です。

被害額の半分しかカバーできないようなものもあれば、雨漏りでダメになった家財道具の補償までしてくれるような手厚いものもあります。

重要なのは、ご自身が入っている保険の内容をきちんと把握しておくこと。

「保険には入っているけど、補償内容はよく覚えていない」という方は案外たくさんいらっしゃいます。

いざという時、加入していた保険では必要な修理が出来なかった、なんて事にならないためにも、一度、現在加入されている保険の内容をしっかり見直してみるのも良いのではないでしょうか?

>>2へ続く

とっておき家づくり事例「ワンちゃんハウス」

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

城戸産業の家は、標準仕様でもかなり設計の自由度が高く、あれこれオプションをつけずとも、基本的にはご満足いただけるようになっています。

しかし多彩なオプションを駆使することで、さらに個性的な家づくりをすることが可能に。

今回の事例では、「ワンちゃんのために!」をコンセプトに家づくりを行ったモデルハウスをご紹介します。

■ワンちゃんのための工夫が満載! 名付けて「ワンちゃんハウス」

こちらのモデルハウスは、ワンちゃんと飼い主さんが快適に暮らすための工夫が満載です。

お散歩から帰ってすぐに足を洗い流せる足洗い場スペースや、ワンちゃんウォッシャー付きの洗面化粧台。

ワンちゃん専用くぐり戸や、ドッグランスペース。

リードフックも2ヶ所に設置しました。

愛犬家にとっての「あったらいいな」をふんだんに詰め込んだ夢のマイホームです。

■あらゆる家づくりの夢、その実現に向けて

家づくりにおいて、「自由設計」「フリープラン」を謳っていても、実は全くフリーじゃなかった、決まりきったいくつかの中から選ぶことしかできなかった、というトラブルは、残念ながらまだまだ多くあります。

しかし城戸産業の設計士は「同じ家は建てたくない」と断言するタイプ。

なぜなら、家族によって、ぴったりフィットする家は本来それぞれ異なるからです。

どんなご要望も、まずは一度全てお聞かせください。

お客さまの夢の実現のため、設計士・スタッフが、親身に対応させていただきます!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

城戸産業のアフターサービス&メンテナンス

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回は、城戸産業のアフターサービスやメンテナンスについて、ご紹介したいと思います。

■基本は「まず駆けつける」

城戸産業は長年地域に密着し「一生のお付き合い」をすることを前提に家づくりを行っています。だから、アフターメンテナンスも基本は「まず駆けつける」がモットー。

これは、城戸産業の強みでもあります。

地元なのですぐ行ける、すぐ直せる。その場で直すのが無理でも、こちらでメーカーや工務店に工事を手配するなどして、極力お客さまに負担がない形で不具合を解消します。

世間には、メーカーに電話しても「売主に言え」と言われ、売主に電話すれば「メーカーか工務店に言って」などと、たらい回しにされる例もありますが、そういう対応は、お客さまにとっては本当にストレスですよね。

城戸産業の場合は、外部への手配が必要でも、お客さまが上手くやり取りできないようであれば、間に入って橋渡しも行います。

■20年経ってもアフターサービス担当者に名指しの電話

地域のお客さまと密接に係わってきた城戸産業では、家が建ってから20年が過ぎても、家に何かあれば、お客さまからご連絡を頂いております。

アフターメンテナンス担当者に名指しでお電話をくださる方も珍しくはありません。

素敵な家を建てられる、ということはもちろん大切ですが、建てた後もちゃんと安心して付き合っていける会社を選ぶということは、もっと大切。

家を建てる会社を選ぶ際は、ぜひアフターサービスのこともしっかりと考えて選んでくださいね^^

納得できる家づくりのための豆知識2「やりたいことに優先順位をつけておこう」

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

「納得できる家づくりのための豆知識」シリーズ、今回は「やりたいことに優先順位をつけておこう」というお話です。

■できることには必ず限りがある、だから優先順位は大事

夢のマイホームを建てるのですから、やりたいことはたくさんありますよね。

私自身もマイホームを建てるにあたって、20項目もの要望を出した経験があります。

しかし、限られた土地予算の中で行う家づくりには、必ず限りがあります。

たとえば、広さが十分でない土地で、

● 3LDKにしたい
● ウォークインクローゼットを作りたい
● 小上がりを作りたい

といった要望を全部盛り込んだら、各スペースがすごく小さくなってしまいます。

こうなると、考えなくてはいけないのが3つの希望の優先順位です。

広さを優先するのか? 部屋数を優先するのか? 収納力を優先するのか? それとも、ちょっとした休憩や子育てのためのスペースを確保することを優先するのか?

何を優先するかによって取るべき対応は変わってきます。

また、要望によっては矛盾が生じるものあります。

● リビング階段を作りたい
● エアコンの効きが良い空間にしたい

といったご要望がまさにそうです。リビング階段や吹き抜けは、四角く閉じた空間に比べると、エアコン効率はどうしても落ちるからです。

この場合も、動線とエアコン効率、どちらを重視するのか、優先順位を考えなくてはなりません。

■希望があるから比較できる

ここまでご紹介した通り、家づくりのご要望には、優先順位を付けることが必須です。

「いちいち優先順位を考えるなんて面倒」

「どうせあれこれ考えても、できることには限りがあるんでしょう?」

と思われるでしょうか。

しかし「ああしたい」「こうしたい」というご希望があるからこそ、比較ができ、結果、良い家づくりに繋がります。

やはり、やりたいこととその優先順位をしっかりと考えるのは、納得できる家づくりをするために欠かせないものなのです。

■今後も豆知識を随時ご紹介します

当ブログでは、今後も納得できる家づくりのための豆知識を随時発信予定です。

ぜひ定期的にチェックしてみてくださいね! 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お客さまとの家づくりエピソード「大クレーム、からの大ファン!?」

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回は、城戸産業で過去に実際にあった、お客さまとの家づくりエピソードをご紹介したいと思います。

■連絡ミスから着工の順番が…

あるお客さまのご両親から、大クレームを受けたことがありました。

原因は、弊社スタッフの連絡ミス。先に図面が上がっていたお客さまより、後から図面が上がったお客さまのほうが、先に着工してしまったのが原因でした。

新居の完成を心待ちにしているのはどのお客さまも同じですから、親御さんがお怒りになるのも当然です。

■大クレーム、そして大ファンへ

弊社は、ミスしてしまったことをきちんとお詫びし、その後、工事のスケジュールをきっちり提出するなどして、フォローに当たりました。

結果、なんとかお怒りも納めて頂き、工事もとうとう大詰め。お引き渡しも間近になったある日のことです。

一度は大クレームを申し入れられたお客さまのご両親から、お電話がありました。

「息子夫婦の家の斜め前の分譲地、買うわ」と。

あれほどお怒りだったご両親が、その後のお付き合いの中で、いつの間にか城戸産業を好きになって頂いており、息子さんご夫妻と同じ分譲地に家を買うとまで仰ってくださったのです。

大クレームから一転、大ファンになって頂いたというビックリな事例でした。

■今後も家づくりエピソードを随時ご紹介します

今回の、大クレームのお客さまが大ファンに転じたお話、いかがでしたか?

今後も弊社の家づくりの実話エピソードを随時ご紹介予定ですので、ご興味のある方は是非チェックしてみてくださいね!