住まいづくりのコラム「家族とのふれあい編」

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

住まいづくりのコラム、今回は、家族とのふれあいについてお伝えしたいと思います。

家族
みなさんが家を建てる目的とは一体なんでしょうか。おそらく、家で共に暮らす人・家族のためではないかと思います。さて、今回は家づくりが家族に与える影響についてみてみましょう。

家づくりの様々なこだわりが最終的に行き着く着地点として、家族が共に暮らし、共に成長していく空間づくりと言えるでしょう。

illust1459
住む人々が仕事や学校などそれぞれの生活を送る中で、家に帰り、その日あったことを話し、リラックスできる場所が家なのではないでしょうか。家族のライフスタイルが多様化する中で、家づくりへのこだわりは家族の色を反映するといえるでしょう。

これまで、ご紹介したこだわりはそれぞれ家族のふれあいに繋がっていきます。例えば、立地や地域コミュニティーへの所属は、子育てなど家族の成長にとって必要になるでしょう。

子供が学校でどんな時間を過ごし、地域に住む友達とどのような関わりを持っているのか家族内で共有することで、家族の絆はより密接なものになるに違いありません。また、間取りを考える上で、家事動線という概念をご紹介しました。近年、働きながら家では家事の中心を担うワーキングマザーは増加の傾向にあります。

bg_house_living
そんなお母さんの家事の負担を軽減し、家族とのふれあいの時間を増やせる間取りが家づくりに求められています。他にも、リビングの位置づけはコミュニケーションの促進に繋がる要素となってきます。

さらに、日当たりなど家族全員が快適に暮らせる家づくりは、家族のふれあいを考えると最低限必要になってくるでしょう。

これら以外にも家族とのふれあいを促進するために、様々こだわりを持って家づくりを考えることができます。これからは家族とのふれあいの場を一番のこだわりとして、家づくりを考えてみると良いかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。家族のためという目的があってこそ、家づくりに対して真摯な姿勢をもって望むことができるのではないでしょうか。

住まいづくりのコラム「コミュニティ編」

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

住まいづくりのコラム、今回は、コミュニティーについてご紹介したいと思います。

illust4022
近年では、近所と関わる機会が少なくなり、コミュニティーに所属するという意識は薄くなってきたのではないでしょうか。コミュニティーの形成は、その家・地域で快適に長く暮らすためには非常に重要な要素といえます。それではみてみましょう。

まず、コミュニティーとは一体何を意味しているのでしょうか。コミュニティーとは端的にいうと同じ場所に住み、共同体としての意識を持つ人々の集団です。他にも地域社会といった表現が用いられることもあります。

新築で家を購入する際は、所属するコミュニティーを選ぶといった意識も必要になってくるのではないでしょうか。まず、地域のコミュニティはロケーションを元に形成されていきます。

tatemono_station
例をあげると最寄りの駅やその駅からどのくらいの距離があるのか。それによって、都市部に通勤する人が多いのかなどの特性が見えてくるでしょう。また、そのロケーションは学校から近いのかなど学校を中心としたコミュニティーも考えられます。

このようにロケーションによって似たような価値観や背景を持つ人が集まり、同じ場所で暮らすことでコミュニティーの形成・所属につながっていくのです。

それでは、なぜコミュニティーは重要なのでしょうか。コミュニティーは周囲の人々との絆を感じられる機会を得ることができるからではないでしょうか。例えば、あなたに子供がいて、小学校に近い地域に住んでいるとします。

silhouettes-1186990_960_720

コミュニティーに所属することで、子供の教育について相談できる友人が獲得できる・子供たちが一緒に遊べる友人ができるなどのメリットがあるでしょう。

また、地震などの災害が起こった場合、困った時はお互い様の精神で助け合うことができるかもしれません。このような観点から自分がどのようなコミュニティーに所属したいかを考え、家づくりに繋げていくことが大切なのです。

いかがでしたでしょうか。魅力的なコミュニティーに所属することで、快適に長くその地域で暮らすことができるでしょう。
次回は、家づくりにおける日当たりの大切さについてご紹介します。

住まいづくりコラム「家の間取り編」

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

住まいづくりのコラム、今回は、家の間取りについてお伝えしたいと思います。

img_plan2
家の間取りは、住む人が快適に生活をする上で必要な要素をなっています。そのため、間取りへの検討を怠ってしまうと住みづらい家になり、我慢を強いられることになるでしょう。それでは、みてみましょう。

家の間取りを考える上で、まず家を構成するパーツを考えてみると良いかもしれません。パーツとは、例えばキッチン・リビング・ダイニング・書斎などがあげられます。まず、家にどんなパーツが必要かを考え、組み立てることが間取りと言えるでしょう。それぞれのパーツがどこにあれば都合が良いのか考えを巡らしてみましょう。
さて、家の間取りを考える上で、忘れてはいけない概念が「家事・生活動線」です。その名の通り、家事・生活を営む上で通ることになる経路を指しています。これらの動線を可能な限り短くするための間取りを考える必要があるでしょう。

DSC09303
例えば、キッチンとダイニングとの距離は短くする必要があります。できた料理を食べる場所まで運ぶ作業は楽な方が良いですよね。他にも、家族とのコミュニケーションを活発にするために、リビングを通らないと個人の部屋にいけないように生活動線を巡らすなどが考えられるでしょうか。

このように、間取りを考える上で、動線への配慮が必要になります。

DSC08272
また、日当たり・風通しも検討する必要があるでしょう。日当たりは家族が明るく過ごせる家を実現するために重要な要素です。家に住む人が多くの時間を過ごすであろうリビングを南向きの間取りにすることで、リビングに明るい光を取り込むことができるでしょう。

他にも、集中して作業をするために書斎の間取りを北向きにすることで、安定した日当たりを実現できます。日当たりと同様に風当たりも快適な家のためには大切な要素です。家の中で、上下左右どのような風の通り道を作るかまたどうやって作るのかも、間取りを考える一環といえます。

いかがでしたでしょうか。間取りを考える上で、まず住む人が求める家のパーツ、そしてそれらをどう組み立てるかという視点が求められます。さらに、快適に過ごせる家のためには、日当たり・風通しなどの細かな要素にこだわってみましょう。次回、家族とのふれあいの大切さについてご紹介します!

住まいづくりのコラム「安定性編」

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。
住まいづくりのコラム、前回は日当たりについてご紹介しました。

今回は、家の安定性についてお伝えしたいと思います。家は長く住むものだからこそ、その価値を保ちたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。それではみてみましょう。

195-1
今回、ご紹介する安定性は資産としての家の価値が将来も持続するのかということを指します。せっかく新築で、家を買うのならば、その家が周囲に自慢できるものであってほしいというのが多くの方の欲求なのではないでしょうか。将来、家を売りたいと、もし考えることがあった場合、自慢の家ができるだけ高い評価を得る、つまり市場で価値のある資産である状態を保つということが重要になります。

そんな家の安定性ですが、日本において重要視している人は多くないのが現状です。多くの人は、新築で家を買う際、家を「耐久消費材」として検討しており、「資産」としての家を購入していないのではないでしょうか。

そのため、実際に家を購入する時に支払った額とその資産価値に大きな差が生まれています。日本の現状に対し、アメリカなどでは、家は資産としての認識がなされており、若いうちから家を購入し、数回住み替えるということが主流となっています。

tochi_akichi
それでは、家の価値を高水準に保つためには何が必要なのでしょうか。1つの答えとしてあげられるのは、「土地」ではないでしょうか。家の資産価値が下がりにくいのは、資産価値の高い土地に建てられた家です。中でも、多くの人から求められている土地、つまり通勤などに便利な土地を選ぶことが家の価値の安定性を担保するために必要なことなのです。

いかがでしたでしょうか。日本人にとって、家は一生に一度の大きな買い物との認識がされています。そのため、資産としての家という意識を持つことが求められているのではないでしょうか。次回は、コミュニティーについてご紹介します。

住まいづくりのコラム「日当たり編」

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

明るい家づくりに日当たりは非常に重要な役割を果たしていることをご存知でしたでしょうか。「南向きの家に住むと日当たりが良い」などの意見を耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。それではみてみましょう。

hiatari
まず、家づくりにおいてなぜ日当たりを気にする必要があるのでしょうか。家に太陽光を入れることで、明るく暮らすことができるというのが簡潔な理由です。日当たりをないがしろにしてしまうと、暗くジメジメした生活を送ることになりかねません。その結果、カビの発生により健康を害してしまったり、家そのものの寿命を短くしてしまいます。
それでは、どのような間取りにすると日当たりの良さを実現できるのでしょうか。その中で理想の間取りなどは存在するのでしょうか。

方位磁石
よく言われているのは、南向きの家に住むことで、日当たりの良さを実現できるということです。これは、南向きの家が、日照時間の長さの関係で、日中の日当たりがもっとも良い間取りであるためです。

次に、東向きの家ですが、太陽は東から昇るため、朝の日当たりの良さを求める方にとってはおすすめと言えるでしょう。また、西向きの家は、午後にかけて日当たりがよくなってゆきます。美しい夕日を部屋から見ることができるのも西側のメリットといえます。

最後に、もっとも日当たりが悪いと言われる北向きの家ですが、一日中安定した日当たりとなるため、あまり明るさを求めない方にはおすすめでしょう。このように、日当たりは家の向きによって一丁両端といえます。

いかがでしたでしょうか。一口に日当たりといっても、得られるメリットは様々です。日当たりを考える上で重要なことは、自身のライフスタイルによるところが大きいということがご理解いただけたでしょうか。さて、次回は立地についてご案内します。

住まいづくりのコラム「意外性編」

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

住まいづくりのコラム、今回は、「意外性」をテーマにして家づくりを見てみましょう。

まず、家づくりにおける「意外性」とは何をさすのでしょうか。意外性は、一見するだけでは分からない細部へのこだわりを持った空間設計と言えるでしょう。住みやすいように、間取りを工夫したりするのはもちろん重要です。ですが、せっかく建てる家に長く・楽しく過ごせる空間を形成するために、少し「遊び心」を加えてみるというのが家づくりにおける意外性といえるでしょう。家は住むためのものですが、同じ住む目的でも何かプラスアルファの要素を加えることで、長く住める家を実現できるのです。

IMG_2873
さて、それでは家づくりにおける「意外性」はどのようにして実現できるのでしょうか。まず、あげられるのは外観の意外性です。例えば、家の外観を検討する際に、デザインはシンプルに考える一方で、全体の色を真っ白に統一するなどの意外性を出すことが可能となります。

DSC03310
他にも内装での意外性を実現することができるでしょう。意外性を出す内装として、吹き抜けなどが考えられます。吹き抜けを設けることで、太陽の光を自然に家の中に取り込むことが可能となります。

他にも、一般的に普及している窓を採用するのではなく、デザイン性に優れた窓を採用することで、あなたの家を訪れたゲストはその意外性に驚くことでしょう。

いかがでしたでしょうか。このように、家の意外性にこだわることで、他の家とは違うあなただけの空間を作り上げることが可能となります。細部に少しでもこだわることで、長く飽きずに暮らしていくことができるのではないでしょうか。

住まいづくりのコラム「柔軟性編」

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

前回は、住む人の感性を表現するデザイン性を家づくりのこだわりポイントとしてご紹介しました。今回は、家の柔軟性をテーマにお話したいと思います。とはいえ、家の柔軟性といってもイメージがつかない方も少なくないでしょう。それでは、柔軟性とは何を意味するのか、またなぜ重要なのかみてみましょう。

家
家の柔軟性とは、簡潔にいうと変化に対応しやすいか、ということです。ご存知の通り、家を建てるとこれから10年、20年と継続して住むことになります。その時間の流れに対応して、生活様式が大きく変化することも考えられます。そのため、家を建てる時点で将来のリフォームやリノベーションまで想定し、家づくりを検討する必要があるのです。可変性を持った仕掛けや工夫を設計時点から設けられるかが鍵となってくるでしょう。

家族
それでは、家に柔軟性を持たせるためにどのような工夫が行えるのか実例をいくつかご紹介したいと思います。まず、多くの人にとって検討すべきは老後への備えではないでしょうか。老後までを見据え、今後バリアフリーなどにも対応できるように柔軟性を持った家づくりをする必要があります。例えば、あえて廊下の幅を広くすることで、車椅子を使用することになったとしても楽々通れるような柔軟性を持った設計が可能となります。このように、様々な生活様式に対応できるよう設計の時点で柔軟な対応を可能にしておく必要があるのかもしれません。

いかがでしたでしょうか。家の柔軟性はデザインや住みやすさなどと比べ、ないがしろにされかねません。将来何が起きるかすべてを想定することは難しいかもしれませんが、変化が起こることをあらかじめ頭に入れて設計に反映することで、柔軟な家づくりができるでしょう。

次回は、「安定性」についてご紹介します。

住まいづくりのコラム「デザイン性編」

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

住まいづくりのコラム、今回は、「デザイン性」についてお伝えします。家のデザインは家づくりでもっともこだわりを見せることができる要素といっても過言ではありません。

gaikan_l
まず、家づくりにおける「デザイン性」とは何をさすのでしょうか。まず、デザインを考える上での判断基準として「流行」があげられるでしょう。家を作る時候の流行に着目し、どんなデザインが評価されているのかというのも着目してみると良いかもしれません。ただ、一つ気をつけなければいけないのは、どんな流行も永遠には続かないということです。昔は、かっこいいと思われていたデザインでも今はダサいといったことも考えられます。家づくりは今後数十年に渡って影響することを考えると、その時々の流行に左右されず、周囲にうまく合わせられるような普遍性のあるシンプルな家づくりを目指す必要があるでしょう。また、なによりも重要なのは、家のデザインが住む人の感性を表現できているかではないでしょうか。そのため、住む人のライフスタイルと家のデザインがうまくマッチするような家づくりをすることが求められているのです。

家のデザインへのこだわりは人それぞれです。
例えば、外見のデザインへこだわりを見せる人もいるでしょう。外観のデザインから周囲の人は中にどんな人が住んでいるのだろうと想像を膨らませるかもしれません。このように、デザインは住む人の感性を表現するのです。また、住む人の感性をデザインが表現する例として、和の趣が感じられる日本式のデザインや吹き抜け・窓などから自然が家の中から感じやすいデザインなどもあげられます。

いかがでしたでしょうか。
このように、デザインへのこだわりは、住む人の感性やライフスタイルを表現するツールであるといえるでしょう。自身が納得するデザイン性が担保された家づくりを目指すことで、家への満足性を持続させることができるのではないでしょうか。
次回は「柔軟性」についてご紹介します。

快適に暮らしたい!〜和室を取り入れるメリット〜

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

「快適に暮らしたい!」
家づくりや家探しをしている方のほとんどがこのようなことを感じていることでしょう。快適に暮らすための一つの方法が、「ストレスを軽減する」ことです。

現代はストレス社会と言われています。ストレスは決して無くなりません。いかに少なくしていくのかということがポイントになります。
photo_n10l
そこでストレスを軽減するのにぴったりなものの一つが「和室」です。
では、なぜ和室が良いのでしょうか?快適な暮らしをするために和室を取り入れるメリットを紹介します。

・い草の効果でリラックス!
和室を作る畳の原材料である「い草」にはリラックス成分が含まれています。そのリラックス成分は「フィトンチッド」です。フィトンチッドとは、森林の香りのもとであり、殺菌作用もあります。天然成分として消臭スプレーや空気清浄機に使われていたりもします。

みなさん、森林に入った時とても清々しい気持ちになってすっきりした経験はありませんか?
その理由がフィトンチッドとマイナスイオンだと言われています。これによってストレスホルモンの減少にもつながっているのではないかとも言われています。い草にもフィトンチッドが含まれているので、似た効果を得られる可能性が高いです。

・温度調整で気候からくるストレスを軽減!
日本には四季があります。なので、暑かったり、寒かったり一年を通していろいろな気候の影響を受けてしまう国です。なので、温度調整からくるストレスを感じてしまう方も多いのではないでしょうか?

DSC09398
そこで最適なのが畳です。
畳はスポンジのような構造になっていて、断熱性や保湿性が優れています。

この機能によって、じめじめと湿度が高くなれば湿気を吸収し、湿度が低くなれば湿気を放出する働きがあるのです。そのため夏は他の部屋よりも涼しく感じたり、冬に暖かく感じたりする効果が生まれます。
いかがでしたか?
現代では洋室が当たり前になり、和室の数が減ってきています。しかし、リラックス効果があり、自然な温度調整ができる和室は現代のようなストレス社会に適しているのではないでしょうか?是非家づくりや家探しの最中の方は検討してみてください。

子育てを考えた家づくり〜子育てしやすい間取りとは?〜

こんにちは、東大阪で新築一戸建てを中心に不動産業を行っている城戸産業です。

a0002_008185
小さなお子さんがおられる家庭では、家づくりや家探しに関して子育てのしやすさというポイントを挙げられる方も多いかと思います。

お子さんの将来は小さな頃の環境が大きく影響すると言いますし、お子さんがのびのびとでき、且つしっかりとサポートしてあげられる環境にしたいですよね。

そこで今回は子育てがしやすい間取りのポイントを紹介します。

・キーポイントは「開放感」
子育ては親御さんがあれやこれやと細かく言うよりかは、お子さんの思うがままにできるだけ自由にさせてあげることが必要だと言われています。ただ、自由にさせすぎるとケガや万が一のことがあると思うと心配ですよね。

ではどうすれば良いのでしょうか?
それは開放的な空間にすることです。離れていてもお子さんに目が届くようにリビングを中心に間取りを見るのも良いと思います。

図面
(画像は弊社でかつて建築した某分譲地のモデルハウス)

なぜリビングなのかというと、全国の一戸建て居住者の方を対象としたアンケートで、「家の中で子供がよくいる場所はどこか?」という質問に「リビング」と答えた方が多かったのです。

このようにリビングを中心に、オープンキッチンや吹き抜けなどの工夫をすることでお子さんを自由にかつ、影ながら見守ることができます。

特にオープンキッチンでいうと、お母さんが料理をしながらでもリビングで遊ぶお子さんの姿が確認できるというメリットがあります。
家事で一番時間を取られてしまうのがご飯の支度だと言う方も多いのではないでしょうか?

そんな方でもキッチンからリビングが見渡せると、お子さんの安全が確認できて安心して料理に集中することができます。また、お子さんと一緒に料理をすることの可能ですし、後片付けなどお手伝いを教えることにもつながります。お子さんの自由を尊重できて、なおかつ教育にもつながるというのは良いところづくしですね。

現在のお子さんの家庭内のトラブルは親御さんがちょっと目を離した隙に起こることが多くなっています。

監視するわけではありませんが、ちょっと目の届く範囲にお子さんがいると、お子さんの成長も見れますし、自分も安心できるので良いと思います。是非今回のポイントを押さえて考えてみてください。