住まいづくりのコラム「家族とのふれあい編」


こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

住まいづくりのコラム、今回は、家族とのふれあいについてお伝えしたいと思います。

家族
みなさんが家を建てる目的とは一体なんでしょうか。おそらく、家で共に暮らす人・家族のためではないかと思います。さて、今回は家づくりが家族に与える影響についてみてみましょう。

家づくりの様々なこだわりが最終的に行き着く着地点として、家族が共に暮らし、共に成長していく空間づくりと言えるでしょう。

illust1459
住む人々が仕事や学校などそれぞれの生活を送る中で、家に帰り、その日あったことを話し、リラックスできる場所が家なのではないでしょうか。家族のライフスタイルが多様化する中で、家づくりへのこだわりは家族の色を反映するといえるでしょう。

これまで、ご紹介したこだわりはそれぞれ家族のふれあいに繋がっていきます。例えば、立地や地域コミュニティーへの所属は、子育てなど家族の成長にとって必要になるでしょう。

子供が学校でどんな時間を過ごし、地域に住む友達とどのような関わりを持っているのか家族内で共有することで、家族の絆はより密接なものになるに違いありません。また、間取りを考える上で、家事動線という概念をご紹介しました。近年、働きながら家では家事の中心を担うワーキングマザーは増加の傾向にあります。

bg_house_living
そんなお母さんの家事の負担を軽減し、家族とのふれあいの時間を増やせる間取りが家づくりに求められています。他にも、リビングの位置づけはコミュニケーションの促進に繋がる要素となってきます。

さらに、日当たりなど家族全員が快適に暮らせる家づくりは、家族のふれあいを考えると最低限必要になってくるでしょう。

これら以外にも家族とのふれあいを促進するために、様々こだわりを持って家づくりを考えることができます。これからは家族とのふれあいの場を一番のこだわりとして、家づくりを考えてみると良いかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。家族のためという目的があってこそ、家づくりに対して真摯な姿勢をもって望むことができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>