東大阪市の子育て支援の取り組み・補助制度まとめ

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。


新しい何かが始まるときって、誰もが不安でいっぱいですよね。
今回は新しく東大阪市にご家族でお住まいになる方、また家族が増えて東大阪市で子育てをすることになる方へ、市が行っている、また東大阪市に住むにあたって知っておくとよい情報をご紹介します。


■子ども医療費助成制度
中学校卒業までの子どもの医療費を一部市が負担してくれる制度です。
これにより回の医療機関受診で払う金額は500円以下で済みます。
東大阪市に住所があり、健康保険に加入している子どもで、生活保護やひとり親家庭などの事情により他の医療費助成・控除などをうけていなければ助成を受けることができます。

東大阪市内七か所にある行政サービスセンターか東大阪市役所の市民生活部医療助成課にて、「子ども医療証」の申請が必要です。
申請者の印鑑と対象の子どもの健康保険証を持っていくことで手続きができます。


■妊娠・出産・産後にかかる検診の費用の一部補助
出産前後にお母さんが受診する妊婦健康診査・産後健康診査の費用も一部市が補助してくれます。 乳児健康診査(〇ヶ月検診)一回分も同様です。
東大阪市に居住し出産していれば母子手帳や母子手帳別冊に専用の券がついています。
また、里帰り出産などのために東大阪市以外でこれらの検診を受けたとしても、東大阪市に住民票がある人は、保健センターで申請をすれば、検診費用が戻ってきます。


■子育てコミュニティの充実
東大阪市には無料で訪れることのできる子育て支援センターが市内6カ所にあります(※写真は旭町子育て支援センター)。月曜~土曜の9時から16時半までが開館時間です。子どもが遊ぶことができるおもちゃや、子育てについて学んだり話したりできるイベントもあります。
また、東大阪市は子育てサークルの活動を支援しており、保育所や子育て支援センターで申請をすることによって、集まる場所や絵本・紙芝居の貸し出し、保健師や看護師の派遣などより有意義な活動をすることができます。


■児童手当
これは市ではなく国の制度ですが、中学校卒業までの子どもは毎月児童手当をうけることができます。所得や何人の子供がいるかによって金額は変わってきますが、必ずうけることができます。東大阪市市民生活部国民年金課で申請しましょう。請求者の印鑑・マイナンバーカード・振込口座の通帳・健康保険証が必要です。


■ショートステイ・トワイライトステイ
一時的に子供を公的施設に預けることができる制度です。
ショートステイとトワイライトステイの二つがあります。
ショートステイは事故や出産などの事情で子どもを養育できない場合、7日以内で子どもを預かってくれます。 トワイライトステイは休日や夜間に仕事やその他の事情で子供と一緒に入れないときに、6ヶ月を限度として子供を預かります。
どちらも福祉事務所の家庭児童相談室もしくは子ども見守り課に相談することで利用することができます。
利用料金は所得によって違いますが、ショートステイは2歳以上であれば最高でも1日2750円、トワイライトステイは1日最高750円です。


■一時預かり事業
ショートステイやトワイライトステイと似たような制度ですが、一時預かり事業は単発で子供を預かってくれます。
一時預かり事業は一時的に仕事をしたりするための就労型と、在宅で子供を育てている保護者の事情により子どもをあずかるリフレッシュ型があります。就労型は8時間まで、リフレッシュ型は4時間までが限度で、一時間単位数百円で預けられます。
保育園や認定こども園が預かり場所となっており、とても安心です。東大阪市役所の子どもすこやか部で問い合わせを受け付けております。


■小児慢性特定疫病医療費助成制度
長期療養の必要な、慢性疫病(指定されている)にかかっている18歳未満の児童の医療費が公費によって賄われる制度です。 18歳に達しても治療対象であれば、20歳まで助成を受けることができます。


■まいど子でもカード
これは大阪府福祉課の取り組みですが、まいど子でもカードは、子育て世代を応援するための取り組みです。
まいど子でもカード会員になると送られてくるカードもしくはメール上のデータをまいど子でもカード協賛店で見せるだけで、サービスを受けることができます。
18歳未満の子供がいる世帯なら簡単に会員登録することができ、お出かけをより楽しめます。2016年で大阪府内に11000か所の協賛店があり、ホームページでどこが協賛店であるか検索することもできます。
ちなみに、東大阪市内には約900軒の協賛店があります(2006年当時)。 お母さんだけでのお出かけでも使用することができ、とてもお得なカードです。

東大阪市が行っている子育て支援のなかでも一般的なものをご紹介しました。 たくさんのサービスをどんどん使っていくことでゆとりのある子育てができることを願っています。 また、支援を受けに行くことでママ友が増えたり、知らなかったお得な支援を知ることができたりするのではないでしょうか。

子育てしやすい街をお探しの方必見!大阪府東大阪市の子育て事情

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「今より子育てのしやすい街はないかな。」

こんなふうにお考えの方は多いかと思います。特に就学前のお子さんは、教育面において比較的住まいの周辺環境に影響されやすい時期であるとされています。

子どもの将来のためにも、幼いころから良い環境で育てて良い影響を与えたいものですよね。

子育て-仕事
東大阪には子育てにやさしい補助制度が充実しています。今回はそのなかでも2つをご紹介していきます。

◆地域子育て支援事業
平成24年8月に、子育てに関するさまざまな課題を解決するために「子ども・子育て支援法」が成立されました。

この法律と関連する法律に基づき、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡大や質の向上を進める「子ども・子育て支援新制度」が平成27年度よりスタートしました。

そのため、東大阪では全ての子どもたちに質の高い教育・保証の提供を目指しています。

現在は子供・子育て支援新制度として、以下のような取り組みを中心にさまざまな事業を展開していこうとしているようです。
・一時預かり、親子広場など 地域のニーズに合わせた子育て 支援を充実させること。
・在宅で子育てされている方への 支援を強化していくこと。

◆病児・病後児保育室
子育てと就労支援の一環として、東大阪市内に居住している保育所(園)・認定こども園・幼稚園等に通所している児童あるいは、小学校1年生から3年生までの児童は、病児・病後児保育室の利用が可能です。

病児・病後児保育室では、病気あるいは何かしらの身体的負担を負った際の「回復期」や「回復期に至らない場合」で集団保育が困難な場合、児童をお預かりし保育や看護をしてくれます。

◆まとめ
今回は、子育てしやすい街として大阪府東大阪市をご紹介しました!

東大阪市では、平成24年8月以降、子育てに関する制度を拡大していく傾向がありますので、今回のご紹介した現代の取り組みだけでなく、長期的にみても、より子育てしやすい街になっていくことが期待できます。お子さんの将来のためにも是非、参考にしてみてくださいね。

未就学のお子様がおられるご家庭は必見!東大阪市でホームスタート開始!

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

hdr-logo_on
突然ですが、「ホームスタート」という言葉をご存知ですか?
ホームスタートは、小学校に通う年齢にまだなっていないお子さんがおられる家庭に、研修を受けた地域の子育て経験者が訪問する家庭訪問型子育て支援ボランティアです。
このホームスタートが、今年の8月2日から東大阪市でスタートしました!!

image0052
■具体的にどんなボランティアなの?
毎週2時間程度、ホームビジター(ボランティア)の方がお家に訪問してくれます。
滞在中は友人のように寄り添いながら、家事やお出かけを手伝ってくれたりします。
両親の元を離れて子育てをしている場合や引っ越したばかりなど、「近くに頼れる人がいない」という場合にも、このホームビジターさんが助けてくれます。

また「兄弟が多く、全員の面倒を自分たちだけで見ることができない」というご家庭にも、非常に助かるサービスです。

aff7c3fa
■東大阪ならではのホームスタート
ホームスタートがあるのは、日本では27都道府県しかありません。
さらに関西では大阪府と滋賀県のみです。また、大阪府の中でも岸和田市、熊取町、高槻市、東大阪市の4市のみとなっています。
そのため、東大阪市に住めば数少ないホームスタートを受けることができます!

ちなみに東大阪市には、6月から始まった40時間もの長いビジター養成講座を終えた、12名のビジターさんがおられ、今後もどんどん増えて行く予定です。
また、このホームスタートが始まる前も、東大阪市は説明会を開いて住民の方の理解を深めるなど、地域として子育てを応援しようとしているのが東大阪市なのです。

いかがでしたか?
子育てに対して、少なからず不安をもっておられるかたも、ホームスタートを利用すれば経験豊かな方が寄り添い、サポートしてくださいます。
入学前のお子様が一人でもいれば利用できますので、是非ホームスタートを利用してみてくださいね!

父子健康手帳の交付は受けましたか?東大阪で育メンパパを目指そう!

東大阪はラグビーや中小企業の街として有名な地域ですが、子育てや教育に力を入れている地域でもあります。
そんな東大阪で育児をしていくお父さんに知っておいてほしい「父子健康手帳」というものがあります。早速「父子健康手帳」とはどんなものかご紹介していきます。

fushi
・お父さんのための健康手帳

東大阪では、イクメンパパのための父子健康手帳が配布されています。
父子健康手帳にはお父さんのための育児ガイドブックとして、マタニティライフ、ママのサポート、ふたりでのぞむお産、新生児のお世話や育児などの基本知識が掲載されています。
「育児に関することはあまりよくわからないなぁ」というお父さんは是非交付を受けるべきでしょう。
育児のことについてよく知っている、あまりよく知らないだけでも差は大きいものです。
明るく楽しい家庭を築くためにも、育児への理解は深めておきましょう。

・子育て日記としても使える
父子健康手帳は子育ての記録を付けられるページもあるため、お子さんの成長に合わせてちょっとした日記をつけてあげると、後でかけがえのない思い出になります。
「生まれてくる子供は男の子かな女の子かな」「子供の名前はこういう理由で決めたんだ」など自分の気持ちも併せて父子健康手帳に書いておけば、後で見返した時もその当時の思い出を振り返ることができますよね。
当時の思い出を振り返るたびに、「これからも子供のため、嫁のために頑張ろう!」と気持ちも鼓舞されるので、日記として父子健康手帳を使うのはオススメです。

また子育ての時に困ったこと、気づいたことを書いておけば次のお子さんの出産のときにも役立つでしょう。
「上の子の時はここで困ったからこうしなきゃ」という風に役立てることができます。

東大阪で交付される父子健康手帳についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
自分の大切な子供ですから、お父さんの立場としてもできるだけ多く子育てに携わりたいものですよね。
これから幸せな家庭を歩んでいくためにも、ぜひ赤ちゃんを授かったら父子健康手帳を交付を受けてみましょう。

東大阪での子育てはどうすればいいの?~遊ぶ場所編~

子育てをする上で、お子さんがのびのびと遊ぶ場所を見つけてあげるのは親の使命のようなものですよね。
いつもはお母さんと2人で遊んでいるけれど、これから幼稚園、小学校と進んでいくのであれば、ほかの小さな子供たちと一緒にのびのび遊ぶことも大事です。

また、親さん自身も子育てをしていく中でママ友がほしくなりますよね。
育児上での情報交換をしあえる友達がいると、一緒に子育てをしている仲間ができたようでとても心強くなるものです。
そこで今回は東大阪で親子が遊べる場所や子育て仲間を作れる場所をご紹介していきます。

子育て情報
子育て情報誌をチェック
「子育て情報誌」は東大阪市の東・中・西北・西南の4地域ごとに子育てに関する情報を掲載しています。
保育所やこども園、子育て支援センターなどの園庭開放や赤ちゃんタイム、お出かけ事業の日程や、市内17か所ある「つどいの広場」の情報が年に2回掲載されています。

「子育て情報誌なんて見たことないよ」という方でも東大阪市のホームページから(子育て・教育)→(子育て支援)→(親子で遊ぶ・子育て仲間を作る)とページを飛んでいけば、この子育て情報を閲覧することができます。
スマートフォンでも気軽に見ることができるので、ぜひ検索してご覧になってください。

子育て倶楽部
・つどいの広場ってなに?
先ほどちらっと「つどいの広場」について触れたのでご紹介しておきます。
つどいの広場とは乳幼児のおこさんとその保護者さんが、交流しあう場です。
地域の子育て支援機能の充実を図ることを目的に、地域の子育て中の親子さんが安心して子育てできるように作られました。
つどいの広場にはお子さんが好きそうなおもちゃが揃えられていて、お子さんが元気に遊ぶことができます。
お母さん同士も気軽に打ち解けて、子育ての悩み事を相談しあったり、情報共有をしあうこともできますよ。
「家計のやりくりどうしてる?」という相談や「最近これ買ったんだけどとても便利だよ」といった情報共有ができるママ友を作れたら心強いですよね。

いかがでしたでしょうか。
このような小さなお子さんと保護者の方が集う場であれば、ママ友もできやすくて育児もしやすくなります。
家庭での育児や家事に行き詰った時も、助け合えるママ友ができれば大きな助けとなるでしょう。

東大阪での子育てはどうすればいいの?~手当・助成編~

子育ての援助のために地域ごとに特色のある手当や助成制度がありますよね。
こういった手当や助成制度は自分から検索していかないと、誰も教えてくれず存在を知らないままで終わることも多いと思います。
(※以下各表は弊社発行東大阪ガイドブック「ANGEL STORY」より抜粋)

子供医療費助成
・子ども医療費助成
子ども医療費助成とは、中学生以下のお子さんが医療機関等で受診したときの費用の一部を公費で助成してもらうというものです。
所得制限はありませんが、対象にならない方の項目や交付申請についての情報が東大阪のホームページに記載されているのでチェックしておきましょう。

・ひとり親家庭医療
シングルマザーやシングルファーザー、そして孤児の子供たちを養育している方で所得が所得制限未満の方が対象の助成制度です。
医療機関等で受診されたときに支払う保険診療の自己負担金の一部が公費によって助成されます。

児童扶養手当
・児童手当、児童扶養手当
これは両親の離婚によってお父さんやお母さんと生計を一緒にしていない子どもが、育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立促進のために支給される手当のことです。
こちらの手当も支給してもらうのに数々の条件を要するので、東大阪市のホームページで詳しくチェックしておきましょう。

まいど子でもカード
・まいど子でもカード
まいど子でも(まいどこでも)カードとは、登録すれば協賛店や協賛施設などで、割引などの特典を受けられるカードのことです。
登録費は無料で、18歳未満のお子様をお持ちの世帯なら、家族の誰でもが会員になれます。

東大阪のみならず大阪府全域で使うことのできるカードですので、大阪市内へ遊びに行くときもこのカードも持っていれば、数々のお得な割引を受けることができますよ。
協賛点や協賛施設の数はとても多く、東大阪だけでもショッピングでは329点、グルメでは216店でこのまいど子でもカードを使用することができます。
例えばお子さんに人気のマクドナルドであれば、ハッピーセットのチーズバーガーセットが割引価格で購入で着たり、スイミングスクールの入会費が無料になったりとかなりお得な割引があります。

いかがでしたでしょうか。
手当・助成は知らなかったら損なことが多いです。
ことが終わってから「えっ、この制度を利用しておけば○○円も負担することなかったのに」ということにもなってしまいますので、情報収集は小まめに行っておくことをオススメします。

東大阪での子育てはどうすればいいの?~出産に関する情報編~

見知らぬ土地での子育ては不安なことがたくさんありますよね。
東大阪では子育てや教育に力を入れており、知っておかないと損をする情報もあります。
そこで今回は出産で大切になってくる補助金についてご紹介していきます。

syussan_akachan
・出産育児一時金
国民健康保険加入者が出産した時は、一人のお子さんにつき42万円(産科医療補償制度に加入していない医療機関での出産は40万4千円)が支給されます。
知らないままにお金を払っていたら大損ですよね。
ただでさえ子育てには巨額の費用がかかるのに、支給金を利用しないままとなればその分の損は大きいです。

・入院助産制度
また経済的な理由により入院して出産ができない場合は、出産に関する費用を対象の人のみ、市から補助してもらえます。
条件としては生活保護世帯の方、市民税非課税世帯の方が対象となります。
制度を利用される場合は、出産予定日の三か月前までに福祉事務所に申し込みをする必要がありますので注意してくださいね。
詳しくは東福祉事務所、中福祉事務所、西福祉事務所等の子育て支援係にお問い合わせしてみましょう。

出産費用に関する知識は是非ともチェックしておいてください。
後で「えっ、そんなものがあったの」と後悔しないようにしておきましょう。
次はちょっとしたマメ情報ですが、合わせてご覧ください。

・登録しておけば役立つ情報が届く「子育てハッピーメール」
「子育てハッピーメール」とは、東大阪が月に1回のペースで子育てに関する情報を届けるメールマガジンのことです。
親子で気軽に遊びに行ける場所やイベント情報、子育て講演会などの情報を、地域ごとに配信されています。
子育てをする上でわからないことはたくさんあると思いますので、不安点を解消するためにも情報を多く知っておくことは大切でしょう。
「東大阪はなじみのない土地だからどこにどんな場所があるかどうかわからない」という人は是非登録してみてはいかがでしょうか。
「こんなところにこんな場所があるんだ!」という発見にも繋がるでしょう。
>>登録はこちらから

ひがしおおおさか子育て応援ナビ
・ひがしおおさかし子育て応援ナビ
上記のような妊娠や出産のサポート体制、補助・助成金については、東大阪市役所HP内にある「ひがしおおさかし子育て応援ナビ」にて詳しく、わかりやすくまとめられていますので、ぜひ1度ご覧ください。
>>ひがしおおさかし子育て応援ナビ

いかがでしたでしょうか。
大阪感がバリバリでてる東大阪ですが、子育てに力をいれていてすごく魅力的な街です。
「こんなこと知らなかった」という情報があれば、他の人にも「ねぇ、これ知ってた?」と共有してあげましょう。

東大阪での子育てはどうすればいいの?~健康手帳編~

家族での新しい生活を東大阪で始めようとするご家族にとって心配なのが、「子育てのしやすい街かどうか」という点だと思います。
なじみのない土地で子育てをしていくとなるとわからないことだらけですよね。
東大阪で子育てをしていくとなれば、どのようなことをチェックしておけばいいか早速見ていきましょう。

・妊娠がわかった!
「東大阪に住んでから間もなく赤ちゃんができた!」という方は、なるべく早く妊娠届出書を提出し、母子健康手帳の交付を受けましょう。
保健センター、市役所本庁舎8階 福祉企画課、行政サービスセンターに行けば健康手帳の交付を受けることができます。

母子手帳
これが東大阪市の母子手帳デザインです

「初めての妊娠だから何をどうしていいかわからない」という場合は保健センターで交付を受けることをオススメします。
保健センターではやさしいサポートがついている他、交付の際に保健師の方が妊娠中の生活についてアドバイスをしてくれます。
保健師さんはいわば「子育てのプロ」なので、この際にわからないことはなんでも聞いて、不安点をなるべく解消しましょう。
・すでに健康手帳を持っている方
「前に住んでいたところでもう健康手帳を作っちゃった」という場合は、新しいものに交換する必要があります。

15589763_1294833390560361_5146842852518856114_n
保健センター、もしくは市役所本庁舎8階 福祉企画課に行けば、健康手帳を交換することができますよ。
引っ越しの手続きなどでいろいろとバタバタするとは思いますが、面倒なことは早めに済ませておきましょう。

illust957
・お父さんも子育てに参加!
子育てはお母さんのものではなく、お父さんも手伝えることがいっぱいあります。
お母さんの立場から見ても、お父さんが一緒に子育てに付き添ってくれることはうれしいことですし、お父さんからしても自分の子にはたくさんの愛情を注いでやりたいものですよね。
最近では「育メン」という言葉も流行り、お父さんが育休を取って子育てに携わったり、子供の世話を積極的にするお父さんが増えてきました。
東大阪でもそんな育メンパパのための「父子健康手帳」というものがあるので、ぜひチェックしてみてください。

いかがでしたでしょうか。
東大阪にお住いの際は是非この記事をご参考ください。