【Web住まいづくりの学校「資金計画の巻」】第5回

いつもありがとうございます。

「Web住まいの学校」資金計画編担当の藤田です。

今回は前回の続きということで、「固定金利」と「変動金利」の違いについてです。
固定金利型
まず、固定金利は“固定”という言葉通り、
図1のように借り入れ当初から返済完了までずっと金利が一定で変わりません。
そのため総返済額も最初にわかり、
返済計画がきちんと立てられる点がメリットです。
最近では「フラット35」などが有名ですね。

変動金利型
次に変動金利とは、図2のように、半年に1回金利の見直しはされるものの、
実際には最初の5年間は返済額の変更はありません。
ただし、半年ごとに元金と利息のバランスが変わります。
また、5年毎に返済額の見直しが行われますが、
仮に金利が大きく上がっても25%以上返済額が上がることがない仕組みになっています。

固定金利選択型
そして固定金利選択型は、
図3のように一定期間だけ金利を固定する特約を付けたローンのことをいいます。
一般に金利を固定できる期間は、金融機関によって異なりますが、
2年・3年・5年・7年・10年などから選べることが多いです
(固定金利期間中の変動金利への変更はできない)。
また、当初選択した固定金利期間が終了すると、
再度、固定金利選択型か変動金利型かを選べる所と、
変動金利型しか選べない所とがあり、金融機関によってその取扱いが異なります。

半年ごとに金利が見直しされる変動金利型は、
市場に合わせて金利が上がったり下がったり“変動”します。
貸す側にとっても融通が利く分、固定金利型より金利が低く設定されており、
金融機関によってはさらに優遇金利が設定されていたりするので、
うまく活用すれば固定金利型よりも総返済額をぐっと抑えることもできます。

ただし、変動金利型も固定金利選択型も

・借り入れの段階では、総返済額がいくらになるかわからない

・金利が上がると、返済額が増えてしまう

・極端に金利が上昇した場合、未収利息が発生し、元金が減りにくくなる(変動金利型の場合)

というデメリットがあります。

なお、最近は固定金利より変動金利を選ぶ方が多いです。といいいますも、
最近であれば変動金利のスタート金利がかなり低く、
またあまり変動率も激しくない=固定金利に近い状態のため変動金利が選ばれています。

また、固定金利の中でも「フラット35」いう商品は、転職後の勤務が短い方や、
事故資金力の低い個人事業主の方も審査基準の枠に入るという理由で
選ばれている傾向もあります。

以上、第5回「変動金利と固定金利の違い」でした。

次回は3月6日頃に
「金利、少しの違いでこれだけ違う!」
というテーマでお届けします(^^)/

☆新しい“街並み”の眺め☆

こんにちは(^-^*)/
インテリアコーディネーターの堀内です。
最近は、少し寒さがやわらいできたので現場チェックなど
積極的に(防寒ばっちりで)外出しています♪

今月は“エンジェルコート衣摺EAST Town”と
“エンジェルコート若江本町”の2つの分譲地で新しいお家が
どんどん竣工して“街並み”が姿を現してきています(≧∇≦)b

221-1
カフェのドリンクをイメージした配色の屋根が特徴的な若江本町の現場で
『めっちゃ、カッコ良くでき上がってる!!』
と言いながらカメラを構えているのは設計士の大西です(* ^-^)ノ

221-2
衣摺EAST Townではシンプルに統一された
美しい街並みが圧巻(≧∇≦)b

ところで、みなさま“小屋裏換気”をご存知ですか?

実は夏の小屋裏(屋根裏)、暑いときには60℃近くに達しています!!
これは木造のお家(木材)にとって、とても良くない環境…
その小屋裏に、外気を入れ温度差や気圧差などで自然換気をし
少しでも暑くならないようにするのが小屋裏換気です(*’-‘*)
(小屋裏換気が必要ないタイプのお家もあります。)

221-3
221-4
ですので、屋根を上からよく見てみると…
こんなところに空気の“入口”と“出口”がw(*゚o゚*)w
(ちゃんと雨が入ってこないような仕組みになっています。)

221-5
見えないところで、お家の健康を守る工夫があるのですね。

みなさまも、高いところからお家を見れる機会があれば
空気の出入口を探してみてください(*^o^*)

【東大阪美味しいところめぐり】PAOPAO編

いつもありがとうございます、
Web担当の藤田です。

1か月ぶりの「東大阪美味しいところめぐり」です。

今日ご紹介するのは、旧外環状線沿い、
瓢箪山ジンジャモール商店街をぬけて少し進んだところにある
「PAOPAO」さんです。

217-1
アジアンレストランと書いていますが、中華がメインです。

217-2
おかずを選べば~

217-3
217-5
ご飯、チャーハン(時間帯によっては焼きそば)、
スープ、デザートが食べ放題!

217-4
私のおすすめは麻婆豆腐、
唐辛子に加えてスッとする辛さが特徴です♪

瓢箪山で宙をがっつり食べたいなら
ぜひ「PAOPAO」さんへ(^^)/

<お店メモ>
東大阪市四条町1-14
072-981-3788
11:30~15:00 17:30~22:00
ランチ営業、夜10時以降入店可
不定休

“アクセントクロス”試してみませんか?

こんにちは(^-^*)/
インテリアコーディネーターの堀内です。

今日は、“アクセントクロス”についてのご紹介をしたいと思います♪

“アクセントクロス(アクセントウォールとも言います)”というのは
ホワイト系などシンプルなクロス(壁紙)のお部屋の壁一面だけ
材質・色・柄などが違うクロスを張って、
お部屋のインテリアに強弱(アクセント)をつけたりすることですv(*’-^*)b

では、“アクセントクロス”を素敵に取り入れていらっしゃるお客様のお部屋をご紹介…

219-1
①リビングのテレビ後ろの壁をレンガ柄にして、海外のようなインテリアに!

219-2
②トイレの奥壁だけ色を濃くして、ホテルのような“奥行き感”と“高級感”を演出☆

219-3
③書斎の壁を板張りの柄にして、趣味室のおこもり感を演出…

219-4
④子ども室の一面を楽しい雰囲気のクロスにしてかわいらしい空間に☆

219-5
⑤ニッチ(壁のすき間を利用した小さな空間)の奥壁であれば、
大胆な柄や色を選んでもスペースが小さいので丁度良いアクセントに♪
クロスの種類を変えるだけで理想のインテリアにぐっと近づけることができますし、
お部屋の一部だけなので少し派手かな…と思う色や柄でも以外としっくり(≧▽≦*)

最近はDIYで既存のクロスの上から違う柄を張ったりできる商品もあるので、
住みながら変えていくのも楽しいですね♪
これからお家を建てられる方も、すでに住まれている方も
“アクセントクロス”、是非チャレンジしてみて下さい(⌒▽⌒)/

衣摺現場レポート

お久しぶりです、企画・設計課 村家です。

まだまだ寒い日が続きますが、
先日、梅の花が咲いているのを見かけました。
春ももうそこだなと感じる今日この頃です。

はやくぽかぽか陽気になってほしいものですね★(*・ω・)v

218-1
さて、今回は先日確認に行ってきた、
衣摺の分譲地の現在の様子についてご報告いたします♪

この分譲地は、年末から4棟が同時期に工事が開始したので、
この3ヶ月ほどで、街並みががらりと変わりました。
分譲地全体が白い外壁でスタイリッシュなデザインなので、
すごくかっこいい街になると思います☆
私の好きな分譲地のひとつなので、完成が楽しみです(・ω・。)ノ=з

【Web住まいづくりの学校「資金計画の巻」】第4回

いつもありがとうございます。

「Web住まいの学校」資金計画編担当の藤田です。

さて、住宅ローンの比較をされている時に
ネットの住宅ローン試算などで
「元利均等返済」と「元金均等返済」、
および「固定金利」と「変動金利」をそれぞれいずれかを選択と
いう場面が出てくることはありませんか?

今回は「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いについて
説明したいと思います。

まず、元利均等返済とは、元金と利息を合わせた返済額は変わらず、
返済金額に占める元金と利息の割合がだんだん変化する返済方法です。
返済当初は利息が大部分を占めるので元金部分の減り方は遅いという
特徴があります。

217-1
イメージしやすいようにビジュアル化すると
こののようになります。
わかりやすく言うと返済期間毎月同じ金額を一定で払うような
イメージです。

次に元金均等返済とは元金部分を返済期間で均等に割り、
元金部分の残高に応じて利息部分を載せていく返済方法です。

217-2
イメージしやすいようにビジュアル化すると
このようになります。
返済当初が最も返済額が多く
(※同じ金額でローンを組んだ場合、
元金均等返済は元利均等返済よりもスタート額は高くなります)、
返済が進むと返済額も徐々に少なくなっていきます。

「元利均等返済」のほうは、月々の返済額がずっと同じという
メリットがあります。
一方、「元金均等返済」は最初のほうに多く払わないといけませんが、
同じ金額を借りた場合、総返済額が「元利均等返済」より
少なくて済むというメリットがあります。

例えば、3,000万円を35年、固定金利2%、
ボーナス払いなしで借りたとすると

1:元利均等返済の場合…
・初月返済分約99,400円(以後この金額均等)
・総支払額約4,174万円
2:元金均等返済の場合…
・初月返済分約121,500円(以後この金額より徐々に少なくなっていく)、
・総支払額約4,053万円

つまり元金均等返済の総支払額のほうが約120万円少なくなります。

ただし、最近は元金均等返済を適用できる住宅ローンは少ないです。
というのも上記の例でも挙げたとおり、
初期の支払が元利均等と比べかなり高額なことと、
元金均等を取り扱う銀行が少ないからです。

そのため一般的な住宅ローンは原則、
元利均等返済で考えるほうがよいというのが最近の傾向です。

以上、第4回「元利均等返済と元金均等返済の違い」
でした。

次回は2月20日頃に
「固定金利と変動金利の違い」
というテーマでお届けします(^^)/