スタッフ紹介 「力田」編

こんにちは! 城戸産業の力田です。リキタ、と読みます。

日頃は営業の仕事を担当させて頂いております。

今回はスタッフ紹介ということで、ちょっと恥ずかしいですが、自己紹介をさせていただきたいと思います。

■人が好き! 接客が好き!

元々人と話すこと、接客すること自体が好きなので、営業職として日々楽しく働いています。

中でも特にやりがいを感じるのが、最初は緊張などで少し固かったお客さまが、徐々に心を開いてくださっている、と感じる瞬間です。

まだまだ新米で、ミスをしてお客さまにご迷惑をかけることなどもあり、そんな時はとても心苦しいのですが、それでも「会社に行きたくない」とは不思議と思いません。

基本的に、働くことが好きなんだと思います。

■プライベートは多趣味

プライベートは割と多趣味なほうだと思います。

ドライブやジム通い、ゴルフなどの比較的アクティブな趣味がある一方で、自宅で凝った料理を作ったり、漫画を読んだりすることも大好き。

最近お気に入りの漫画は『黒子のバスケ』や『鬼灯の冷徹』、『文豪ストレイドッグス』などでしょうか。

読んでいてスカッとする少年漫画が好きなのかも。

■お気軽にお声掛けください

最近は城戸産業のインスタライブに出演したこともあり、いろんな方から

「インスタライブに出てた人よね?」
「インスタライブ見たよ!」

といったお声をかけていただくことも増え、なんだか嬉し恥ずかしな毎日です。

けれど前述の通り、人と話すことが大好きですので、城戸産業にお越し頂いた際などは、ぜひお気軽にお声がけいただければと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

フリープランの打ち合わせってどんな感じで進んでいくの?【後編】

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回は「城戸産業のフリープランの打ち合わせは、どんなふうに進んでいくのか?」というお話の後編です。

■打ち合わせ回数・所要時間は?

城戸産業の場合、お打ち合わせにかかる所要時間は、1回につき約1.5時間前後です。

回数は、2〜3回で全て決まってしまう方もいれば、10回以上打ち合わせをされる方もいらっしゃいますので、一概に何回くらい、というのは難しいですね……。

いずれにしても、大切なのはお客さまにしっかりとご納得頂いた上で、家づくりを進めていくこと。その点に関しては、安心してお任せいただければと思います。

■プラン打ち合わせは設計士が担当

プラン打ち合わせに関しては、初回は営業担当者が同席しますが、2回目以降は設計士がお話しさせて頂くことが多いです。

中には、お打ち合わせの相手が営業担当者のみ、という会社もありますが、家づくりのプラン変更に設計士が同席しなければ、話は進みません。

昨今は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、メールやLINEなどを活用したやり取りも積極的に取り入れています。

■家づくりの山場は間取り・内装・外装・外構! インテリアのご相談も

家づくりのプランを作り上げていくにあたって、一番の山場は間取りの作成でしょう。ここが一番大変で、一番楽しい所です。

「どこにどの電気のスイッチを配置するか」「コンセント位置をどこにするか」といった電気図面なども重要なポイントですね。

次いで、内装・外装・外構。建築士やインテリアコーディネーターとしっかり打ち合わせをして、ぜひ家族みんなが納得できる家づくりをしていただければと思います。

また、新居のインテリアに関しては、弊社のインテリアコーディネーターとご相談いただくことが可能です。

■まずはお気軽にお問い合わせを

実際家づくりのプラン打ち合わせをさせていただくまでに、土地を選んだり、資金計画を立てたりと、やるべきことはたくさんあります。

どんなことでも、まずはお気軽にご質問、ご相談くださいませ。

スタッフが親身に対応いたします(^^)

フリープランの打ち合わせってどんな感じで進んでいくの?【前編】

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

一言で「自由設計」「フリープラン」と言っても、会社によってできることはかなり異なります。

そこで今回は「城戸産業のフリープランの打ち合わせは、どんな感じで進んでいくのか?」ということについて、なるべく具体的にご紹介したいと思います。

■初回から数パターンの間取りをご提案

フリープランでよくあるトラブルのひとつに「最初に提案された間取りを、なかなか変更してもらえない」というものがあります。

これはほとんどが、新しく図面を引き直すより、すでにあるものを使いまわすほうがコストダウンや時間短縮につながる、という業者側の都合によるものです。

規格化や効率化でコストダウンを図ること自体は悪いことではありません。ですが「自由設計」と言いながら、お客さまの間取り変更のご希望に応じない、というのはちょっと違いますよね……。

城戸産業の場合は、初回にお客さまのご要望をヒアリングさせていただいた後、2〜3パターンの間取りをご提案させて頂くことが多いです。もちろんその2〜3パターンの中にご希望に沿うものがなければ、ご納得いただけるプランができあがるのでしっかりと修正・変更にも応じます。

時々あまり深く考えず「基本プランでいいよ」とおっしゃるお客さまもいらっしゃいますが、そうしたお客さまにも「本当にそれでいいですか?」「もっとこうした方が良いかしれません」と、逆に設計士からご提案することもあるくらいです。

城戸産業の設計士は、「図面を使い回す」「同じ家を建てる」ということを良しとしません。

人間が一人一人違うように、家族によって最適な家も、ひとつひとつ異なると考えているからです。

■次回は打ち合わせの回数や所要時間などについてご紹介

城戸産業のフリープランの打ち合わせについてのお話、いかがでしたか?

後編となる次回は、お打ち合わせの所要時間や回数、また城戸産業ならではともいえる打ち合わせの特徴についてご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに!

施工事例(エンジェルコート新池島町VIモデルハウス)ご紹介

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回は弊社のモデルハウス「エンジェルコート新池島町VI」をご紹介させていただきます。

■2階リビングは驚きの明るさ

エンジェルコート新池島町VIモデルハウスの特徴は、何と言っても2階に設けられた20帖の広々としたリビング。そして、そのリビングの明るさです。

実は、この新池島町VIモデルハウスは、北向きの家。

北向きの家は、一般的には陽が入りにくく、暗くなってしまうことが多いので、敬遠されがちです。

しかし、こちらのモデルハウスをご覧になった方は、皆さんその明るさに驚かれます。

明るさの秘訣は、北側と南側、両方に設けられた2面バルコニー。

もちろん、リビングに2面のバルコニーを設けても、プライバシーはしっかり確保されています。

バルコニーの壁が1.8mあり、近隣の住宅や道路からの視線を遮ってくれるからです。

こちらのモデルハウスは「北向きの家も、設計の工夫次第で十分な明るさが確保できる」という実例ですね。

■収納力の高さも見所のひとつ!

こちらのモデルハウスは、収納力の高さも見所のひとつです。

リビングに設けられたおしゃれな壁面収納もそうですし、洗面室には稼働できる大容量収納。玄関には土間ウォークイン、屋根裏にも小さな収納をご用意しております。

■見学のお申し込みはお気軽に

エンジェルコート新池島町VIのモデルハウス、いかがでしたか?

見学のお申し込みは、Web・お電話などでお気軽にお申し付けくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております(^^)

施工事例(エンジェルコート玉串元町モデルハウス)ご紹介

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回は、おすすめポイントが盛りだくさんの玉串元町の施工事例をご紹介します!

■広々としたLDKとおしゃれな間接照明

こちらのおすすめポイントは、何といっても20.7帖の広々としたLDKと、そのLDKをラグジュアリーに演出するおしゃれな間接照明です。

一般の住宅ではなかなか見かけない間接照明の使い方は、ちょっと良いホテルの一室のよう。

おうち時間をより素敵にしてくれること間違いなしです。

■充実した設備と使いやすい家事動線

充実した設備や、家事・育児をする人の立場に寄り添った家事動線も見どころです。

浴室はミストサウナ・浴室暖房・浴室乾燥機付き、キッチンは3口ガスコンロ・グリル・食洗機付きのシステムキッチンです。

また玄関には、ロングコートや雨具、ベビーカーなどを靴のまま収納できる土間ウォークインをご用意しました。

バルコニーは北側南側の2面バルコニー。側はインナーバルコニーで雨の日も洗濯干しも安心です。南側は、壁の高さを1.8mに設計し、開放感がありながらもプライバシーを確保できる空間になっています。

そして、アフターコロナの時代に対応した、玄関を入ってすぐの洗面台は、家族の健康を守るのに大きな役割を果たしてくれることでしょう。

■モデルハウス見学のお申込みはお気軽に

玉串元町の成功事例、いかがでしたか?

「百聞は一見にしかず」の言葉通り、城戸産業の家づくりがどんなものかは、モデルハウスなどを実際に見ていただくのが最も分かりやすいと思います。

見学のお申し込みなどは、Web・お電話などで、どうぞお気軽にお申し付けくださいませ。
なお、こちらの物件は元モデルハウスで、すでに売約済みとなっておりますが、お引き渡しまでの少しの間、まだ見学可能となっております。見学ご希望の方はお早めにご連絡くださいませ!

納得できる家づくりのための豆知識

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回ご紹介するのは、納得できる家づくりをしていくための豆知識です。

■家を建てるなら、まず土地選びから

家を買おうと思うと、ついつい物件から探してしまいがちです。

しかし、家を建てるにあたって最初にやるべきことは、土地探し!

ご家族全員が、しっかり納得できる土地を見つけることが大切です。

家族のうち、誰かひとりでも不便を強いられたり、不満が残るような土地を選んでしまうと、マイホーム作りがうまくいかなくなる可能性が高まります。

家そのものがどんなに素敵でも、建っている場所が気に入らなければ、その家を好きになることはできませんから、当然といえば当然ですよね。

間取りや内装のプランは、後からいくらでも変更することができます。しかし土地は、立地も広さも日当たりも、後からは決して変えることができません。

もちろん予算との兼ね合いを考える必要はありますが、土地選びは決して軽視せず、家族みんなが納得できる土地を探して下さい。

■今後も家づくりのための豆知識を随時発信予定

今回ご紹介した納得できる家づくりのための豆知識「家づくりは土地選びから」というお話、いかがでしたか?

今後も家づくりをしていく上で必要な豆知識を、随時発信予定です。

ぜひ定期的にチェックして、皆様の家づくりにお役立てくださいませ。今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

私たちが『ANGEL STORY』を発行する理由【後編】

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

前回の記事では、我々が地域情報マガジン『ANGEL STORY』を発行する理由のひとつとして、

「住宅販売会社には、自社が展開しているエリアを活性化し、地域の魅力を広く発信していく使命があると考えているから」

というお話をご紹介させていただきました。

とはいえ、本来こうしたことは、もう少し大きな規模の会社さんや公共機関がされるのが一般的かもしれません。

「地域を活性化したい」「地域の情報を発信したい」と思っても、それを実行するだけのノウハウがなかなかない、というのが現実だからです。

城戸産業の場合は、広報やマーケティングの担当者である私が、入社するまでずっと広告や出版に携わっていたので、そのノウハウを持っていました。

今後もこれまでの経験を活かしてどんどん東大阪の魅力を発信していく予定です

■4月にも新刊を発行したばかり

『ANGEL STORY』は、4月に2021年版を発行したばかりです。

大好評の「カレーパンMAP」や「子育て支援情報」など、東大阪を楽しみ尽くす情報が満載♪

『ANGEL STORY』の目標は、東大阪を住みたい街ナンバーワンにすることです!

『ANGEL STORY』は資料請求をいただいた方や、店舗やモデルハウス、分譲地などにご来場いただいたお客さまに、もれなくお配りしております。

(資料請求の場合は、PDFファイルをメールにて送付申し上げます。ご来場の場合は冊子の現物を配布しております)

ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

私たちが『ANGEL STORY』を発行する理由【前編】

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

弊社では、お客さまから時々こんなご質問を頂きます。

「城戸産業は住宅販売会社なのに、どうしてANGEL STORY(地域情報マガジン)を制作・発行しているの?」

というわけで、今回はなぜ私たちが東大阪の地域情報マガジン『ANGEL STORY』をお届けしているのか? ということについて、ご紹介してみたいと思います。

■あまり知られていない東大阪の魅力

城戸産業は、創業から半世紀以上に渡り東大阪という地域に根差した活動をしてきた地域密着型の企業です。

東大阪を愛し、その素晴らしさもよく知っています。

けれどそんな東大阪の魅力が、外側から見る人々には、あまり伝わっていない…と感じることが多々あります。

5〜6年ほど前には「全国の転出超過ランキング」で3位か4位に入ってしまったこともあるほど……。

しかし実際は、東大阪は便利で暮らしやすい街です。

駅も多く、布施などの繁華街もあり、その一方で緑も豊か。平地が多いので徒歩や自転車での移動がしやすい点も、メリットのひとつです。

■新築住宅を売るのは「定住を促す」ということ

当然ですが、過疎の地で分譲住宅は売れません。「新築住宅を売る」ということは、お客さまに「その地での定住を促す」ということにも繋がります。

だから、住宅販売会社には自社が展開しているエリアを活性化し、その地域の魅力を広く発信していく使命がある、と私たちは考えています。

››【後編】に続く