【Web住まいづくりの学校「建築・建物の巻」】目次

第1回:「注文住宅と分譲住宅(企画住宅)の違い」

第2回:「完全自由設計の分譲地vs街並みをそろえる前提の分譲地、あなたはどっち派?」

第3回:「間取りを考えるうえでリストアップすべき項目はいくつまでがベスト?」

第4回:「モデルハウス、ここをチェック!」

第5回:「用途地域?建ぺい率?容積率?」

第6回:「工法①在来軸組金物工法」

第7回:「工法②テクノストラクチャー工法」

第8回:「工法③2×4(ツーバイフォー)工法」

第9回:「工法④プレハブ工法」

第10回:「まとめ:城戸産業が在来軸組金物方法を主に使う理由」

【Web住まいづくりの学校「建築・建物の巻」】第10回

172-1
いつもありがとうございます、

Web住まいづくりの学校「建築・建物の巻」担当の藤田です。

「建築・建物の巻」も今回が最終回です。

今回のテーマは

「まとめ:城戸産業が在来軸組金物方法を主に使う理由」 

です。

さて、後半は工法の話をさせて頂いたのですが、
ここで質問です

・木造在来軸組工法(含テクノストラクチャー工法)
・ツーバイフォー工法
・プレハブ工法

のうち、日本で一番採用されている工法は何だと思いますか?

現在の国内での採用工法の比率は以下の通りとなっております。

採用工法グラフ

なんと「在来軸組工法」が圧倒的なシェアを誇っています。

これだけ様々な工法が世の中に出てきても、在来木造軸組工法が支持されているのは

・数百年にわたる実績
・コスト的にもバランスがとれている」

そして何よりも

・間取りの自由度

だと思います。

ツーバイフォーやプレハブ工法のデメリットの中に
「間取りの自由度がきかない」というものがそれぞれあったと思います。
これはつまり在来木造軸組工法と比べてとも言えます。

「B社のこのモデルハウスの間取りいい!
この間取りをほぼ真似してA社の分譲地でたててもらおう!」

と思っても、B社の建築方法が在来木造軸組工法で
A社がツーバイフォー工法だと間取りを
大きく変えなければいけないという可能性があります。

城戸産業が在来木造軸組金物工法を採用する理由は
その間取りの自由度とコストパフォーマンス、
そして接合部に金物を使うことによる耐震性の高さが理由です。

これで住まいづくりの学校「建築・建物の巻」も終了です。

そして、1年3か月にわたる連載ブログ「Web住まいづくりの学校」シリーズも
今回で終了です。

実は買う時の参考にしていたという声もいただき、
非常にうれしゅうございました。

「Web住まいづくりの学校」シリーズを弊社HPコンテンツとして
編集などして掲載していく予定でございますので、
また改めてお知らせさせていただきます(^^)/

や~きいも~おいも~♪

いつもありがとうございます、
広報・販促課の藤田です。

さて、今日は

IMG_4101

焼き芋を焼きました(笑)

何でそんなことをしていたかというと

イベントバナー

そう、今週末、エンジェルコート玉串元町の
オープンニング記念イベント、
「秋の収穫祭」が開催されます!

その目玉としてお芋探し&その場で焼き芋をするので
「準備、焼けるのにどれくらい時間と手間がかかるか」を
調べるべく、実験してみました~。

15分ほどでおいしい焼き芋が完成しました☆
IMG_4103 IMG_4104
女性陣もご満悦です(^w^)

地図
今週末の3連休はぜひエンジェルコート玉串元町へ!

・エンジェルコート玉串元町の物件詳細を
>>スマートフォンで見るにはこちら
>>PCで見るにはこちら