スタッフ紹介「営業・長瀬編」

こんにちは! 城戸産業の長瀬です。

営業職を担当させて頂いております。今回はスタッフ紹介ということで、自己紹介をさせていただきますね。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

■一番の喜びは、お客さまの嬉しそうな笑顔

お仕事させて頂く上で1番やりがいを感じる時は、やはりお引き渡時に、本当に嬉しそうにされているお客さまの笑顔を拝見する時です。

喜びって、言葉より表情に一番出るんですよね。

自分で言うのもなんですが、私は多分、営業職に向いているタイプなのかもしれません。人が好きですし、人と接することも好き、人に喜んでもらうことも大好きなので。

■後輩もでき、教えることの難しさも実感

入社して、丸5年が過ぎました。

しばらくの間はずっと最年少だったのですが、ここ数年でいつのまにか後輩もできました。人に教えることの難しさを感じる日々です。

自分も先輩や上司から、こうやって大切に育ててもらったのだな…という事を思い出しながら、後輩の指導にも日々奮闘しています。

■趣味はゴルフ

休日はゴルフに出かけていることが多いです。娘が小学校に入って、休みが合わなくなったので…(しょぼーん)

ゴルフは大人におすすめの趣味ですよ。

激しい動きをしたり走ったりしないので、体への負担も少なく、気軽に始めることができます。

また、一緒にコースを回る人とコミュニケーションを取っている時間も長いので、職場では話せないことも、ゴルフ場でなら気軽に話せたりします。

■家づくりのご相談はお気軽に

私は前述の通り営業をしておりますので、お客様からのお問い合せに対応させていただくことも多いと思います。

住宅購入をご検討されていても、実際に不動産会社に連絡をする時はそれなりにハードルが高いとは思います。ですが、城戸産業のモットーは「無理に売らない」です。

どうぞ安心して、どんなことでもお気軽にご相談下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スタッフ紹介「野中編」

こんにちは! 城戸産業の野中です。分譲事業部の工事・アフター課に所属しております。

今回はスタッフ紹介ということで、自己紹介をさせて頂きます。どうぞよろしくお願いします!

■家のこと、スタッフがキッチリご説明しています

私はまだ入社半年で、社内でも最年少なのですが、現場での作業からお客さまの対応まで、さまざまな業務を経験させて頂いています。

得にやりがいを感じるのは、家のお引き渡しや内覧会などで、設備の使い方や建物の構造などをお客さまに説明し、それをしっかりとご理解頂けた時です。

引き渡されたばかりの新築の家は、マイホームとはいえ、初めて使う設備だらけ。カギの開け閉めの仕方やポストの番号さえ、お施主様には分かりません。

他の会社さんだと、「説明書をご確認ください」の一言で済ませてしまうところなどもあるようですが、城戸産業では、スタッフが2時間ほどの時間を掛けて、全部しっかりご説明します。

■仕事をする上で重視するのは、掃除!

「施工管理は掃除から」という上司の教えもあり、現場の掃除はとても大事にしています。

掃除は施工管理の面から見ても大切ですし、現場が綺麗に片付いてるのを見て「この会社に頼みたい」と思ってくださるお客さまもおられます。

■将来は、憧れの上司のような、豊富な知識と人間力を持つ人に!

家づくりは、施工管理だけでは見えてこないところも多いので、今後は現場で職人さんからいろいろなことを更に学んでいけたら、と思っています。

アフターサービスも、現場を知っているほうが、いろいろなことに対応できますし。

そしていずれは、今ご指導頂いている直属の上司である岡課長のように、豊富な知識を持つ人間力の豊かな人になりたいです!

弊社のお客さまにはアフターサービスや家のお引き渡しの説明などでお目にかかることもあると思いますが、その際はどうぞよろしくお願い致します!

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました^^

スタッフ紹介「岡 編」

こんにちは! 城戸産業の岡です。

アフターサービスなどの業務を担当させて頂いております。

今回はスタッフ紹介ということで、自己紹介をさせて頂きますね!

■「ありがとう」の一言でモチベーションが急上昇

お仕事をさせて頂いている中で一番嬉しいのは、月並みかもしれませんが、お客さまから「ありがとう」の言葉を頂いた時です。

ご満足いただけた、喜んで頂けた、と思えると、それだけでモチベーションが急上昇します(笑)

■全てはお客さまのために! コミュニケーション重視

どんな現場でも、コミュニケーションを大切にすることは、特に心がけています。

お客さまとのコミュニケーションを大切にするのはもちろん、工事中は、近隣住民の方々としっかり挨拶する、仲良くする、ということも重視しています。

大きな音や工事車両で、ご迷惑をおかけすることもあるので…。

今後そこで暮らしていかれるお客さまのためにも、ご近所との関係は良好に保ちたいと思っています。

その甲斐あってか、20年経っても名指しでお電話をくださるお客さまもたくさんおられて、ありがたい限りです。

■休日はなるべく家族と

休日は、なるべく家族との時間を大切にするよう心がけています。

子供や妻と一緒に、映画やショッピングを楽しんだりすることも多いですね。疲れて昼寝している間に日が暮れてしまう、という日もありますが…(^^;)

一番最近家族で観た映画は「新解釈・三国志」です。面白かったですよ。

■アフターメンテナンスはおまかせ!

弊社で家づくりをされたお客さまとは、お引渡し後、長く長くお付き合いさせて頂くことになります。

その際はお気軽に何でもご相談くださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スタッフ紹介 「力田」編

こんにちは! 城戸産業の力田です。リキタ、と読みます。

日頃は営業の仕事を担当させて頂いております。

今回はスタッフ紹介ということで、ちょっと恥ずかしいですが、自己紹介をさせていただきたいと思います。

■人が好き! 接客が好き!

元々人と話すこと、接客すること自体が好きなので、営業職として日々楽しく働いています。

中でも特にやりがいを感じるのが、最初は緊張などで少し固かったお客さまが、徐々に心を開いてくださっている、と感じる瞬間です。

まだまだ新米で、ミスをしてお客さまにご迷惑をかけることなどもあり、そんな時はとても心苦しいのですが、それでも「会社に行きたくない」とは不思議と思いません。

基本的に、働くことが好きなんだと思います。

■プライベートは多趣味

プライベートは割と多趣味なほうだと思います。

ドライブやジム通い、ゴルフなどの比較的アクティブな趣味がある一方で、自宅で凝った料理を作ったり、漫画を読んだりすることも大好き。

最近お気に入りの漫画は『黒子のバスケ』や『鬼灯の冷徹』、『文豪ストレイドッグス』などでしょうか。

読んでいてスカッとする少年漫画が好きなのかも。

■お気軽にお声掛けください

最近は城戸産業のインスタライブに出演したこともあり、いろんな方から

「インスタライブに出てた人よね?」
「インスタライブ見たよ!」

といったお声をかけていただくことも増え、なんだか嬉し恥ずかしな毎日です。

けれど前述の通り、人と話すことが大好きですので、城戸産業にお越し頂いた際などは、ぜひお気軽にお声がけいただければと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

施工事例(エンジェルコート新池島町VIモデルハウス)ご紹介

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回は弊社のモデルハウス「エンジェルコート新池島町VI」をご紹介させていただきます。

■2階リビングは驚きの明るさ

エンジェルコート新池島町VIモデルハウスの特徴は、何と言っても2階に設けられた20帖の広々としたリビング。そして、そのリビングの明るさです。

実は、この新池島町VIモデルハウスは、北向きの家。

北向きの家は、一般的には陽が入りにくく、暗くなってしまうことが多いので、敬遠されがちです。

しかし、こちらのモデルハウスをご覧になった方は、皆さんその明るさに驚かれます。

明るさの秘訣は、北側と南側、両方に設けられた2面バルコニー。

もちろん、リビングに2面のバルコニーを設けても、プライバシーはしっかり確保されています。

バルコニーの壁が1.8mあり、近隣の住宅や道路からの視線を遮ってくれるからです。

こちらのモデルハウスは「北向きの家も、設計の工夫次第で十分な明るさが確保できる」という実例ですね。

■収納力の高さも見所のひとつ!

こちらのモデルハウスは、収納力の高さも見所のひとつです。

リビングに設けられたおしゃれな壁面収納もそうですし、洗面室には稼働できる大容量収納。玄関には土間ウォークイン、屋根裏にも小さな収納をご用意しております。

■見学のお申し込みはお気軽に

エンジェルコート新池島町VIのモデルハウス、いかがでしたか?

見学のお申し込みは、Web・お電話などでお気軽にお申し付けくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております(^^)

施工事例(エンジェルコート玉串元町モデルハウス)ご紹介

こんにちは! 城戸産業の藤田です。

今回は、おすすめポイントが盛りだくさんの玉串元町の施工事例をご紹介します!

■広々としたLDKとおしゃれな間接照明

こちらのおすすめポイントは、何といっても20.7帖の広々としたLDKと、そのLDKをラグジュアリーに演出するおしゃれな間接照明です。

一般の住宅ではなかなか見かけない間接照明の使い方は、ちょっと良いホテルの一室のよう。

おうち時間をより素敵にしてくれること間違いなしです。

■充実した設備と使いやすい家事動線

充実した設備や、家事・育児をする人の立場に寄り添った家事動線も見どころです。

浴室はミストサウナ・浴室暖房・浴室乾燥機付き、キッチンは3口ガスコンロ・グリル・食洗機付きのシステムキッチンです。

また玄関には、ロングコートや雨具、ベビーカーなどを靴のまま収納できる土間ウォークインをご用意しました。

バルコニーは北側南側の2面バルコニー。側はインナーバルコニーで雨の日も洗濯干しも安心です。南側は、壁の高さを1.8mに設計し、開放感がありながらもプライバシーを確保できる空間になっています。

そして、アフターコロナの時代に対応した、玄関を入ってすぐの洗面台は、家族の健康を守るのに大きな役割を果たしてくれることでしょう。

■モデルハウス見学のお申込みはお気軽に

玉串元町の成功事例、いかがでしたか?

「百聞は一見にしかず」の言葉通り、城戸産業の家づくりがどんなものかは、モデルハウスなどを実際に見ていただくのが最も分かりやすいと思います。

見学のお申し込みなどは、Web・お電話などで、どうぞお気軽にお申し付けくださいませ。
なお、こちらの物件は元モデルハウスで、すでに売約済みとなっておりますが、お引き渡しまでの少しの間、まだ見学可能となっております。見学ご希望の方はお早めにご連絡くださいませ!

スタッフ紹介 設計士・木村

こんにちは! 城戸産業の設計士・木村です。

今回はスタッフ紹介ということで、自己紹介をさせて頂きます。

■仕事をしていて一番嬉しいのは、お客さまの笑顔

城戸産業の家づくりの大きな特徴のひとつは、やはり自由設計です。フリープランで間取りを作ることができる、というのは大きな魅力でしょう。

しかし、フリープランを謳っていても実際は全然自由じゃない、というのは、実はよく聞く話です。

私自身、城戸産業に入社するまでにいくつかの住宅販売会社で勤務した経験から、本当の自由設計ができる会社が少ないことは身をもって知っています。

フリープランを謳いながらも、結局は初回打ち合わせで出したプランに少し変更を加える程度で、それを押し通してしまう……という業者はまだまだ多いですね。

プランの打合せも、専門家である建築士ではなく、営業担当者が行っているところもあります。

たしかに、そういう風に家づくりを進めれば、設計やコーディネートの手間やコストは下げることができるでしょう。でも、それでお客さまに本当に満足して頂ける家が建つでしょうか?

私が仕事をしている中で最もやりがい、嬉しさを感じるのは、お客さまの心からの笑顔を見ることができた時です。

だからこそ、城戸産業では提示プランの押し付けは決してしません。複数プランの提示を前提に、設計士が親身になって家づくりをお手伝いします。

どうぞ、どんなことでもお気軽にご相談くださいね。

「スタッフ紹介 藤田 編」

こんにちは!城戸産業の藤田です。

今回はスタッフ紹介ということで、少し自己紹介などさせて頂こうと思います。

■家は夢の塊!だからこそやりがいのある仕事

住宅は人生で一番高い買い物です。だからこそ人それぞれに、たくさんのこだわりや希望がある、いわば「家=夢の塊」だと思います。

私自身、長年ベース演奏が趣味で、音楽演奏のためのスタジオスペース付きの家を建てました。

そんな、人の夢そのものと言ってもいい家づくりに関われるということは、責任重大でもあるし、大きなやりがいでもあります。

なので、地域のお客様の役に立てるよう、しっかり家づくりをお手伝いさせて頂ければと思っています!

■最近一番ハマッているのは、愛兎「うちゃみ」

去年の12月ごろから、兎を買い始めました。名前は「うちゃみ」。可愛いんですよ。

今はコロナで音楽仲間と集まることもままならないため、元々そこに使っていたパワーと時間、お金が、今はすべて「うちゃみ」に向いています。

兎って地面から足が離れるとすごく怖いらしく、飼い主でも抱っこするのが難しいんですよ。うちの「うちゃみ」もまだ、なかなか抱っこさせてくれません(泣)

まだ生後1年も経っていない子兎なので、これからゆっくり慣れていってくれたら嬉しいですね。

■ご来店の際はお気軽にお声がけください

私は日頃、広報関連の仕事をしていることが多く、直接お客様と関わる機会はそれほど多くはありませんが、もしご来店の際、見かけることがありましたら、どうぞお気軽にお声掛けくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「城戸産業ってこんな会社です」(後編)

こんにちは!城戸産業の藤田です。

前回は、「城戸産業ってこんな会社です」という会社紹介の前編として、弊社が50年以上にわたって地域密着型の企業活動をしていることや、お客様の立場に立った接客を最も重視していることをご紹介しました。

今回は、城戸産業が考える「お客様の立場に立った接客」とは具体的にどんなものなのか?について、ご紹介したいと思います。

■「無理に売らない」という大原則

弊社では基本的に、メールで頂いたお問い合わせにはメールでご返信させて頂いております(もちろんクイックレスポンスを心がけています)。

※少しでも早く回答をお伝えしたほうがが良いお問い合わせ、お客様がお急ぎの場合などは、お電話をさせていただくこともあります。

しつこい営業などは一切しておりませんので、ご安心くださいませ^^

また、お客様のライフスタイルにマッチしていない物件を、企業側の利益のためにオススメすることもありません。

例えば、狭小地に建っている物件を気に入ってくださったお客様の愛車が、大きなワゴン車だった……というようなケース。

これは、将来的にご近所とトラブルが起きたり、車を買い替えなければならなくなる可能性があります。

たとえお客様がその物件を気に入っておられても、将来的にお客様に無駄な負担を掛けそう……と判断したら、私たちはその物件をあえてオススメしません。

■安心してお問い合わせ&ご来社ください

今回ご紹介した城戸産業の接客スタイル、いかがでしたか?

お客様が弊社にお問合せやご来社をして頂く際、安心して頂ける要素のひとつとなれば幸いです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「城戸産業ってこんな会社です」(前編)

こんにちは!城戸産業の藤田です。

今回は、私たち城戸産業のことをご紹介させて頂きます。

■創業52年の地域密着企業

城戸産業の創業は1969年。

すでに半世紀以上にわたり地元・東大阪に根付いて営業している、いわゆる老舗企業です(^o^)v

創業当時からの理念は、

● 地域密着を徹底すること
● お客様の立場で考えること
● 地域とお客様に役立つ企業であること

いい加減な仕事や不誠実な対応をしていたら、また、地元への強い愛着がなければ、同じ地域で50年以上に渡って会社を存続させていくことはできません。

丁寧に、そして正直にやってきたからこそ、50年以上、一度も赤字を出すこともなく地元で商売を続けさせて頂けたのだと思います。

■「お客様の立場に立った接客」って具体的にどんなもの?

「お客様の立場に立って考える」とか「お客様のことを第一に考える」と謳っている企業さんは、不動産業界に関わらず多いですよね。

けれど、「お客様の立場に立った接客」とはどういうものか?それをきちんと具体的な行動まで落とし込めている企業は、意外と少ないものです。

「一度資料請求をした」「ちょっと問い合わせをした」、それだけでしつこく営業の電話を掛けてこられたり、夜、突然訪問されたり……。そんな困った業者さんに嫌な思いをさせられた経験がある、という方は少なくないのではないでしょうか。

お客様の立場に立って考えれば、そんな接客は本来しないはずですよね^^;

■次回は弊社の接客方法を具体的にご紹介

次回は、城戸産業がお客様に実際にどんな接客・対応をしているのか、具体例を交えてご紹介します。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。