Web住まいづくりの学校「土地・業者選定の巻」目次

第1回:「家探しの適正期間って?」

第2回:「普通の土地、分譲住宅、建築条件付き土地の違いは何?」

第3回:「売主・販売代理(代理)・仲介(媒介)の違い」

第4回:「土地選びの優先順位は?」

第5回:「「訪問する土地、分譲地数、会社数はいくつが適正?」

第6回:「立地・一番気にしなければならないのは・・・」

第7回:「安いのにはわけがある」

第8回:「妥当な値段って何だろう?」

第9回:「コーディネーター型?専門家直型?」

第10回:「まとめ、住まいづくりで一番重要視するべきことって?」

【Web住まいづくりの学校「土地・業者選定の巻」】最終回

いつもありがとうございます、

Web住まいづくりの学校、「土地・業者選定の巻」担当の藤田です。

ついに今回が最終回。

テーマは「まとめ、住まいづくりで一番重要視するべきことって?」です。

さて、理想の住まいづくりに関し、
私が昨年家を購入・建築したことを振り返りながら、
いろいろお話しさせて頂きました。

しかし、土地・業者選定で一番大事なことは何でしょう?

202-2
【ロケーション?】
生活が至便だからいって全てがOKではないですよね?

【会社?】
歴史があっても本当に「良いもの」を作っている
会社かどうかはわかりませんよね?

【引渡後のメンテナンス力?】
そんなに差がないかもしれません。
しかし、クレーム対応力を自慢する=そんな問題が起きやすい
建物を作っていることがそもそも問題ですよね?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
【コンセプト?】
明確でかっこよくても世間のニーズやシーズに
マッチしていなければ意味がありませんよね?

【間取り?】
一級建築士が作るから安心ではありませんよね?
あなたにとって住みやすい間取りを作るセンスは
資格があるからできるものではありませんよね?

【仕様?】
少な過ぎるのも問題ですし、
本当に必要なの?というものが多すぎるのも問題ですよね?

【ライフスタイル?】
環境は変わるもの、自分のライフスタイルにこだわりすぎた
家探しも少し考えものですよね?

【価格?】
やはり大切ですが、良いものはそんなに
うまく安く買えないのが世の常ですよね?
そうなると価格が少々高くてもロケーションが・・・
・・・ん?
何か堂々巡りしてきましたね?
つまり、これらのことを同時に、
バランス良く考える必要があるのです。
そのために一番大事なのはサポートしてくれる
「コンシェルジュ」です。
つまりは分譲会社・不動産会社の営業担当者です。
では、良い営業担当者とはどういう人でしょうか?
・値引きをしてくれる人?

・自分たちだけに特別に何か特典をつけてくれる人?

・どんな要望も断らず「できます!やります!」という人?

・知識やセンスがありかつ経験豊富なベテラン?
私はどれも違うと思います。
私が思うに、良い営業担当者とは

「お客様の性格に合い、客観的にお客様を見て提案・導ける人」

だと思います。

営業は家を売ることだけが仕事なのではありません、
あなたの要望を聞き、適切な土地、間取りの要望の
どういった内容を優先すべきかなどを導いてくれる
コンシェルジェです。
住まい探し・住まいづくりはそういった
「よい営業担当者」に出会えるかどうかで8割決まると
言っても過言ではございません。
実際、営業とは言わずに
「ライフプランナー」などと名付けている会社様もあります。

私たち夫婦が家探しをした時、後に購入した分譲地を
初めて訪問した後、30もの間取りの要望を担当頂いた
営業さんに送ったところ、3D付きでまさに理想という
間取りを作っていただきました。

またその中で、

「階段エレベーターをあらかじめ設置したい」

と要望したのですが、

「今設置しなくても今後小型で高性能なものが出てくるから、
設置はせず、将来設置できる十分な階段幅にしましょう」

とご提案頂きました。

しかし、これは私たちのように
かなり具体的に思いを持っていた場合です。
私たちの場合はそれらの思いを吟味・整理していただく
「調整型」の営業担当者だったから相性が良かったのですが、
例えばとにかく家が欲しいけどどうしたらいいかわからないと
いう方には話をしながら提案・誘導してもらえるタイプの
営業担当者が合うでしょう。

202-4
全ての人に合う営業担当者はいません
(たとえその会社のエースと言われる営業担当者でも)。
思っていること・考えていること・わからないことを正直に話した
うえで、皆様の「夢」を受け止めてくれ、
顕在化している思いだけでなく、潜在化している思いも
実現いただけるコンシェルジュ=会社・営業担当者に出会えることを
お祈りしております。

これでWeb住まいづくりの学校「土地・業者選定の巻」は終了です。

次回からは新たに「資金計画の巻」がスタートします。
12/14に第1回をお届けする予定です♪

クオカード

いつもありがとうございます、
Web担当の藤田です。

弊社では弊社Webサイトからの
来場予約を「いくかも予約」と呼んでいます。

そのいくかも予約をされて来場された方には
これまで全国のマクドナルドで使える
「マックカード」をプレゼントしていましたが

201-1
色んな所で使えるもののほうが良いのではないと思い、
コンビニエンスストア、ガソリンスタンドなどで使える
オリジナルクオカードを作成しました☆

今後は弊社Webサイトからのいくかも予約
(suumo、HOME’Sからの来場予約)を
された上で来場された方にはこのクオカードを
プレゼントいたします(^^)/

クオカードの説明、使える店舗一覧はこちら

いくかも予約はこちら

 

大阪ガス様 実験集合住宅NEXT21を見学

こんにちは (^-^*)/
インテリアコーディネーターの堀内です。

200-1
先日、大阪市天王寺区にある大阪ガス様の実験集合住宅である
“NEXT21”の見学会に参加させて頂きました。

※NEXT21とは…
先進的な構造・設備・平面計画を導入した集合住宅を建設し、
そこに複数の大阪ガス社員ご家族様が実際に生活しながら
技術の検証を行うというプロジェクト。
さまざまな実験施設を(テレビCMでおなじみの“エネファーム”などの実験)
分かりやすく解説して頂きながら見学した後、

200-2
『4G HOUSE-4つの世代(Generation)、4人の女性(Girls)が暮らす住まい-』と
『プラスワンの家-1つの空間をシェアする1.5世帯の新しいマンション暮らし-』
というコンセプトの、2つのお部屋を見せて頂きました((o(^∇^)o))
それぞれコンセプトは違うものの、
これからの日本のライフスタイルを想定した
先進的、かつとても暮らしやすそうな2部屋♪

インテリアも素敵で、とても勉強になりましたヾ(^∇^)

200-3
また、NEXT21では“緑地実験”にも取り組まれていて
さまざまな植物が建物のいたるところに植えられています。

200-4
大阪城公園と天王寺公園を行き来する“野鳥の中継地点”にもなっているそうで、
ビルの多い周辺の環境を忘れるくらい、とても気持ちのいい空間です!

今回、いろいろと勉強したいと思って参加させて頂いたのですが
『私も住みたいなぁ…ヾ(≧∇≦)ノ』という視点でも
楽しむことができた見学会でした!!

西石切モデルハウス♪

こんにちは、分譲事業部企画課の村家です(・ω・)ノ
最近すっかり寒くなりましたね。
風邪等をひかないように服装には気をつけていきましょう。
さ て、今回は私達の取組みについてご報告いたします。
私達は月に一度、会社の活動の一環として、
「心地よい住まいの提供 実践委員会」を開いています。
協力業者様と品質面や安全面、問題点等を共有し、実践して行こうとの取組みです。
社内でのミーティング後は、工事中の現場に行き、みんなでチェック、
是正ポイント等を話し合います(「・ω・)

199-2
先日は、エンジェルコートPlus西石切5号地のモデルハウスのチェックに行きました(>U<)☆
アパートメントデザインをイメージにした西石切の分譲地は、玄関が2階にあります。
その為、出来上がりまではなにかと上り下りが大変です。。。。

199-1
私が初めてコーディネートさせていただいたこのモデルは、
カリフォルニアの“ナチュラルヴィンテージ”をインテリアイメージに、
LDKのクロスの貼り方をこだわりました( ・∀・)ノ
その為、コンセントの位置も細かく指定していたのですが。。。
お願いしたとおりに施工していただいていたので、より完成が楽しみになりました☆

早く出来上がらないか、待ち遠しくて現場が気になってそわそわします(*´∀`∩)

完成イベントも年明けに予定しておりますので、是非見にきてください(〃∇〃)

【Web住まいづくりの学校「土地・業者選定の巻」】第9回

198-1
いつもありがとうございます、

Web住まいづくりの学校、「土地・業者選定の巻」担当の藤田です。

今回のテーマは「コーディネーター型?専門家直型?」です。

さて、前回は理想の住まいづくりに関し、
各分譲会社・不動産会社・工務店によって標準設備がかなり違い、
それによって表示価格が違うことをお話ししました。

そして今回はもう1つ
会社によって対応が大きく違うポイントがありますので、
それについてご説明します。

その大きく違うポイントとは・・・

契約後の間取や住宅設備などの「打合せ」です。

皆さんが家を契約される時、
契約する会社の営業担当者が窓口になります。

では、間取りや住宅設備、
電気の位置や外構の打ち合わせは営業担当者とされると思いますか?

営業担当者も同席される場合もありますが、
大体が設計士やインテリアコーディネーターが
その打合せのメイン担当として対応されます。

そして、その設計士やインテリアコーディネーターが
その契約した会社様の社員かというとそうとは限りません。

この「家づくりに関する打合せ」については
主に2つのパターンがあります。

1:コーディネーター型
建築は契約した会社の建築部門、あるいは協力会社が行うが、
契約した会社に設計士・コーディネーターがおり、
その方がお客様の意向を受け、建築部門やガス工事、電気工事会社と
打合せを行う。

2:専門家直型
設計は設計事務所や工務店、コンセントの位置は電気工事業者、
外構は外構施工業者というように担当する分譲・不動産会社の
外注業者とお客様が直接打合せを行う。

これは各社様々な理由があっていずれかを採用しております。
どれが良いというのは難しいですし、
2の会社に1の対応をして欲しいとお願いしても
できない場合が多いかと思われます。

ただ、私たちは契約=販売した会社から家を買ったという意識が
強いことと、色々な方と打合せをしたら、
引き渡し=居住後、例えば雨漏りや電気がつかなくなったら
どこに言えばいいのかわかりませんよね?

なので、引き渡し時に必ず確認すべきことの一つは、
例えば洗面所の水の流れが悪い、
床鳴りがするなどトラブルがあった場合

「最初にどこに連絡すればよいのか」

です。

営業担当なのか、メンテナンス部門なのか、はたまた箇所によって
違うのか、会社によって違いますので必ず確認し、
連絡先を携帯などに登録しておくのもよいかもしれませんね(^^)

以上、第9回「コーディネーター型?専門家直型?」でした。

いよいよ次回が【Web住まいづくりの学校「土地・業者選定の巻」】
最終回となります。
「まとめ・住まいづくりで一番重要視するべきことって?」
というテーマで11月28日頃お届けします(^^)/

HOME’S EXPO 2014に行ってきました♪

いつもありがとうございます、
Web担当のの藤田です。

197-1
先週の木曜日、HOME’S EXPOに行ってきました。

HOME’Sとはご存知の方も多いと思いますが不動産情報サイト、
弊社も物件情報を掲載させて頂いております♪

HOME’S EXPOはHOME’Sに物件を掲載している
各不動産会社、住宅メーカーなどを対象に行っているイベント。
・著名人の講演
・HOME’Sを運営する株式会社ネクストの経営戦略発表
・賃貸、中古などジャンル別パネルディスカッション
という内容でいつも開催されているようです。

197-2 197-3
今年の著名人講演は
「す・またん」や「たかじんのそこまで言って委員会」で
おなじみのニュースキャスター・辛坊治郎さん。
海難事故にあわれたときのお話が印象的でした。
もしかしたらこの世にいなかったかもしれなかった、
いろんな偶然が重なって生還した。
「誰かに生かされている」と思うようになったという言葉が
印象に残りました。
197-4 197-5
第2部はネクストの経営戦略発表会。
昨年もそうですがわざわざ本社・東京から社長様を含め
担当役員の皆様が大阪まで来られてお話しされるところが
好印象です。

その中で印象に残ったことは
不動産探しをした方で、HOME’Sのような不動産情報サイトを
使ったことがある人が95%だということ。
やはりほとんどの方がHOME’Sなどの不動産情報サイトを
まず使うんだなーということを改めて認識しました。

弊社のHOME’S掲載物件情報はこちらをチェック!