大阪に住むならおすすめの地域は東大阪で決まり

LINEで送る

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

みなさんは大阪で住むならどこの地域に住むか決まっていますか。

大阪と言っても、オフィスビルや商業施設が立ち並ぶ地域から、本当にここは大阪なのかと思えるほど静かな木々に囲まれている地域もあります。

そんな大阪ですが、この記事では、梅田のある北大阪や難波の南大阪でもない東大阪にフォーカスしたいと思います。

 

hiosazen
◆東大阪はどんな地域なの?

東大阪といっても梅田や難波のようには詳しく知らないという方も多いと思います。

hanazono_big
最近だと、ラグビーワールドカップ2019の会場として東大阪市花園ラグビー場がニュースになっていたりしました。

観光スポットで言えば、

IMG_0591[1]
石切劔箭神社や

img0e501067zik9zj
司馬遼太郎記念館といったスポットがあります。

東大阪が有名なことと言えば、ものづくりのまちで中小企業が多く存在することも挙げられます。

 

◆東大阪の住みやすさは?

東大阪は、近鉄やJR、地下鉄と公共交通機関が整っています。その上、大阪難波駅や梅田駅まではどちらも30分以内でいけます。また、京都や神戸方面にも1時間以内にアクセスすることができるので、通勤時間を考える上でもとても便利な地域だと思われます。このようにアクセスがとてもしやすい地域もあって大阪府内では、3番目に人口の多い地域となっています。

布施商店街
また、昔ながらの商店街、有名なところで言えば布施商店街は、東大阪エリアにおいて最大の商店街ですべてのお店を合わせると約1000店もの店舗が軒を連ねる商店街があります。

その上にコンビニや近鉄百貨店やショッピングモールといった大型商業施設もあります。これを聞けば、日ごろの生活において買い物に困ることはないと知ってもらえると思います。

 

◆子育てを考えて住むなら東大阪

東大阪市では、市を挙げて子育ての応援をおこなっています。

子育て応援ナビ
その証拠に子育て応援のための「子育て応援なび」といったホームページも開設しているほどです。

東大阪市の子育て応援の取り組みの1つとして挙げられるのが、子育てサポーターです。

子育てサポーターは、初めての子育てに対して疑問や不安を感じているのに、子育てについて相談する相手が少ない方のために東大阪市が、それぞれの不安や相談のニーズに合わせた子育ての情報の提供や相談に乗ってもらえる相談員のことです。

初めての子育てとなれば、「保育所はどこを選べばいいのか?」「うちの子は他の子に比べてちゃんと成長できているのか?」といった不安はこの子育てサポーターの方々に相談することができます。

これ以外にも子育てに関連した定期的なイベントや相談会が開催されるので、同年代の子どもを持つ親同士が仲良くなる機会も多く存在します。こういった同じように子育てをしている人と仲良くなる機会を作るのはなかなか難しいと思います。しかし、こういったイベントや相談会を通してならば簡単に作ることができます。

 

こういった、精神的な面からサポートを受けながらも国から経済的な面でのサポートを受けることができます。それが児童手当制度です。

児童手当制度は、東大阪市に居住し、中学校修了前のお子さんを養育している方に手当を支給している制度です。所得制限が導入されている制度ではありますが、制限以上の所得の方にも手当は支給される仕組みになっています。

 

児童1人あたりの支給月額

3歳未満   …15,000円

3歳以上小学校修了前(第1子・第2子)…10,000円

3歳以上小学校修了前(第3子以降)             …15,000円

中学生…10,000円

所得制限限度額以上の方5,000円(一律)

支給は原則として、2月・6月・10月にそれぞれの前月分までを指定された口座に振り込まれる方式になっています。

 

中学生にかかる教育費は公立中学なら年間で約480,000円、私立中学なら約1,340,000円もかかると言われています。その中で、この制度を利用すれば所得制限があったとしても中学生ならば毎月5,000円分、年間で60,000円分も教育費以外に回すことができます。

この制度は、申請が必要な制度なので、申請を忘れてしまうとその月の分は支給されません。

お子さんが生まれたらすぐに申請するようにしましょう。

生駒山
◆自然と触れ合える機会も多い

東大阪市は、市の東側に秋になれば紅葉の美しい生駒山があり、自然と触れ合えるところが大阪の中では多く残っています。

ボールタワー

また、花園中央公園では「ここはテーマパークなのではないか‼」と思えるよう長いスライダーのような巨大な遊具が多くあります。こういったところに家族で行けば、子どもが喜ぶこと間違いなしです。

 

◆まとめ

ここまで、大阪の住みやすい地域として東大阪にフォーカスしてお話ししてきました。

東大阪は最寄り駅が多く、通勤や通学に便利という点や多くの商業施設があるため必要な物がすぐに手に入るといった理由だけでもおすすめできます。しかし、子育てのサポート面も物価が低いことも東大阪をおすすめしたい理由です。

大阪で住む地域をお考えの際には、一度この記事を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*