城戸産業とは―理念・概要―

企業理念

東大阪市にこだわる、住まいのクオリティにこだわる。

住宅・不動産会社として地域密着を徹底し、お客様の立場で考え、地域とお客様に役立つ企業。 私たちがつねに念頭に置いているのは、「不動産いつもお役に」という表現です。 地域に、そしてお客様にとって役立つ会社でなければ、地元企業としての存在価値はありません。

お客様から期待される住宅・不動産会社として、また「真心と安心、喜びをお届けする」会社として存在価値を発揮するためには、高品質な家、地域の発展に貢献できる街を創造し続け、それを生涯かけてサポートしていく以外にはないと考えています。 お客様から大切な財産づくりを託され、不動産をお世話する以上、少なくともそのお客様をずっと見守り、保障していく責任があるからです。当社には「未来永劫」存続する義務があるのです。

当社が手掛ける住まいと街のブランドは、それぞれ「エンジェルハウス」「エンジェルコート」です。お客様とそのご家族が安心して幸せに暮らせる舞台をご用意し、天使の翼を得て「人生を羽ばたいてもらいたい」との願いを込めています。そんな家、街が広まっていけば、地域全体が幸せになれる、住まいづくりを通して地域のお役に立てられる、私たちにとっても、これ以上の幸せはありません。

「不動産いつもお役に」を貫き「未来永劫」お客様のそばに寄り添う。この理念を今後も着実に実践していくため、2010年には時代の潮流を見据えた新スローガン「人・環境にやさしい住まい」を策定、併せて体制も刷新し、一層の品質向上と、お客様一人ひとりの記憶を受け継ぎながら新発想で次の50年、100年を切り拓く人材育成にも道筋をつけました。
私たちは、お客様と共にこれからも一歩ずつ前進していきます。

社長挨拶

城戸総一郎
城戸総一郎

住宅・不動産会社として地域密着を徹底し、お客様の立場で考え、地域とお客様に役当社が産声を上げたのは、大阪万博の前年、1969年、高度経済成長期のまっただ中でした。 それ以来、つねに一般消費者であるお客様に目を向け続け、お客様目線でより良い住まいづくり、街づくりに努めてきました。
振り返れば、2度に渡るオイルショックが70年代に起こり、それまでの高度成長が終焉。90年代バブル経済の崩壊や、 その後の「失われた20年」と言われるデフレ不況、そして2008年秋のリーマンショックと、経済の激動の波が、 まさに幾度となく押し寄せてきました。

しかしこの間、当社は、この地・東大阪市で地域密着に徹底し、お陰様でただ一度も赤字を出すことなく、老舗優良企業としての地位を得て、今日に至っております。これもお客様ひと筋を貫いてきた結果であり、お客様からのご信頼とご支持あってのことだと感謝にたえません。
「いい住まいとは本来どうあるべきか」。決して華美に走るのではなく、時代時代の先端技術をどん欲に吸収しながらも、素材にこだわり、とことん追求する。
創業以来の、この普遍のモノづくり精神を忘れず、本当に純粋で良質な家・街を創り続け、お求めやすい価格で提供し「お客様のお世話をさせていただく」、このことを子々孫々に伝えていくことが私の責務だと考えております。そしてその事が結果的にお客様への恩返しにもなり、お客様の笑顔につながるものと銘じています。
これからも、「安心・安全」で良質な住まい「エンジェルハウス」と、絆でつながる街「エンジェルコート」を、真心こめて、お届けいたします。

城戸総一郎
城戸総一郎

会社概要

会社名 株式会社 城戸産業
法人設立年月日 1969年(昭和44年)9月16日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 城戸 総一郎
宅地建物取引業免許 大阪府知事(13)第12502号
建設業許可 大阪府知事(般-28)第30531号
所在地 〒579-8057 大阪府東大阪市御幸町17番13号
TEL (072)985-6221
主な加盟団体 一般社団法人 大阪府宅地建物取引業協会/
公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会/
関西不動産情報センター
系列会社 有限会社アタックス
主要取引先金融機関 三井住友銀行 東大阪支店/三菱東京UFJ銀行 枚岡支店/
りそな銀行 瓢箪山支店/紀陽銀行 東大阪支店/
商工組合中央金庫 東大阪支店/日本政策金融公庫 東大阪支店
所在地

会社へのご案内地図はこちら会社へのご案内地図はこちら

FacebookTweetLINE