東大阪で新築を買う時・建てる時に子育てしやすい間取りの考え方

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

家を買う時に今後を考えて間取りを決めたり、家を購入されると思います。

そのときに、よく考えられるのが子育てを考えた間取りです。
子育てを考えた間取りは子どもの成長を予想して考えることが大切です。

この記事では、そんな子育てを考えた間取りについてお話ししたいと思います。

 

9号地

◆子育てを踏まえて間取りを考えるには子どもの成長を考慮しよう

子育てを考えた間取りを考える際には、子どもの成長を考慮した間取りを考えましょう。

子どもたちが今後、どういう風に幼稚園から小学校、中学校、高校、大学と成長していくのか、大まかにでも考えておくと子どもたちが成長していったときにそれに合わせた子育てができます。

例えば、幼稚園や小学校の低学年の時であれば、リビングで遊ぶことやダイニングのテーブルを利用して勉強することはあっても、中学生、高校生にもなれば、自分の部屋を持ち、自分の部屋で自分のやりたいことをするようになります。

こういったように、子どもの成長に合わせて、ある時期はこの部屋は物置だけど、ある時期は子ども部屋といったようにシミュレーションしてみるのがいいかもしれません。

家事

◆子どもたちが成長できるような間取りを考える

子どもたちの成長を考えるのと同時に、子どもたちがいかに成長しやすくなるような間取りを考えるのもいいかもしれません。例えば、キッチンやバルコニーを広くすることで子どもたちにお手伝いを通じて、家事について学んでもらい人としての成長をサポートすることもできます。もちろん、子どもたちが成長して、習慣となってきてくれれば、家事の負担も減り家族としても助かります。こういった間取りの考え方もいいのかもしれません。

 

◆まとめ

子育てを考えた間取りは子供の成長にフォーカスを当てて考えていくことが重要です。

他にも、子どもの成長を考えて収納スペースを広く取っておくというのもいいかもしれません。子育てを考えた間取りを検討の際にはこの記事を参考にしてみてください。