東大阪に住まいをご検討の方必見!大阪府東大阪市の子育て事情


こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

hiosazen
大阪府東大阪市で新生活を始めようとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
東大阪市は大阪市に通勤、通学できる圏内であるのに加えて、近くには生駒山などの自然豊かな地域でもあるからこそ幅広い世代に人気の地域になっています。
小さなお子さんをお持ちの方が家を買う際に気にしておきたいのが

「住む場所が子育てしやすい地域かどうか」ということですよね。
そこで、今回は大阪府東大阪市の子育て事情についてお話していきます。

30.ai
子ども医療費助成制度

東大阪市では通院、入院ともに中学校卒業まで医療費助成があります。通院の場合には所得制限なしで、同一の医療機関につき1日500円、月2日までの自己負担で治療をうけられます。1か月2500円を超える場合には申請によって償還もできるのです。

入院についても同様の制度で助成を受けられるので、お子さんの急な病気にも安心です。

待機児童
■待機児童について

大阪府内で待機児童数の多い市は大阪市、吹田市、豊中市の順で200人を超えていますが、東大阪市も2016年度では127人の待機児童がいるのが現状です。
しかし、自治体もこの事態を重く受け止めており、2015年度に比べて1年で12園保育園増えているのです。

保育園
1つ1つの保育園の児童数の定員も増えており、2015年度から2016年度で408人東大阪市の保育園で定員が増えています。
現状では待機児童がゼロとはなっていませんが、今後自治体の取り組みもあり、保育園に入れる可能性は高まっていくでしょう。

東大阪市での子育て事情についてお分かりいただけましたか?
やはり大きな市で子供の数も多いからこそ待機児童問題はまだ完全に解決しているとは言えませんが、大阪の中で自然も豊かな地域であることから、東大阪市は子育て世代にも人気の地域となっています。
東大阪で新築一戸建てをお考えの方は城戸産業までご相談くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>